オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
The Witcher 2: Assassins of Kings公式サイトへ
読者の評価
90
投稿数:10
レビューを投稿する
海外での評価
88
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2012]「The Witcher 2」のCD Projektが語る,あなたのPC専用ゲームもこうすれば100万本売れるというレクチャー。果たしてその方法とは
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/03/10 18:42

イベント

[GDC 2012]「The Witcher 2」のCD Projektが語る,あなたのPC専用ゲームもこうすれば100万本売れるというレクチャー。果たしてその方法とは

CD Projektのディレクター,Michał Kiciński氏
 ポーランドのゲームデベロッパであるCD Projektは,Game Developers Conference 2012で「How CD Projekt sold over 1M copies of their PC exclusive game - and how you can, too」と題したレクチャーを行った。要するに,誰でもゲームを100万本売れる方法を教えましょうというもので,ストレートかつちょっぴり下世話な感じのする講演タイトルだ。
 ここで「The Witcher 2: Assassins of Kings」がどのようなプロモーションを行ったのかが詳しく説明されたのだ。演壇に立ったのは,同社の設立者の一人であり,ディレクターを務めるMichał Kiciński氏だ。

創業当時のCD Projekt
The Witcher 2: Assassins of Kings The Witcher 2: Assassins of Kings

 Kiciński氏の発表によれば,2007年に発売された前作「The Witcher」は,現在までに200万本以上,The Witcher 2は,発売から6か月で100万本のセールスを達成したという。その200万本のうち,26万9700本が北米で,23万4215本がロシアおよびCIS(独立国家共同体),18万5123本がお膝元のポーランドで売れた。また,全体の24%がSteamやGOG.comなどのデジタル販売だったとのこと。販売国の状況は,The Witcherのときと大きく変わらず,それは彼らが市場調査の結果,ダークな雰囲気のアクションRPGが北米で人気があることを知っていたからこそだという。

The Witcher 2の販売状況
The Witcher 2: Assassins of Kings

 Michał Kiciński氏は,The Witcher 2のプロモーションにおいて,以下の4つに重点を置いたと語った。

(1)誰がそのゲームを買ってくれるのか見定める
(2)買ってくれる人の目につくようにする
(3)小売店を使うのか,デジタル販売か,あるいはその両方かを決める
(4)ゲームと,ゲームを買ってくれたゲーマーをサポートする


100万本売るためにやるべきこと

 というわけで,彼らは最初から北米市場をメインターゲットにしていたのだ。

 個人的に興味深いのは(2)だ。Michał Kiciński氏は,続いてゲームメディアとの付き合い方,もっとぶっちゃければ利用方法について説明を行ったのだ。
 筆者が海外のゲームショウに取材に行ったとき,積極的に声をかけてくるメーカーの一つがCD Projektだった。たいてい,パビリオンの並ぶエキスポホールには出展しておらず,ビジネスセンターにブースを設けている程度なのだが,前を通りかかると,日本のメディアであるにも関わらず「説明会をやるからぜひ来てくれ」と言う感じでアポイントを取らされたりするのだ。
 また,渡されるメディア向けのキットも凝っており,ただのノートだと思ったら,そこにThe Witcher 2の特徴などがあらかじめ手書き風フォントで書き込まれているといった具合。変わったことをする会社だと思っていたが,これもまた戦略だったのだ。
 マーケティングのアイディアとしてMichał Kiciński氏が提案したのは,以下の9項目で,適宜訳すとこんな感じだろうか。

(1)デベロッパダイアリーを頻繁に公開すべし
(2)新しいスクリーンショットを毎週公開すべし
(3)カバーアート/キャラクターのレンダー画像を公開すべし
(4)プレイムービーを,新たな見せ場ができるたびに公開すべし
(5)プレスリリースには,必ずスクリーンショットを付けるべし
(6)インタビューを受けるたびに,スクリーンショットなどの新素材を準備すべし
(7)ゲームショウにブースを出せなければ,ゲリラ作戦を展開すべし
(8)たとえお金がなくても,プレスツアーをやるべし
(9)行動を促すことを忘れずに


