オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
実況パワフルプロ野球2018公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2018/04/26
  • 価格:通常版:7980円(税抜)
    デジタルデラックス版:9980円(税抜)
  • Yahoo!で買う
読者の評価
30
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」,11月の開幕に向けたプロ野球eスポーツ選手の研修会が開催
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/15 14:37

イベント

「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」,11月の開幕に向けたプロ野球eスポーツ選手の研修会が開催

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が共同で開催する,プロ野球史上初のeスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」。2018年11月10日の開幕に先駆け,各球団に所属するプロ野球eスポーツ選手を対象とした研修会が,10月13日に東京ミッドタウンのコナミホールにて開かれた。

 研修会には,講師として元プロ野球選手の岩村明憲氏や,元吉本興業のプロデューサーである眞邉明人氏が登壇。“プロ選手”としての心構えやマナー,注意すべき点などに関する講義を行った。一部がメディア向けに公開されていたので,本稿でその模様をお届けしよう。

eBASEBALL パワプロ・プロリーグ公式サイト



プロ野球eスポーツ選手36名と予備選手が参加

“プロ選手”としての意識の持ち方や注意点を学ぶ


 研修会は,NPBの髙田浩一郎氏と,KONAMIの小林康治氏より開会の挨拶が行われた。
 髙田氏は,「バーチャルな世界の野球にも参入し,プロ野球ファンに新たな楽しみ方を提供できることを非常に嬉しく思っている。また,セ・パ両リーグの設立70周年を迎えるなか,歴史あるプロ野球の世界に新たなページが刻まれていくことにも期待している」と語った。
 KONAMIの小林氏は,「(パワプロ・プロリーグが)野球ゲームファンが野球ファンに,野球ファンが野球ゲームファンになるような道筋になればと思っている。プロ野球と同じように,子どもたちに夢を与えられる選手になってほしい」とコメント。今後のパワプロ・プロリーグの展開や,選手たちへの期待を述べた。

それぞれパワプロ・プロリーグへの思いを語った,NPB 日本プロフェッショナル野球組織 総合企画室 室長の髙田浩一郎氏(左)とKONAMI第3制作本部 本部長の小林康治氏(右)

 元プロ野球選手の岩村氏の講義は,“スポーツマンシップ”について。「つねに上を目指す」「引き出しを多く持ち,さまざまなことに対応できるようにする」,「練習を含め,必要な環境は自分で整えていく」「自分自身を含めた“競争相手”を持ち,それをライバルとして切磋琢磨する」など,自身のプロ野球選手としての体験談や選手としての心構えなどを交えながらアドバイスを送り,選手たちはそれを真剣な眼差しで聞き入っていた。

日本では東京ヤクルトスワローズや東北楽天ゴールデンイーグルス,海外ではタンパベイ・レイズやピッツバーグ・パイレーツなどで活躍した岩村明憲氏。現在はベースボール・チャレンジ・リーグの福島ホープスで監督を務めるほか,プロ野球選手の新人研修で講師などを行っている

 “プロ選手としてのマナー”についての講義は,元吉本興業のプロデューサーで,芸人やタレントの指導も行う眞邊氏が担当。“マナー講習”ではあるものの,目上の人や社外の人に対する言葉使いや姿勢といったような,いわゆるサラリーマン向けの内容にとどまらず,「個人事業主として」「スポンサーやチームを背負ったうえでの立ち振る舞い」「メディア対応」など,プロスポーツ選手やタレントして活動していくうえで必要なことを,実演を踏まえて説明していた。

タレントのマネジメント及びエンターテインメントコンテンツ制作などを行う先駆舎の代表である眞邉明人氏。自身も脚本家や小説家,演出家としても活動している。講義では,自己紹介をはじめ,ビジネスコミュニケーションでも活用される“イエスアンド法”などを実際に選手に体験させることで,言葉だけでは伝わりにくいマナーや,他人に対する接し方を分かりやすく説明していた
なにかと炎上しやすい,TwitterなどSNSの注意点についても解説。取り扱う物事の事実に対し,感情を盛り込むことで炎上しやすくなることや,炎上目的で行動する人間の存在をつねに意識することなどを注意点として上げていた

 マナー講演のあとには,「eBASEBALL パワプロプロリーグ」の大会規則書の確認や,ゲームのアップデートに伴う仕様変更などが説明された。また,メディア非公開の講習では,プロ選手の心得に関する講習や意見交換会などが行われたようだ。
 開幕を目前にし,いよいよ熱を帯びてきた「eBASEBALL パワプロプロリーグ」。11月から12月にかけて「eペナントレース」が開催され,2019年1月には日本一を懸けた初の「e日本シリーズ」が行われる。報酬総額1200万円という大規模大会の勝者となるのはどのチームなのか。ぜひその目で確かめてみよう。

実況パワフルプロ野球2018

eBASEBALL パワプロ・プロリーグ公式サイト

  • 関連タイトル:

    実況パワフルプロ野球2018

  • 関連タイトル:

    実況パワフルプロ野球チャンピオンシップ2018

  • 関連タイトル:

    実況パワフルプロ野球2018

  • 関連タイトル:

    実況パワフルプロ野球チャンピオンシップ2018

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日