オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
新キャラ追加とシャドウモード強化が施されたアーケード版「P4U2」Ver.2.00ロケテストレポート。アークシステムワークス開発陣のミニインタビューも掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/11/21 14:28

イベント

新キャラ追加とシャドウモード強化が施されたアーケード版「P4U2」Ver.2.00ロケテストレポート。アークシステムワークス開発陣のミニインタビューも掲載

 アークシステムワークスとアトラスの共同制作による対戦格闘ゲーム「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」(以下,P4U2)。そのアーケード版Ver.2.00のロケテストが,東京・秋葉原の「Hey」をはじめ,全国4か所にて本日(2014年11月21日)スタートした(関連記事)。

 全登場キャラクターのバランス調整,システムの大幅リファイン,さらにはこれまでPlayStation 3版のみに参戦していたキャラクターの追加など,大幅なアップデートが予定されている本作。とくに「シャドウモード」に大幅な調整が施されるとのことで,その詳細が気になっているプレイヤーも少なくないだろう。本稿では多くのプレイヤーで賑わっていたロケテスト初日の模様を,写真と共にお伝えしていこう。

「Hey」には筐体は対戦台が2セット,シングルプレイ台が1セット用意されていた

「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」公式サイト



新キャラの追加に加え,シャドウモードがより使いやすく


 朝の10:00からスタートした秋葉原・Heyでのロケテストは,平日の早朝ということもあって静かなスタートとなったが,開店後は徐々にプレイヤーが集まりだし,対戦台は賑わいを見せていた。
 その中でもプレイヤー達が注目していたのは,やはりPlayStation 3版から登場した久慈川りせ足立 透天田 乾&コロマルマリーマーガレットといった新キャラクター達だ。アーケード版への参戦に当たり,PlayStation 3機版からさらに調整が加えられていることもあって,プレイヤー達はその変化にも一喜一憂していた様子だった。

 2015年1月の稼働が予定されているVer.2.00に盛り込まれた大きな変化としては,シャドウモードの大幅な仕様変更もある。旧バージョンではピーキーな性能であるため,千枝,完二,美鶴以外の使い手が少なかったシャドウモードに手が加えられたのだ。これまで使用できなかったリバーサルバーストが使用可能となったほか,そのほかにも多くの調整がほどこされているとのことである。

開発スタッフの小野夢紀氏によれば,変更点は多々あれど,PlayStation 3版で新キャラクターを触っていた人なら,ゲームセンターでも違和感なくプレイできるようになっているという
ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド
ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド
ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド

 筆者も本作をプレイしてみたが,初心者にとって壁に感じていたであろうボコスカアタック後の追加攻撃の難度が低下したことや,バッドステータスの明示化,そして設置物のカラーリング変更など,パッと目に見える部分での変化がうれしいと感じられた。
 また,前述のシャドウモードに加えて,連打コンボのSPゲージ増加システムも変化したことにより,今まで使い慣れていたキャラクター達にも新たな戦術を構築する余地が生まれ,よりいっそう本作を楽しめるようになっているように思う。

ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド
リバーサルバーストが使用可能になったことで,弱点が少なくなったシャドウモード。また,SPが僅かでも残っていれば,シャドウ暴走からSPスキルを使用することも可能となった
バッドステータスはエフェクトだけでなく,文字でも効果が表示されるようになった。画面は感電効果のもの

 今回のロケテストにあたっては,公式サイトにて詳細な変更点リストが公開されているものの,実際に触ってみないことには使い勝手は分からない。さらには5人の新キャラクターも加わったことで,今後開催される大会なども,また新たな盛り上がりを見せそうな予感がする。

 今回のロケテストは,本日から2014年11月24日までの4日間に渡って開催される予定とのこと。公開されている変更点以外にも,まだまだ細かな調整があるそうなので,気になるプレイヤーはぜひ最寄りのロケテスト実施店舗へ足を運んでみると良いだろう。幸い土曜日からは三連休という人も多いと思うので,新バージョンを思う存分楽しめるはずだ。

大型ディスプレイに対戦風景が映されているため,気になるキャラクターのプレイも楽に観戦できた


アークシステムワークス 井口屋タクミ氏,小野夢紀氏ミニインタビュー


 会場に居合わせた本作のスタッフ,アークシステムワークスのディレクター・井口屋タクミ氏とプランナーの小野夢紀氏に短いながら話を聞くことができたので,その模様をミニインタビューとしてお届けしよう。

――今回のバージョンアップの経緯はどのようなものだったのでしょうか。

アークシステムワークスの井口屋タクミ氏(左)と小野夢紀氏(右)
井口屋氏:
 PlayStation 3機版の新キャラクターをアーケードに参戦させるにあたり,タイミング的にも大幅な調整を行いたいと考えました。アトラスさんにその旨を打診したところ,快諾をいただけて,今回のアップデートが決まりました。ロケテストでのご意見なども反映して,さらに磨きをかけたタイトルにしたいと思っています。

――Ver.2.00と数字が大きく更新されています。今回のバージョンアップのコンセプトをお聞かせください。

井口屋氏:
 大きなポイントとしては,既存のキャラクターにも大きな変化を加えたかったということです。それと,ピーキーな調整だったため,実質的に使えるキャラクターが限られてしまっていたシャドウモードにも手を加えています。ここはプレイヤーの皆さんからも,いろいろなキャラクターでシャドウモードを選べるようにしてほしいという要望が多くて,実現した部分と言えます。

――調整点リストを拝見しましたが,システムからキャラクターの細かい部分まで,かなりの変更点ですよね。調整ポイントはこのほかにもあるのでしょうか。

小野氏:
 公開している調整点はプレイヤーの皆さんが気づきにくいと思われるところをピックアップしています。そのほかにも細かい変更はあるのですが,全部掲載しようとすると膨大な量になってしまうので……ぜひその目で確かめていただければと思います。

――カードシステムやネットワーク周りに変化はあるのでしょうか。

井口屋氏:
 今回のロケテストはバトルの調整に重きをおいていますので,それ以外の部分は今鋭意制作中です。勲章に関しては今まで店舗大会優勝者限定でしたが,ソロプレイに対しても与える予定でいます。とくに多くの方に楽しんでいただいているゴールデンアリーナのやり込みを自慢できるような仕組みにしたいと考えています。ものすごい階層を潜っている方もいるみたいですので。
 また,ゴールデンアリーナに関してですが,普通の対戦では使用できない特別なスキルを入手できたり,期間限定のコースを定期的に配信したりと,大幅にパワーアップするする予定です。

――PlayStation 3版とバージョンが分かれてしまうことになりますが,PlayStation 3版のアップデートも検討されているのでしょうか。

井口屋氏:
 今のところは未定です。

――最後に「P4U2」のプレイヤーに向けたコメントをお願いします。

井口屋氏:
 現在調整真っ最中です。一部公開しているポイント以外にも変更点はまだまだありますので,ぜひロケテストに来て,実際に触って体感していただけるとありがたいですね。ご意見も広く受け付けていますので,アンケートフォームからどしどしお寄せください。新しくなった「P4U2」を,ぜひプレイしてみてください。

――本日はありがとうございました。

「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド

  • 関連タイトル:

    ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月07日〜12月08日