オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/04/04 20:59

ニュース

PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売

※画面はすべて開発中のものです
画像(013)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売
 システムソフト・アルファーは,「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」のプレイステーション2版とプレイステーション・ポータブル版を,2008年秋に同時発売する。価格は,PS2版が7140円,PSP版が5040円(ともに税込)。
 萌え萌え2次大戦(略)といえば,PC版「萌え萌え2次大戦(略)」が2007年9月に発表されるや,第2次世界大戦を題材としつつ,少女の姿をした兵器「鋼の乙女」達が活躍するという,奇抜な設定で大いに話題を呼んだ作品。
 本作についてより詳しく知りたいという人は,以前掲載したレビュー記事が参考になるので,ぜひとも目を通してほしい。

イベントCG
画像(001)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(002)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(003)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売
画像(004)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(005)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(006)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売

 このレビューでも説明しているように,PC版萌え萌え2次大戦(略)には,ストラテジーゲームにあまり馴染みがない人でも気軽に楽しめるよう,シンプルなシステムが採用されている。
 それに加えて,今回発表されたPS2版とPSP版は,単にPC版をそれぞれのプラットフォーム向けにアレンジしたものではなく,新たなキャラクターやシナリオ/マップのほか,ストラテジーゲームのベテランも十分楽しめるよう,さまざまな要素が追加される予定だ。うーん,まさにデラックス!

新キャラクターの一人
画像(007)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(008)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売

 そのうち「サバイバルモード」は,ストーリーモードで育成したユニットを用いて10連戦を行うというもの。それぞれの戦いで勝利を収めてもHPやEPは回復されず,また1回でも負ければゲームオーバーになるというシビアさである。サバイバルモードをクリアするには,ストーリーモードを繰り返し遊んで各ユニットを十分育て上げることや,次以降のマップを見据えて戦いを進めることが重要となるわけだ。

 一日も早くPS2やPSPで“萌え萌え”したい人は,このページに掲載している画像に目を通しつつ,発売の日を心待ちにしよう。

「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」PS2版公式サイト


「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」PSP版公式サイト


PS2版のスクリーンショット
画像(014)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(015)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(016)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売
画像(017)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(018)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(019)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売
画像(020)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(021)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(022)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売

PSP版のスクリーンショット
画像(010)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(011)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売 画像(012)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売

#####以下,リリースより#####

-------------------------------
製 品 概 要


■製品名:萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス(モエモエニジタイセンカッコリャク・デラックス)
■対応機種:プレイステーション2
      プレイステーションポータブル
      (ソニー・コンピュータエンタテインメント社製)
■価格:プレイステーション2版 7,140円(税込み) 税別価格:6,800円
    プレイステーションポータブル 5,040円税込み) 税別価格:4,800円
■発売日:平成20年秋
■初回特典:WEBラジオ未公開シーンや、ユーザーから募集した「鋼の乙女に言わせたいセリフ」集などを収録した特典CD

■キャラクターデザイン・原画
美樹本晴彦/北爪宏幸/六道神士/依澄れい/小梅けいと/藤沢孝/宇佐見遥/じじ/菅家智則/Maruto!/日吉丸/虎山もとは 他、追加起用予定

■声優
成瀬未亜/落合祐里香/櫻井浩美/瑞沢渓/中田順子/水口まつり/富山あかり/宮沢ゆあな/水口まつり/小林眞紀/高城みつ/雪野梨沙 他、追加起用予定

■プロデューサー
西村文子

■コピーライト
(C)2008 SystemSoft Alpha Corporation

■直近のプロモーション
平成20年4月27日に、東京・秋葉原にてコンシューマ化記念イベントを開催。
同年5月8日より、WEBラジオが放送スタート。今期アニメやゲームで活躍する今期アニメやゲームで活躍する成瀬未亜さんがメインパーソナリティを務める。
放送第1回目および第2回目は、コンシューマ化記念イベント内で公開録音をおこなう。ゲストは、人気沸騰中のアイドル系声優・落合祐里香氏。

新キャラクターの声優オーディションを開催。最終審査はプレス公開にておこなう。その他、キャラクターデザインコンテストなど、多数のユーザー参加型企画を展開し、積極的なプロモーションをおこなっていく。


■製品概要

1.「萌え戦略シリーズ」とは?
第二次世界大戦中活躍した兵器が可愛い乙女の姿【鋼の乙女】(ハガネノオトメ)となって大勢登場するウォーシミュレーションゲーム。プレイヤーは枢軸または連合軍のキャラクター達を操り、必殺技などを駆使して戦いを勝利へと導く。
新キャラクターの運命はどうなってしまうのか?勝ち残るのは枢軸か連合か?
新たな戦いがいま始まる!