対メディア戦略

 印象的だったのは,Michał Kiciński氏が各項目の説明をするとき,ほぼ必ず,必要なコストを口にすることだ。
 例えばスクリーンショットの場合,デザイナーを半日拘束とか,カバーアートを制作したら5000ドルだが,これをゲーム雑誌の表紙に使ってもらえば十分ペイするとか。ほかには,ムービーの制作に同じく5000ドルほどかかったが,専門サイトにアップしてもらったところ,数百万ビューを達成し,費用対効果は十分にあったとか,そういう話だ。当然といえば当然だが,経営者として常にコスト意識を持っているのだろう。
 (7)のゲリラ作戦とは,彼らが2005年にロサンゼルスで開催されたE3で行ったもので,E3に出展するほどの予算がなかった彼らは,会場であるコンベンションセンターから出てくる人を捕まえて,近くのホテルで新作説明を行ったという。個人的に,「そういえば……」と思い出せる話だ。

スクリーンショット
The Witcher 2: Assassins of Kings
The Witcher 2: Assassins of Kings
カバーアート
The Witcher 2: Assassins of Kings
レンダリングされたキャラクター
The Witcher 2: Assassins of Kings The Witcher 2: Assassins of Kings
ムービー公開とその反響

E3 2005でのゲリラ作戦

 それに続いて,SteamやGOG.comなどのデジタル販売を行うディストリビュータとの交渉手順や,損益計算書の見方,パブリッシャとの交渉のコツなどが説明されたが,このあたりはちょっと省略しよう。印象に残ったのは,やはりゲームだけでなくゲーマーも同時にサポートするべきだという部分だろう。

 たとえ一人でもいいからカスタマーサポートを置き,メディアのレビューやプレイヤーからのフィードバックには必ず目をとおし,バグやミスがあったら,必ずオフィシャルに謝罪する,という心構えが語られたのだ。もちろん,バグにはすぐにパッチで対応すべきだが,技術的に難しいときもある。そういう場合は,なぜ時間がかかるのか,いつ頃になりそうかをプレイヤーに説明すべきだというのだ。
 2011年8月19日に掲載したGamescomレポートでお伝えした大型アップデートも,人員を投入して,時間をかけたプロジェクトであったにも関わらず,ファンサービスとして惜しげもなく無料公開している。また,小さなところでは,DRMがゲームのスピードを低下させるというクレームを受けて,DRMを外したこともあるし,The Witcher 2のコレクターエディションに同梱されたフィギュアに,輸送時のトラブルで傷が付いたときには,同社の責任で代替品を送ったりもしている。

大型アップデートの内容
The Witcher 2のコレクターエディションと傷の付いたフィギュア
The Witcher 2: Assassins of Kings The Witcher 2: Assassins of Kings

 言うまでもないことだが,“これさえやれば100万本売れる”という処方箋があるわけはない。
 キャッチーな講演タイトルであり,朝一番のレクチャーだったこともあって,来場者はお世辞にも多いとはいえなかったが,ポーランドのあまり大きくない,独立系デベロッパがどのような姿勢でゲーム制作/販売を行っているのかが分かる話だった。
 こういう,ちょっとした話が聞けるのもGDCの面白いところだが,個人的には,Gamecom 2011(関連記事)でCD Projektからもらった,ペーパークラフト入りの大型プレスキット,Michał Kiciński氏は「大変好評だった」と語っていたが,はっきり言ってデカ過ぎで困ってたりしました

GC 2010で配られたでかすぎるプレスキット
  • 関連タイトル:

    The Witcher 2: Assassins of Kings

  • 関連タイトル:

    The Witcher 2: Assassins of Kings

  • 関連タイトル:

    The Witcher

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月21日〜11月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月