オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ワンダと巨像公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
92
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/04/19 15:00

ニュース

「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始

 ポリストーンスタチューやキャラクターフィギュアを取り扱うプライム1スタジオは,「ワンダと巨像」に登場する「第1の巨像」を立体化した数量限定スタチュー「アルティメットジオラママスターライン ワンダと巨像 第1の巨像」の受注を,プライム1スタジオのオンラインショップなどで本日(2019年4月19日)開始する。専用ベースを含め全高468mmという大型のスタチューで,価格は8万9900円(税抜)。発売予定時期は2020年6月から2020年8月頃だが,製造状況により,スケジュールは変更になる場合があるという。

画像(002)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始
アルティメットジオラママスターライン ワンダと巨像 第1の巨像

 なおこの製品には,主人公・ワンダの愛馬であるアグロを再現した同スケールのフィギュアが付く「EX版」も存在している。こちらも価格は8万9900円(税抜)で,プライム1スタジオのオンラインショップのみでの扱いとなるそうだ(リンク)。

アルティメットジオラママスターライン ワンダと巨像 第1の巨像 EX版。右はEX版にのみ用意される,アグロのフィギュアだ
画像(003)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始 画像(004)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始

画像(005)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始 画像(006)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始
画像(007)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始 画像(008)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始

 ゲームデザイナー・上田文人氏の手によって生まれ,2005年にPlayStation 2で登場し,その後PlayStation 3PlayStation 4でリマスター版が発売されるなど,世界的に高い人気を誇るワンダと巨像。手前味噌気味に付け加えておくと,4Gamerを運営するAetasも,本作の音楽が持つ魅力を再発見しようと「Music 4Gamer #2「ワンダと巨像」ピアノ&オーケストラコンサート」を2018年3月に開催している。

 今回発表となったスタチューは,物語の最序盤に出会う巨像であり,おそらくプレイした人なら間違いなく1度はよじ登っているであろう第1の巨像を,詳細なディテールで再現したものだ。体表の質感や石造りの外装,体を覆う毛の表現にこだわったスタチューとなっており,頭部の弱点は,LEDライトアップ機能によって光る(紋章の出ていないパーツも付属)。その弱点に対して,今まさに“最後の一撃”を与えんとするワンダの同スケールフィギュアが付属するというのも嬉しい点だろう。

画像(018)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始

 もちろん全体のサイズは491(W)×508(D)×468(H)mmと,大迫力だ。気軽に買える価格の製品ではないが,ワンダと巨像の1シーンを切り取って部屋に置いておきたいという人は,検討してみるといいだろう。
 なおプライム1スタジオは,アルティメットジオラママスターライン ワンダと巨像の作品として,「第3の巨像」を用意している模様である。末尾にティザー画像を掲載したので,まずはじっくりと眺めて,想像を膨らませておこう。

画像(009)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始 画像(010)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始
画像(011)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始 画像(012)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始
画像(013)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始 画像(014)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始

画像(015)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始

画像(020)「ワンダと巨像」の「第1の巨像」が大型スタチューに。弱点が光る機能やワンダのフィギュア付きで税抜約9万円,受注は本日開始
第3の巨像! こちらのディテールも気になるところだ


プライム1スタジオのオンラインショップ


【商品名】
アルティメットジオラママスターライン ワンダと巨像 第1の巨像
アルティメットジオラママスターライン ワンダと巨像 第1の巨像 EX版
【商品コード】
UDMSC-01
UDMSC-01EX(EX版)
【予定上代】(税抜き)
\89,900-
【シリーズ名】
アルティメットジオラママスターライン
【販売元】
株式会社プライム1スタジオ
【販売数量】
後日発表
【発売予定】
2020年6月から2020年8月頃を予定
(製造状況により、スケジュールは変更になる場合がございます。)
【製品仕様】
・LEDライトアップ機能内蔵
・頭部差し替えパーツ
・専用ベース

【製品紹介】
2005年PlayStation 2での発売以来、名作ゲームと名高い「ワンダと巨像」。2018年フルリメイクでPlayStation 4に蘇り世界中のプレイヤーを再び魅了した。本作品から巨像の中でも印象的な山間を歩く大男「第1の巨像」が大迫力・ハイディティールにて立体化!!体表の質感・石造りの外装・体を覆う毛の表現。そのどれもがゲームの世界観を彷彿とさせるクオリティ。”古えの地”で繰り広げられるワンダの孤独な闘いを臨場感にあふれる造形で再現。頭部にはLEDライトアップ機能を搭載。頭頂部にある巨像のウィークポイントが光る。そしてそのウィークポイントに今”最後の一撃”を与えんとする主人公ワンダの同スケールフィギュアも付属。頭部は紋章の出ていないパーツも付属しております。

【素材】
コールドキャスト・ポリストーン(一部に別素材使用)
【サイズ】
本体(ベース含む)H:46.8cm W:49.1cm D:50.8cm NON scale
【JANコード】
4562471908958
4562471908965(EX版)
【受注開始日】
2019/4/19(金)

【コピーライト】
(C)2019 Sony Interactive Entertainment Inc.

  • 関連タイトル:

    ワンダと巨像

  • 関連タイトル:

    ワンダと巨像

  • 関連タイトル:

    ワンダと巨像 PlayStation 2 the Best

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日