オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ボーダーランズ3公式サイトへ
  • 2K
  • Gearbox Software
  • 発売日:2019/09/13
  • 価格:通常版:7400円(+税)
    デラックス・エディション:9500円(+税)
    超デラックス・エディション:1万2800円(+税)
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ボーダーランズ3」のセイレーン“アマーラ”のプレイムービーをお届け。走ったり飛んだりするティーディオール製武器も試してみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/05/22 12:00

イベント

「ボーダーランズ3」のセイレーン“アマーラ”のプレイムービーをお届け。走ったり飛んだりするティーディオール製武器も試してみた

 2K Gamesより2019年9月13日に発売予定のシリーズ最新作「ボーダーランズ3」PC / PS4 / Xbox One)。ナンバリングタイトルとしては7年ぶり,「ボーダーランズ プリシークエル」PC / PS3 / Xbox 360)からは5年ぶりの新作だ。本作では「ボーダーランズ」史上で初めて,パンドラ以外の惑星へと飛び出す。

 先日,アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで行われた「ボーダーランズ3」のプレビューイベントの記事では,本作の新要素などをお伝えしたが,今回,日本国内でもハンズオンの機会を得られた。新要素の気になる部分も判明したので,プレイムービーとともにお届けしよう。

関連記事

期待のFPSシリーズ最新作「ボーダーランズ3」の世界同時ゲームプレイ初公開イベントに参加。基本を踏襲しつつも新機能も目白押し

期待のFPSシリーズ最新作「ボーダーランズ3」の世界同時ゲームプレイ初公開イベントに参加。基本を踏襲しつつも新機能も目白押し

 アメリカ・ロサンゼルスで現地時間の4月30日,2K GamesとGearbox Softwareが「ボーダーランズ3」のプレビューイベントを開催した。4Gamerも本イベントに参加し,プレイアブルデモ版を体験してきたので,その模様をお伝えしよう。協力プレイで威力を発揮する“ルート・インスタンス”などの新要素に注目だ。

[2019/05/08 00:00]


 今回のハンズオンでプレイできたのは「ボーダーランズ3」プレビューイベントと同じバージョンだ。パンドラを飛び出し,アトラス本社がある惑星プロメティアでの冒険となる。
 プロメティアの首都メリディアン・メトロプレックスはマリワン社(武器メーカーの1つ)から攻撃を受けており,ヴォルト・ハンターたちが緊急信号を受けて,救援に向かったという状況だ。


 プレビューイベントではオペレーティブの“ゼイン”を使用したが,今回はセイレーンの“アマーラ”を選択した。

 プレイできたのは序盤でスキルポイントも多くないため,その真価を発揮できてはいないが,派手なアクションで,クラウドコントロールが得意なキャラクターという印象だ。筆者がメインに使ったアクションスキルは,地面を叩いて周囲の敵を弾き飛ばす「フェーズスラム」で,緊急回避に便利だった。

画像(005)「ボーダーランズ3」のセイレーン“アマーラ”のプレイムービーをお届け。走ったり飛んだりするティーディオール製武器も試してみた

 今作で追加されたファイアリングモードの変更だが,これにはいくつか種類があり,すべての武器に用意されているわけではない。
 属性攻撃が得意なマリワン製の武器は2種類の属性を切り替えて戦えるようになった。堅実な武器が多いダール製品はフルオートとセミオート(あるいはバースト)を切り替えられる。
 本作の敵であるチルドレン・オブ・ヴォルト製武器もあり,こちらはファイアリングモードの切り替えはないが,ちょっと変わった見た目で,ユニークな射撃モーションがある。

画像(003)「ボーダーランズ3」のセイレーン“アマーラ”のプレイムービーをお届け。走ったり飛んだりするティーディオール製武器も試してみた

 ティーディオール製の武器は前作と同じく,リロードで投げつけて手りゅう弾の代用品となる機能に加え,足が生えたタレットになる機能が追加された。その種類もいくつかあるようで,今回はシールドを張って敵を追跡するタイプと,ドローンのように空を飛び敵を攻撃するタイプの2種類が確認できた。弾倉に入っている弾ごと消費するため,弾薬消費量の多さがネックだが,攻撃の手数が増える優秀な武器だ。

 またCo-opモードで,敵のレベルやドロップアイテムをプレイヤーごとに自動で調整する“ルート・インスタンス”は,設定で旧来のシステムと切り替えが可能とのこと。友達の進行状態を手助けするときに利用できるだろう。

 ダッシュスライディングマントリングといった新アクションは,これがなかなか気持ちいい。ダッシュとスライディングは言わずもがな,機動力が上がってスタイリッシュに動ける。
 崖などをよじ登るマントリングアクションは,高い場所などにも上れるようになり,マップにはそれを見越したギミックが配置され,より立体的なフィールドになった印象だ。というか単純に高所に登りやすくなったのは嬉しい。

 1つめの動画の最後に出てくる赤い報酬箱,これはTwitch配信と連動しており,配信者がアイテムを手に入れると,視聴者もそのアイテムをもらえる仕組みとなっているそうだ。具体的にどういう手順となるのかは不明だが,映像配信を見る楽しみが増えたといえる。面白い試みだ。


画像(004)「ボーダーランズ3」のセイレーン“アマーラ”のプレイムービーをお届け。走ったり飛んだりするティーディオール製武器も試してみた
 「ボーダーランズ」シリーズはハック&スラッシュRPGかつFPSという特徴的なゲーム性が長く親しまれている理由の一つだと思うが,魅力的なキャラクターたちの存在も忘れてはいけない。主役級のキャラクターはもちろん,“カリプソ・ツインズ”を筆頭に敵として登場するヴィランも個性豊かなキャラクターが揃っている。
 今回のハンズオンでボスとして登場したGigamindもインパクトのある見た目で,抜群の個性を持っている。これまでのシリーズと同様,ボスは対応したユニークアイテムをドロップし,その性能は個性を反映した面白いものが多い。どんなボス達が登場するのか,気になるところだ。

画像(002)「ボーダーランズ3」のセイレーン“アマーラ”のプレイムービーをお届け。走ったり飛んだりするティーディオール製武器も試してみた
画像(001)「ボーダーランズ3」のセイレーン“アマーラ”のプレイムービーをお届け。走ったり飛んだりするティーディオール製武器も試してみた

 「ボーダーランズ3」は2019年9月13日にPC/PS4/Xbox One向けに発売予定で,PC版はEpic Games Storeにて時限独占販売となる。2KとGearboxは2019年を「ボーダーランズイヤー」と呼んでおり,あっと驚く発表を行っていくとのことだ。今後もその動向に注目しておきたい。

「ボーダーランズ3」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ボーダーランズ3

  • 関連タイトル:

    ボーダーランズ3

  • 関連タイトル:

    ボーダーランズ3

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