オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
KURSK公式サイトへ
  • Jujubee
  • 発売日:2018/11/07
  • 価格:2999円
レビューを書く
準備中
KURSK
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[gamescom]原子力潜水艦クルスクの事故をテーマとした「KURSK」の制作意図とゲーム概要を聞いてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/08/19 16:23

ニュース

[gamescom]原子力潜水艦クルスクの事故をテーマとした「KURSK」の制作意図とゲーム概要を聞いてみた

 2000年8月,バレンツ海でロシア海軍の原子力潜水艦クルスクが消息を絶った。魚雷の爆発が原因とみられるこの事故は,最終的に乗組員118人全員が犠牲となる,ロシア海軍史に残る潜水艦事故となった。
 この事故をテーマとして,ポーランドのデベロッパであるjujubeeが作ったゲームが「KURSK」PC / PS4 / Xbox One / Mac)だ。アドベンチャーとサバイバルを中心とした一人称視点のこの作品について詳しく話が聞けたので,レポートしたい。


「潜水艦の内部で火災」の絶望感


 まずはgamescom 2016の会場でプレイできたデモの模様からお届けしよう。


 本作は本来,モスクワから物語が始まるそうだ。やがてクルスクに乗り込んだ主人公は,そこでクルーと話をしたりすることで物語が進んでいくが,やがて爆発が発生,そこからはアクションとサバイバルに満ちたゲームへと変わっていく。デモ版では,この爆発が起きる直前からゲームがスタートする。

 操作はゲームパッドで行い,アナログスティックでオブジェクトをポイントして,ボタンで動作という一般的なもの。ポイント可能なオブジェクトにはマーカー(白丸)がついているので,「どれに触れるんだろう?」と悩む必要はほとんどない。

触れるオブジェクトにはマーカーがついている

 しかるに爆発が起きると,周囲は煙と炎に包まれ始める。爆発のショックで歪んだ扉を強引に開けた主人公は,そこから先に広がる地獄へと足を踏み出していく……というところで,筆者が操作する主人公は死亡とあいなった。ほかのプレイヤーを見るともっと先までいけるみたいなので,要領よく,すばやくプレイすればもうちょっと長くプレイできたのだろう。

潜水艦の内部がこうなったら,だいぶもうダメな気がします。はい

 爆発後のプレイ感覚としては,アクションゲームというほど忙しくはないが,アドベンチャーゲームというほど「燃え広がる炎の只中で,何か手がかりはないかとあちこち探しまわる」ようなことはできない。それをして死んだ筆者が言うんだから間違いない。
 このパートについては,「Heavy Rain」をひとつの目標としているとデザイナーが話していたので,「だいたいアレくらいな感じ」でQTEがあったりアクション的な要素があったりすると考えておけばいいだろう。

当然ですがゲーム中のボイスはロシア語でした。テンション上がります


クルスク事故がテーマなのにマルチエンディング!?


 さて,このプレイ後,開発者でjujubeeのCEOであるMichael Stepien氏に,開発方針や意図,ゲームの全体的な構造などについて聞いてみた。

 まず開発方針だが,「アドベンチャーとサバイバル,そしてドキュメンタリーの融合」を目標としているという。「プレイヤーはただゲームを楽しむだけでなく,当時の社会情勢や発生した事件などについて学べるようなものにしたい」とのことだ。また,「あまり本を読んだり映画を見たりしない人に,過去の事件を知ってもらったり,あるいは知るきっかけになるようなゲームを作りたかった」とも語っている。

 ゲームは,大きく分けて2部構成となっている。

 第1部はほぼ完全にアドベンチャーゲームで,プレイヤーはほかのクルーと話をしたり,与えられた命令を実行したりする。しかしながら,この段階で既に厄介な話は動き始めている――クルスク内部で「政治的な何か」が起きているのだ。

 プレイヤーは乗組員や水兵の信頼を勝ち取りながら,ときに秘密を守るべく行動しなくてはならない。乗組員との会話では選択肢が出現し,その選択肢によってプレイヤーの影響力が変化するのみならず,ストーリーそのものも分岐していくそうだ。

KURSK KURSK

 爆発が起こってからが第2部で,ここから先は上で説明したように,ややリアルタイム要素が強めの,サバイバル・アクションとなる。プレイヤーは火災を消火し,水を排水し(あるいは浸水から逃れ),またどうにかして酸素を確保し続けねばならなくなる。

KURSK KURSK
KURSK KURSK
KURSK KURSK

 興味深いことに,本作はマルチエンディングだという。
 「いや,でもクルスクの乗組員は全員死んだわけですから,マルチエンディングと言っても,結局プレイヤーは死ぬのでは?」と聞いてみたところ,「クルスクの事故に関する発表はすべて『公式見解』だから,そこではもしかしたら我々の知らないことが起こっていたかもしれない……という陰謀論的なスタンスでマルチエンディングを作った」という見事なコメントが返ってきた。なんというか,「分かってる」感がすごい。


 ともあれ,本作はUnity5で制作されており,PC/Macでリリースされるほか,PS4とXbox Oneでのリリースが予定されている。またVR対応も試みてはいるが,いまのところ未定とのことだ。楽曲に「Withcher 3」Mikolai Stroinski氏を起用するなど,随所に妙な力が入りまくった作品となりそうだ。

jujubee CEOのMichal Stepien氏(左)とPR&Marketing ManagerのPrzemyslaw Szczepaniak氏(右)

「KURSK」公式サイト

  • 関連タイトル:

    KURSK

  • 関連タイトル:

    KURSK

  • 関連タイトル:

    KURSK

  • 関連タイトル:

    KURSK

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月25日〜05月26日