オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Magic Leap One」の開発者向けバージョンが北米限定で発売。2295ドル(税別)
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/09 16:17

ニュース

「Magic Leap One」の開発者向けバージョンが北米限定で発売。2295ドル(税別)

 フロリダ州に本拠を置くMagic Leapが開発を続けるMR(Mixed Reality,複合現実)対応ヘッドマウントディスプレイ「Magic Leap One」だが,その開発者向けキットとなる「Magic Leap One: Creator Edition」が発売になった。価格は2295ドル(約25万4000円)。ただし残念ながらMagic Leap One: Creator Editionの発送対象地域はアメリカ国内のみで,転送業者などを利用しない限り,海外のソフトウェア開発者は入手できない。

Magic Leap公式サイト


 リリースされたキットは,「Lightwear」と呼ばれるヘッドセット本体と,腰などに装着する小型PC「Lightpack」を含んでおり,LightpackのほうにはLinuxとAndroid Open Source Project(AOSP)をベースにしたMagic Leap独自開発OS「Lumin OS」がインストールされている。
 また,上面にタッチパッドの付いたハプティクス(触覚フィードバック機能)コントローラの「Control」とバッテリチャージャー,USBケーブル,コントロ―ラを手首に固定するための紐,そして,Lightwearを頭にフィットさせるパッド「Fit Kit」も付属するという。

Magic Leap

 公式サイトによれば,LightpackのプロセッサにはNVIDIAのSoC(System-on-a-Chip)「Parker」を採用している。バッテリーの駆動時間はLightpackが3時間,Controlが7.5時間。サウンド出力は(おそらくLightwear上の)スピーカーを利用できるだけでなく,3.5mmステレオミニピン端子も利用できる。

Magic Leap
Magic Leap

 Magic Leapは,Alibaba, Andreessen Horowitz,GoogleやWarner Bros.,さらにサウジアラビア政府などから,7年間にわたって2500億円に達する資金を集めてMagic Leap Oneの開発を進めてきた。「Unity」「Unreal Engine」などのツールもサポートしており,ILMxLABやピーター・ジャクソン監督のWingnut ARがコンテンツを開発中であるなど,北米エンターテイメント業界の期待は非常に高いようだ。

 開発者向けとはいえ,ようやく発売されるMagic Leap Oneが,果たしてどのような評価を得ることになるのか。そして,より安価な一般向けはいつ頃投入されることになるのかなど,続報を楽しみにしたい。

  • 関連タイトル:

    Magic Leap

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月18日〜12月19日
タイトル評価ランキング
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
75
Déraciné (PS4)
2018年06月〜2018年12月