オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ETERNAL公式サイトへ
レビューを書く
準備中
ETERNAL
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/03/03 12:00

プレイレポート

数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート

 アソビモは,2020年内にサービス開始予定のスマホ向け新作MMORPG「ETERNAL」iOS / Android)の第3回クローズドβテストを,2月21日から28日にかけて実施した。


 天野喜孝氏(キャラクター/モンスターデザイン)×LUNA SEA(主題歌)×MONACA(ゲームサウンド)という豪華な布陣に“超大型国産MMORPG”という触れ込みで,各方面から大きな期待を寄せられている本作。今回のCBTでは,軍団(ギルド)や対人戦コンテンツの戦場,プレイヤー間でアイテムの売買ができる取引所などが実装され,正式リリース版に近いゲーム内容が体験できた。

 本稿では,それら新要素やこれまで取り上げていない機能に注目しつつ,第3回CBTのプレイレポートをお届けする。なお,第1回CBTの記事はこちら,第2回CBTの記事はこちらをチェック。

ノルダニア神聖国の国王が控える“ノルダニア王宮”は,今回のCBTで聖都キングスポート内に実装された新マップ。宮殿に足を踏み入れてすぐ王国の栄華のほどが見て取れるのは,高水準のグラフィックスを誇る本作ならでは
画像集#001のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#002のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
画像集#003のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート

「ETERNAL」公式サイト

関連記事

何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート

何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート

 アソビモは,2019年秋に配信予定のスマホ向け新作MMORPG「プロジェクト エターナル」のクローズドβテストを,5月15日から21日にかけて実施した。第1回となるCBTで触れられた本作のゲームシステムや見どころを,インプレッションとともにお伝えする。

[2019/05/28 12:00]
関連記事

「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート

「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート

 アソビモは,2019年秋に配信予定の新作MMORPG「ETERNAL」の第2回クローズドβテストを,11月8日から13日にかけて実施した。本稿では,新たに判明した戦術やジョブの特性変化などのシステム周りを中心にプレイレポートをお届けする。

[2019/11/15 17:32]


オート進行でクエストをクリアしながら
探索や強化に関わる主要システムを学ぶ


 プレイヤーキャラクターを作成して冒険の世界に降り立ち,チュートリアルを兼ねたクエストでゲームに馴染んでいく,という流れは前回のCBTから大きな変更はなし。画面左のクエストリストをタップすれば,目標地点までの移動や,討伐対象との交戦が自動で行われ,クエスト完了の報告もオート任せにできる。スマホ向けRPGでは定番の仕様ではあるが,本作のオート機能は移動でも戦闘でも精度が高く,快適にクエストを進められた。

ジョブと性別を選んだのち,キャラメイクに移行。第2回CBT時点でのキャラメイクと比較すると,設定項目に“耳”が追加され,顔や髪型のパーツパターンやカラーパレットの種類が大幅に増えた
画像集#004のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
画像集#005のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#006のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
ナビゲートキャラの“妖精”選びもキャラメイクの設定項目に含まれる。メニュー画面を開いて妖精の頭を撫でると,1日1回,ログインボーナスを受け取れる
画像集#007のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
画像集#008のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#009のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
キャラ作成後に流れる美麗なオープニングムービーでは,本作の世界観やプロローグが語られる。人間族である主人公が属するノルダニア神聖国と,敵対するオルド連合体との間にくすぶる火種は,間もなく戦火として燃え上がることに
画像集#010のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
クエストリストをタップして目的地へ向かい,目的を果たしたらリストの同じクエストを再度タップ(手動で行う場合は,NPCの頭上に表示されたクエストアイコンをタップ)。依頼者にクエスト完了の報告をし,経験値や“ゼニー”(ゲーム内通貨)などの報酬を受け取るのだ
画像集#011のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#012のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
画像集#013のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#014のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート

 特定のクエストをクリアする,もしくはキャラクターがレベルアップすると受注可能なクエストが開放される。クエストの内容は,モンスターの討伐やアイテムの採集,お使いなどで,メインクエストを完了させることでストーリーが進展し,それに合わせて主人公の行動範囲もどんどん広がっていくのだ。

ホームメニューの“クエスト”では,クエストの詳細やクリア状況を確認できる。クエストには,メインクエストとサブクエスト,デイリークエスト(毎日AM5:00に更新される)の3種類がある
画像集#015のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
前回の記事で触れた“戦術”を設定していれば,ザコ相手のバトルはフルオートで効率よく戦える。自動戦闘のマクロ機能である戦術は最初から使用できるので,まずは“おすすめ”でその性能をたしかめよう
画像集#016のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#017のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
採集クエストは,モンスターや採集ポイントからドロップするアイテムを拾うのが手間だが,ペットをお供にすればラクに集められる。ペットを召喚する「召喚石」は“評判交換所”(後述)で買えるので,なるべく早めに手に入れたい
画像集#018のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
画像集#019のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#020のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
クエストで目的地が遠い場合は,「ワープの巻物」を使って移動を省略できる。広大なマップで道草を食うのも楽しい本作だが,クエストの攻略を急ぐならこのアイテムを活用しよう
画像集#021のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#022のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート


