オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
KDDI,2017年冬モデルスマートフォン「AQUOS R compact」と「isai V30+」を12月下旬に発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/11/21 19:34

ニュース

KDDI,2017年冬モデルスマートフォン「AQUOS R compact」と「isai V30+」を12月下旬に発売

 2017年11月21日,KDDIは,2017年冬モデルスマートフォンとして,「AQUOS R compact SHV41」(以下,AQUOS R compact)と「isai V30+ LGV35」(以下,isai V30+)の2製品を2017年12月下旬に発売すると発表した。
 AQUOS R compactは,2017年10月にシャープが発表した製品で,液晶パネル上端の一部をくり抜いて,そこにフロントカメラが食い込んだようなデザインが特徴のミドルクラス市場向け端末。一方のisai V30+は,6インチサイズで解像度1440×2880ドット,アスペクト比9:18という縦長の有機ELパネルを採用するハイエンド市場向け端末である。

AQUOS R compact。カラーバリエーションは左からメタルブラック,ムーンホワイト,ローズピンクの3色
AQUOS

isai V30+。カラーバリエーションは左からオーロラブラック,クラウドシルバー,モロッカンブルーの3色
AQUOS

 まずはAQUOS R Compactだが,2017年7月に発売となった「AQUOS R」の要素を取り込みつつ,新しい液晶パネルを生かした三辺狭額縁デザイン「EDGEST fit」(エッジスト フィット)がポイントだ。シャープの独自技術「IGZOフリーフォームディスプレイ」により,上側の中央および左右端が丸く削れたような,今までにない液晶パネルを実現した製品である。
 なお,同じ製品は,ソフトバンクからも12月下旬に発売の予定だ。

AQUOS R Compactの前面と背面。アウトカメラは一般的なシングルカメラである

 液晶パネルのサイズは4.9インチで,解像度1080×2032ドット,アスペクト比は9:17という変則的なものだ。ちょうど左右端とフロントカメラで欠けている部分を除くと,一般的な解像度1080×1920ドットの画面が残るというわけである。
 また,この液晶パネルは,AQUOS Rと同じく最大リフレッシュレート120Hzに対応する「なめらか倍速IGZO」で,可変フレームレート表示に対応するアプリ――標準のマップやWebブラウザなど――であれば,60Hzどまりの一般的なスマートフォンよりも滑らかな映像表示が可能だ。現時点では,可変フレームレートに対応するスマートフォンアプリは少ないものの,同じ120Hz対応IGZO液晶パネルを採用するRazer製スマートフォン「Razer Phone」のようなゲーム特化型スマートフォンが登場したこともあり,今後は対応タイトルが増えていくのではないかと期待できる。

 そのほかの主な仕様は,Qualcomm製のミドルクラスSoC(System-on-a-Chip)「Snapdragon 660 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 660)を採用し,メインメモリ容量は3GB,内蔵ストレージ容量は32GB。プリインストールOSはAndroid 8.0(Oreo)だ。防水防塵仕様でおサイフケータイにも対応する。

●AQUOS R Compact SHV41の主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • ディスプレイパネル:4.9インチIGZO液晶,解像度1080×2032ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 660」(CPUコア Kryo 260×8,最大CPU動作クロック2.2GHz,GPUコア Adreno 512)
  • メインメモリ容量:最大3GB
  • ストレージ:内蔵(32GB)+microSDXC(最大容量未公開)
  • アウトカメラ(メイン):有効画素数約1640万画素
  • フロントカメラ:有効画素数約800万画素
  • バッテリー容量:2500mAh
  • 対応LTEバンド:未公開
  • 対応3Gバンド:未公開
  • SIMカードスロット:nanoSIM(nanoUIM)
  • 待受時間:約630時間(LTE)
  • 連続通話時間:約1530分
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth:5.0
  • USBポート:Type-C
  • 本体公称サイズ:66(W)×132(D)×9.6(H)mm
  • 本体公称重量:約140g
  • 本体カラー:メタルブラック,ムーンホワイト,ローズピンク
  • 主な対応サービス&機能:au VoLTE,おサイフケータイ,防水(IPX5,8),防塵(IP6X),指紋認証,ワンセグ,ハイレゾ音楽再生

 isai V30+は,LG Electronicsが製造するスマートフォン「LG V30+」のKDDI版で,おサイフケータイやワンセグ,およびフルセグのテレビ視聴機能といった国内向けの仕様を盛り込んだものだ。NTTドコモからも,ほぼ同様の仕様を備えた製品が,「V30+ L-01K」として発売される予定である。

isai V30+。背面のアウトカメラは,2つのレンズを横に並べたデュアルカメラ仕様である

 isai V30+の特徴に挙げられているのは,GoogleのVR HMD「Daydream View」に対応すること。Qualcomm製のハイエンドSoCである「Snapdragon 835 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 835)を搭載し,メインメモリ容量4GB,内蔵ストレージ容量128GBと,高いスペックも備えており,ゲーム用途にも活躍できそうなスマートフォンと言えそうだ。

●isai V30+ LGV35の主なスペック
  • メーカー:LG Electronics
  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • ディスプレイパネル:6インチPOLED(有機ELパネル),解像度1440×2880ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 835」(MSM8998,「Kryo 280」CPUコア×8(最大CPU動作クロック2.45GHz)+「Adreno 540」GPU)
  • メインメモリ容量:4GB
  • ストレージ:内蔵(128GB)+microSDXC(最大容量256GB)
  • アウトカメラ(メイン):有効画素数約1650万画素
  • アウトカメラ(サブ):有効画素数約1310万画素
  • フロントカメラ:有効画素数約510万画素
  • バッテリー容量:3300mAh
  • 対応LTEバンド:未公開
  • 対応3Gバンド:未公開
  • SIMカードスロット:nanoSIM(nanoUIM)
  • 待受時間:約420時間(LTE)
  • 連続通話時間:約1200分
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth:5.0
  • USBポート:Type-C
  • 本体公称サイズ:約75(W)×152(D)×7.4(H)mm
  • 本体公称重量:約158g
  • 本体カラー:オーロラブラック,クラウドシルバー,モロッカンブルー
  • 主な対応サービス&機能:au VoLTE,おサイフケータイ,防水(IPX5,8),防塵(IP6X),指紋認証,顔認証,ワンセグ,フルセグ,ハイレゾ音楽再生,Daydream View対応

KDDIのAQUOS R Compact SHV41 製品情報ページ

KDDIのisai V30+ LGV35 製品情報ページ

KDDIの当該プレスリリース

  • 関連タイトル:

    AQUOS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日