オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/04/09 19:26

イベント

「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

画像(001)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け
 スクウェア・エニックスは2016年4月9日と10日の両日,同社が5月27日に発売を予定している「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」PS4 / PS3 / PS Vita。以下,DQH2)のプレミアム体験会を,東京都内で開催する。この体験会では,抽選で招待されたPS Plus加入者およびスクエニ メンバーズ会員が,本作のプレイアブルバージョンを試遊できた。本稿では,4月9日の第1部の模様をレポートしよう。

 この体験会では,DQH2のシングルプレイとマルチプレイを15分ずつプレイできた。
 シングルプレイはチュートリアル風に設計されており,ゲームの基本的な操作や進行を習得できるようになっていた。操作体系は前作のものを引き継いでおり,左右のアナログスティックが移動とカメラ操作,[□]が素早く軽い「こうげき1」,[△]が大振りで重い「こうげき2」,[L1]が「ぼうぎょ」,[×]がジャンプとなる。
 また[R1]を押すと「じゅもん/とくぎ」のメニューが表示され,そこから[○][△][□][×]を押すと,それぞれに対応した技が発動する。そして[R2]がダッシュ,[R3]がロックオンだ。

画像(002)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け
画像(003)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

 今回,シングルプレイ用には,主人公の「ラゼル」「テリシア」「ハッサン」「マリベル」の4人パーティが用意されていた。
 主人公2人の職業は戦士だが,ラゼルは双剣を装備し,とくぎは「ダイヤモンドダスト」「フリーズブレード」など氷系,テリシアは片手剣を装備し,とくぎは「れんごく斬り」「火炎斬り」など炎系という違いがある。
 どちらも前作の主人公と同じく,オーソドックスで扱いやすいプレイフィールで,初めて「ドラゴンクエストヒーローズ」シリーズを遊ぶのであればオススメのキャラクターと言える。

最初の依頼は,ももんじゃによく似た魔物に襲われている若者の救出
画像(004)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け 画像(005)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

救出した若者から情報を得て,ごろつきを討伐することに
画像(006)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け 画像(007)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

最後に待ち受けていたのは,ボスのおにこんぼう
画像(008)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け 画像(009)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

 ハッサンは武器としてコテを装備した格闘家で,とくぎは「とびひざげり」「せいけんづき」など肉体を駆使したものばかり。シングルプレイのラストにボスとして登場した「おにこんぼう」とのバトルでは,ダメージソースとして活躍してくれた。
 一方,マリベルはブーメランと攻撃魔法を駆使し,ボスバトルではおにこんぼう本体を遠距離から攻撃するのはもちろんのこと,周囲の雑魚モンスターをとくぎの範囲攻撃で容易に蹴散らすことができた。いずれも前作に登場したキャラクター達のように,原作の「ドラゴンクエスト」シリーズのイメージを壊さず,丁寧にキャラ作りがなされている印象だ。
 また操作するキャラクターは,これも前作同様[L2]で切り替えられる。今回のようにバランス良くパーティを組んでいれば,バトルの局面に応じてボス本体を攻撃したり,邪魔な雑魚を一掃したりと,プレイヤー1人でさまざまな役割を楽しめるというわけである。

ハッサンのとくぎは,ボスを攻撃するときのダメージソースとして優秀
画像(010)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け
画像(011)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

マリベルの範囲攻撃は邪魔な雑魚を一掃するときに使うと爽快だ
画像(012)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け
画像(013)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

 マルチプレイでは,オンラインで最大4人のプレイヤーが協力して戦う「時空の迷宮」の一つを体験できた。選択可能なキャラクターは上記4体に加え,「トルネコ」「ミネア」「ガボ」「ククール」の計8体となっていた。
 今回筆者が選択したのは,モンスターの弱体化や,全体回復の「ベホマラー」が使えるミネア。サポート役として,パーティにいると心強いタイプのキャラクターである。

画像(014)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け
画像(015)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