2.鋼の乙女(ハガネノオトメ)とは?
ハガネノオトメとは、各国が技術を競い合った第二次世界大戦を戦うために開発された人型兵器。それぞれが兵器としての特徴を持ち、戦いに身を投じながらも、泣いたり笑ったりする“ヒト”に限りなく近いオトメのことを人々は鋼の乙女と呼ぶ。

3.豪華作家陣によるキャラクターデザイン
萌え戦略シリーズは、豪華作家陣による美少女化兵器【鋼の乙女】のキャラクターデザインが最大の魅力。
パソコン版の美樹本晴彦、北爪宏幸、六道神士、藤沢孝、じじ、宇佐見遥、菅家智則、虎山もとは、8名の作家に続き、最新作では依澄れい、小梅けいと、Maruto!、日吉丸の4名が新たに参加!総勢20体以上の個性的な鋼の乙女達が登場する。

4.『ストーリーモード』は3つのシナリオ
パソコン版をベースにしたシナリオ2本、さらに完全新作シナリオ1本を収録。
さらに、各シナリオで2つのエンディングを用意した。SLGパートの戦績によって、エンディングが変化する。

戦いの舞台となるのは第2次世界大戦中のドイツ軍、日本軍、連合軍の3つの戦線。
各戦線では鋼の乙女たちが普通の女の子として仲間と楽しく語り合う戦争を感じさせないシーンや、仲間の戦死、平和を望んでいるのに兵器であるがゆえに戦わなければならない心の葛藤を描くシリアスなシーンなど、様々なエピソードが折り重なりクライマックスへと向かう。


19××年――
俗にいう第2次世界大戦が勃発。火の粉は戦線の拡大により世界中に広がっていた。
【鋼の乙女】たちは、「国と国民と仲間を守りたい」思いは同じなのに、国が違うために戦うことになってしまった。
戦略目標の破壊や敵の殲滅など、さまざまな任務が彼女たちを待ち受ける…!

●日本軍戦線
キーワード「命を大事に」
仲間の戦死をきっかけに、シリアスな展開。
零戦・大和など、日本人になじみ深い兵器が登場する。

●ドイツ軍戦線
キーワード「次はイタリア抜きでやろーぜ!(笑)」
新キャラクター・ベローチェの参戦により、枢軸軍が大混乱。ややコメディーなシナリオ。
ミリタリーファンの支持を集めるドイツ兵器と、ヘタレなイタリア兵器が登場。

●完全新作 連合軍戦線
キーワード「戦場の友情」
連合軍エイミーを中心に、枢軸・連合を超えた友情を描く。
パソコン版では「敵」だった兵器たちが操作可能に!

5.プレイヤー自身のゲームレベルに合わせて変化するシミュレーションパート

≪パソコン版で好評だったポイント≫
●気軽にシミュレーションゲームをプレイすることができる。
キャラクターをメインとし、システムを分かりやすくしたことで初めてという方でも気軽にプレイができる。

●史実を元にした豊富なマップ
史実を元にアレンジした豊富なマップ数は、出撃前の部隊編成・武器選択・リーダーとなる鋼の乙女の能力など戦略性がありヤリ応えがあった。

●ますます「萌え戦略」に夢中になっちゃう多彩なモードを搭載!
ストーリーを読み進めていくだけでなく、戦闘のみ楽しんでいただくチャレンジモードや、鋼の乙女などの兵器図鑑の鑑賞が出来る。
≪「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」での新要素≫
●さらに洗練された画面構成と操作性
「画面構成」では編成画面でのステータス比較ができたり、シミュレーションパートでは操作する回数を減らすなどの「画面構成」「操作性」を見直し、見やすくストレスのない操作性を追求しました。

●萌えだけじゃない!さらにハマル仕掛けを満載しゲーム性も強化
シナリオの展開に影響を与えるシミュレーション新要素を多数搭載。
初めてシミュレーションゲームをプレイする方が遊びやすいという点だけでなく、のめり込み夢中にさせる仕掛けが満載!

『新要素』
 ・アイテム取得地形
 ・合体技
 ・戦績によるエンディングへのルート分岐
 ・やり込み要素/サバイバルモード

●ビジュアル面もパワーアップ
戦闘アニメーションのエフェクトをはじめ、必殺技をド派手に演出を強化。

6.やり込み要素/パワーアップ
本当のSLG上級者だけが到達する、萌え戦略の極み!それがサバイバルモードである。
連続してマップをクリアしていくサバイバル形式としてゲームを以下のように進行させる。
(1)ゲーム開始前に使用するセーブデータを選択する。
(2)使用できるユニットは?で選択されたデータで育てたユニットのみ。
(3)マップ毎にユニットの編成を行う。(メインユニットの入れ替えも可能にする)
(4)マップクリア時の各ユニットのHP・EPを保持した状態で次マップへ移行する。
(5)既に破壊されたユニットは次マップでは登場できない。
(6)ゲームオーバー時のリトライ、途中でのデータセーブは無し。
(7)ゲームオーバーまたは全マップクリア時にリザルト画面を表示する。
リザルト画面では到達マップ数・総合戦績等の情報を表示する。
HP・EP回復なしの10連戦となる。負ければ即ゲームオーバーになり、第10マップまで進めるには、ストーリーモードで、ユニットを十分に育成することになる。
また、後のマップのことまで考えた詰め将棋的な戦略が必要。
本当のSLG上級者だけが到達する、萌え戦略の極み!!として、クリアしたユーザーが、ネット上や友達に自慢できるものになる。

■エンドユーザー様向け製品情報コーナー
http://www.ss-alpha.co.jp/products/moesen.html


萌え萌え2次大戦(略)携帯サイト用バーコード
画像(009)PS2/PSP用「萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス」が2008年秋に発売


###################
  • 関連タイトル:

    萌え萌え2次大戦(略)☆デラックス

  • 関連タイトル:

    萌え萌え2次大戦(略)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月