オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/05/31 18:40

イベント

HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か

GC311本体
画像(008)HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か
 HDMIキャプチャユニットやゲーム実況配信向けデバイスのメーカーとして,日本でも認知度が高い台湾メーカーのAVerMedia Technologies。すでに業界初のThunderbolt 3接続タイプの「4K/HDR/60fps」録画対応のHDMIキャプチャユニット「Live Gamer BOLT GC555」は紹介済みだが,AVerMediaにはもう一つ注目の製品があった。それが入門者向けのコストパフォーマンス重視の1080p/60fpsのHDMIキャプチャデバイスの「GC311」である。
 なんと,H.264ハードウェアエンコーダ内蔵で実勢価格が120ドル。日本円で1万3000〜1万4000円前後となる見込みだというのだから凄い。しかも,本格コンデンサマイクの搭載「AM310」とフルHD対応のWebカメラ「PW311」の3点をセットにしたゲーム実況配信者スターターキットを2万7000円前後で出す予定だというのだから実に意欲的である。

AVerMediaブース。会期最終日にはプロゲーマーGamerbee氏のステージイベントも予定されているという
画像(001)HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か



ハードウェアエンコーダ内蔵の1080p/60fpsキャプチャユニットが1万円台前半で発売?


 まず,主役となるGC311は,フルHD(1080p)の60fpsまでの録画,配信に対応したUSB2.0接続型のHDMIキャプチャユニット製品となる。

画像(002)HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か
本体デザインはすこぶるシンプル
画像(003)HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か
左側がHDMIパススルー端子。中央がHDMI入力端子。右側はUSB2.0(micro B)端子。小さい穴のようなものはメンテナンス用でリセットスイッチではないらしい

 AVerMediaのお家芸とも言える,ゲーム機をはじめとしたHDMI映像機器からのHDMI入力をそのまま分配(パススルー)させる機能も搭載しているので,ほぼ遅延ゼロの映像表示に対応する。つまり,ゲーム機とテレビの間に挟み込むようにして接続しても遅延ゼロでのゲームプレイと録画/配信が楽しめるのだ。
 GC311は,スペック的にはかつての人気商品,1080p/60fpsキャプチャに対応した同社製品の「AVT-C875」から「SDカードに録画できる単体録画モード」や「音声ミキシング機能」を省いたモデルだといえる。
 なのでパススルーは1080p/60fpsまでで,4Kには対応しない。その代わりに「価格を抑えた」というわけだ。

 録画や配信を行う際にはPCとの接続が必要になるが,GC311はこの値段でH.264ハードウェアエンコーダを内蔵しているため,接続先のPCのスペックが低くても問題はない。1080p/60fpsをコマ落ちなしで録画,あるいは配信することができるのだ。
 録画/配信ソフトは,ほかのAVerMedia製品と同様にAVerMedia謹製の「RECentral」が使える。初心者は基本的にそれを使えばよいのだが,GC311はWindows10環境では「USB VIDEO CLASS」(UVC)デバイスとして認識されてWindows10の標準ドライバも自動インストールされるので,OBS StudioやXSplitなどのサードパーティ製の録画/配信ソフトを利用することもできる。


HDMIキャプチャ,コンデンサマイク,Webカメラのゲーム実況スターター3点パックが250ドルで発売。日本での発売も決定!


画像(004)HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か
アメリカ版の3点セットパッケージ。日本版のパッケージは別途制作中とのことである
 すでにGC311は単体パッケージで北米では今春から発売されており,繰り返しになるがその実勢価格は120ドルと安い。日本での価格はまだ決定されていないとのことだが,北米価格に準じた値段になる見込みである。日本での発売は7月頃を予定している。

 さて,このGC311の発売に合わせて,北米ではゲーム実況配信スターターパッケージ的なオールインワンセットが発売されているという。嬉しいことに,このスターターパッケージは日本で発売するそうである。

画像(005)HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か
3点セットの活用イメージ

 このセットに含まれる製品群は冒頭でも触れているが,日本でも発売済みのコンデンサマイクAM310と,日本未発売のWebカメラPW311,そしてGC311本体の三点だ。これが北米だと250ドルになるという。日本でもほぼ同等の価格になるとのことなので,単純計算で2万7000円前後というところか。
 高性能なコンデンサマイクAM310は,日本でも既発売で実勢価格は約1万3000円となかなかの高級品だ。WebカメラPW311は日本では未発売の製品だが,北米での単体価格は約60ドル程度とのことなので,なるほど。これにGC311も付いて250ドル(2万7000円)は相当にお買い得といえそうである。

画像(006)HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か
USB2.0接続タイプのコンデンサマイクAM310。USBサウンドデバイスとして認識されるため,背面にはヘッドフォン端子(3.5mmステレオミニジャック)も装備する
画像(007)HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か
WebカメラPW311。USB2.0接続。フルHD/30fps撮影に対応。マイクも内蔵

 台湾のAVerMedia担当者によれば「オールインワンパッケージはお買い得なので学生さんにぜひ買ってほしい」と熱っぽく語っていた。ちょうど発売日も夏休み開始頃になりそうなので,ゲーム実況を始めたい学生の方は今から楽しみに待っていてほしい。

AVerMedia製品情報ページ

COMPUTEX TAIPEI 2019取材記事一覧

  • 関連タイトル:

    AVerMedia

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月25日〜08月26日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月