■序盤はスキルと装備品で戦力アップを図る


 冒険序盤のキャラクター強化は,経験値獲得によるレベルアップ,その際に得られる“スキルポイント”を使ったスキル強化,装備品の付け替え/強化の3点が軸になる。キャラクターのレベルはクエストを手当たり次第にクリアするだけで自然と上がり,今回筆者がプレイした範囲ではそれで問題なくバトルに対応できた。ただし,クエストの難度が上がれば,当然,強化目的の狩りなども必要になるものと思われる。

レベルアップでスキルポイントが入手でき,さらに規定のレベルに達するごとにスキルがアンロックされる。バトルでよく使うアクティブスキルはポイントを消費してスキルレベルを上げ,効果を高めるのだ
画像集#023のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#024のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
レベル10で開放される“特性”は,習得スキルの異なる3つの特性を切り替えてジョブのロールを変えられる機能だ(前回記事参照)。どのロールでも戦えるように,すべての特性で使用スキルのセッティングやスキル強化を行い,戦術も設定しておくこと
画像集#025のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#026のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
画像集#027のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
キャラクターは12の部位に装備品を装着できる。手に入れた装備品はアイテム成長メニューの強化やオプションレベル,宝石装着を施すことで性能を上げられる
画像集#028のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
画像集#029のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#030のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
「ETERNAL」の世界にはいくつもの“勢力”が存在し,クエストや戦闘で特定の勢力に利する行動を取ると,その勢力の“評判”が上昇する。評判交換所はキャラクターの評判により品揃えが変わるショップで,装備品の強化に用いる「強化石」やペットを召喚する「召喚石」など,貴重なアイテムを手に入れられる
画像集#031のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
画像集#032のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#033のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート


■専門技術の熟練度を上げアイテムを生産する


 本作のやり込み要素の柱になりそうなのが「専門技術」。これは,敵からのドロップや採集で得た素材アイテムを加工するもので,“錬金術”では「HPポーション」のような消費アイテム,“鍛冶”では武器や盾などの装備品と,冒険に役立つさまざまなアイテムを作り出せる。専門技術には7つの分野があり,生産を行うとその分野の経験値を得られ熟練度を上げられる。そうして“生産可能Lv”を上げれば,生産できる品の種類が増えていく。

専門技術の分野→生産品のジャンル→レシピと選んで生産を実行すると,素材とゼニーを消費してアイテムを作れる。生産すればするだけ成長するコンテンツなので,クラフト好きのプレイヤーは素材集めに熱が入りそうだ
画像集#034のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート 画像集#035のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート
画像集#036のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート


■ギルドやアイテムの売買機能もありますよ


 最後に,第3回CBTで初お目見えとなった新要素をまとめて紹介する。実際はもう1点,最大15対15のプレイヤーがリアルタイムで激突する対人戦コンテンツ“戦場”も実装されたのだが,タイミングが合わず残念ながらプレイするチャンスを逃してしまった。

●軍団(ギルド)
最大50人のプレイヤーで結成できる組織。所属員は装備強化やアイテム生産といった活動で“貢献活動ポイント”を稼ぐことができ,ギルド全体でポイントを集めて軍団のレベルを上げると軍団専用倉庫などの機能が開放される。また,ほかの軍団と同盟を結んだり,宣戦布告で“軍団戦争”を起こすことも可能だ
画像集#037のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート

●取引所
プレイヤー間でアイテムの売買が行える機能。出品できるのは消費アイテムや素材,装備品などで,価格は出品者がゼニーかホワイトストーン(課金アイテム)から設定可能。なお,装備品を出品する場合は,「封印剤」というアイテムで“封印”状態にしなければならない
画像集#038のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート

●天気予報
ゲーム内時間の経過により昼夜/天候が変化する本作は,メニュー画面で世界各地の時間ごとの天気予報をチェックできる。モンスターのなかには特定の天候でのみ出現する種類もいるため,討伐クエストや素材集めで利用することになるだろう
画像集#039のサムネイル/数多の冒険者が集うリアルな世界がそこにある。ギルドや取引所が新たに実装された「ETERNAL」第3回CBTをレポート

 着々と完成へと突き進んでいることを示してくれた,「ETERNAL」の第3回CBT。今回,専門技術や取引所などの新機能に触れられたことで,キャラクター強化につながるアイテムの収集/生成要素も奥が深く,打ち込みがいのある内容になるだろうと期待が持てた。どこに目を向けても王道かつゴージャスな風格を備えた本作は,多くのMMORPGプレイヤーを満足させるタイトルになるはずだ。あとは正式リリースを待つばかり!

「ETERNAL」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ETERNAL

  • 関連タイトル:

    ETERNAL

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月25日〜11月26日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月