 迷宮は,マップ上に出現したモンスターを殲滅すると「旅の扉」が開いて次のステージに進めるという仕様となっており,全4ステージで構成されていた。最終ステージでは,ボスの「デスプリースト」が,多数の雑魚モンスターを召喚し,かつ毒や睡眠といった状態異常攻撃を仕掛けてくるので,非常に苦戦を強いられる。4人で協力した結果,かろうじてデスプリーストを撃破できたものの,やはりマルチプレイでは,ボス本体を攻撃する役と雑魚を片付ける役,そして回復役といった感じで,シングルプレイ以上にパーティ内の役割分担を意識したほうが良さそうだ。

画像(016)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け 画像(017)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け
画像(018)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け 画像(019)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

 体験プレイのあとには,「ドラゴンクエストヒーローズII」のプロデューサーを務めるスクウェア・エニックスの青海亮太氏と,ディレクターであるコーエーテクモゲームスの庄 知彦氏が登壇し,本作に関するトークなどを披露した。

登壇した庄 知彦氏(左)と青海亮太氏(中央)。MCを務めたのは,4Gamerの連載でもおなじみ,女優の結さん(右)
画像(020)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

 「強敵襲来! マルチプレイチャレンジ!」のコーナーでは,新たなモンスターとして「ウィングタイガー」がお披露目となり,体験会参加者の中から名乗りを上げた4人の強者が討伐に挑戦することとなった。
 ウィングタイガーは,巨体を活かして突進したり,バギクロスのような竜巻を起こしたりといった強力な攻撃が特徴だ。挑戦者達は当初,縦横無尽に駆け回るウィングタイガーに翻弄されていたが,度重なるピンチを切り抜けていくうち,次第に連携プレイが成立するようになり,最終的にはあわや全滅の危機を乗り越えて,見事討伐に成功。庄氏は「初めて一緒にプレイした人達が初見プレイで倒せたとなると……もう少し(ウィングタイガー)を強くしたほうがいいかも」と話していた。

画像(021)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け
画像(022)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

 「モンスター見せまショウ!」のコーナーでは,ゲーム内に登場する「モンスターコイン」を使ってプレイヤーが変身できるモンスターの中から「キメラ」が紹介された。キメラは空を飛ぶことができるため,何かを飛び越えてその先に行きたいときには便利だという。
 このように,ゲーム内にはモンスターに変身することで行きやすくなる場所がいろいろあるとのこと。ただし,変身しなければ行けない場所は基本的にないそうだ。
 キメラは飛行以外にも,移動速度が速かったり,攻撃手段として「かえんのいき」が使えたりと,なかなか優秀のようである。

画像(023)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け 画像(024)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

 「教えてアオミン!」のコーナーでは,青海氏と庄氏が体験会参加者から寄せられた二つの質問に回答した。
 1つめは,PS Vita版の操作についての質問だ。PS Vitaでは3種類の操作体系を用意しており,Aタイプでは,前面タッチスクリーンの右側半分をタッチすればダッシュ,左側半分をタッチすればキャラクターチェンジが可能となっており,それぞれPS4 / PS3の[L2][R2]に対応している。またタッチスクリーン右下をタッチすると,ロックオンができる。
 またBタイプはPS Vita専用のもの,CタイプはPS Vita TV向けとのことだ。

PS Vita版の実機動作も披露された
画像(025)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け 画像(026)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

 2つめの質問は,パーティ全員で協力して発動する呪文「ミナデイン」について。両氏によると,ミナデインは設定上,各キャラクター固有の必殺技よりも強くなるため,とくにマルチプレイにおけるバランス調整が難しくなることから,実装は見送られていたとのことである。
 しかし会場でこの質問を受け,かつ体験会参加者からのリクエストも強かったことから,その場で庄氏が開発現場に持ち帰って再検討することを約束した。もし本決まりとなったら,本作リリース後のアップデートにて実装するという。

 トークのエンディングでは,青海氏が,ぜひ製品版で「ドラゴンクエストヒーローズII」を楽しんでほしいとコメント。庄氏は,快適に遊べる仕上がりとなっており,アップデートも鋭意開発中なのでぜひ期待してほしいとして体験会を締めくくった。

画像(027)「ドラゴンクエストヒーローズII」のプレミアム体験会が開催。新キャラやマルチプレイの感触を,最新情報とともにお届け

「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月28日〜11月29日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月