オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2005#063]「Tony Hawk\'s American Wasteland」は1980年代ロサンゼルスでの出世物語
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2005/05/20 22:28

ニュース

[E3 2005#063]「Tony Hawk's American Wasteland」は1980年代ロサンゼルスでの出世物語

 もはや定番ソフトとなったTony Hawk'sシリーズは,それ以前はまったく無名だったNeversoft社によって,7年で7作というペースでリリースされてきた。今回発表された「Tony Hawk's American Wasteland」(以下,American Wasteland)は,「Tony Hawk's Underground」で実現した「Grand Theft Auto」風の自由な感覚はそのままに,舞台設定をパンクロック華やかなりし1980年代のロサンゼルスに置いている。
 プラットフォームはXbox,プレイステーション2,Gamecube,そしてXbox 360のローンチタイトルとして年内の発売が予定されているものの,現時点ではPCゲーム市場への投入の話は出てきていない。しかし,シリーズでは初めてXbox Live!をサポートすることが表明されており,これまでのパターンからいっても,Xbox 360版完全移植の可能性も十分にあるのではないだろうか。

 American Wastelandの最大の特徴は,ハリウッドやダウンタウン,そして低所得者の多い東部地域や海岸線沿いのサンタモニカなどのマップが,まったくシームレスに繋がっていることだ。それぞれの地域マップは,地下鉄の駅やトンネルを潜り抜けると到達できるようになっており,ちょっと遠い場所でも公共バスなどに乗り込めば,瞬時に移動可能なのである。これで,プレイヤーは5時間でも10時間でもスケボーからほとんど降りることもなく,遊び続けることができるというわけだ。
 キャラクターはすべてモーションキャプチャーで作成されており,これまでよりも自然な動きになっている。最初にロサンゼルスにやってきたときに助けてくれるミンディのようなキャラクターもいたので,町で名を上げるに連れて友好関係も増えていくのだろうか。

 新しいムーブも幾つか追加されていて,サーフィンのように小刻みに揺れ動くVert Slideや,ストールで左右に揺れるVert Wallのようなものが追加されている。また,ビルを垂直に駆け上がるような動作も見られたが,これはバグではなく新しい仕様であり,以前よりも高くなったビルを利用して複雑なコンボを出しやすいようにするための処置なのだそうだ。
 「Tony Hawk's Pro Skater」の次元を超えてしまった新要素もある。なんと,American WastelandではBMXバイク(自転車)を操作できるようになり,右と左のアナログスティックを併用して重量バランスとバイクのスイングをコントロールし,バックスピンやテイルウィップなどのムーブを繰り出せるようになっている。
 実は旧作ファンにもたまらないものになっていて,Tony Hawk's Pro Skater時代の数種類のマップも“クラシックモード”として復活し,ストーリーやミッションの概念に縛られることなく遊ぶことだって可能だ。

 5月16日に行われたクローズドカンファレンス"Activision International Round Robins"において,American Wastelandのミッションとして紹介されたものは2種類だった。一つめは,生真面目そうだがどこかネジが狂ったような中年の男が,プレイヤーに「俺の車が警察に囲まれているので,ヤツらの気を引いてくれ」というもの。ストでドアが閉ざされた地下鉄の駅を,開放してくれるのが報酬らしい。何気に高所からパトカーにバウンスして炎上させると,その男が自分の車に駆け寄ってアタッシュケースを運び出す。中から出てきたのはロケットランチャーで,見事(!?)地下鉄の通路に風穴を開けてくれるのだった。もう一つは,ビル屋上に立つ鉄塔を,雇用者の要望にムーブで答えて引き倒すというものだが,今回見られたミッションの特徴は,どちらも破壊可能なオブジェクトを利用している点だ。
 Activisionは,実際のプロスケーターがカメオ出演するかどうかは明言しなかったが,最後のほうになってバードマンことトニー・ホーク氏は出演することを匂わせた。今回のE3会場では,実際に屋外でトニーホークを招いてのパーティも行っているので,両者のタッグもさらに強力になっていると見るべきだろう。

 サウンドトラックについても未公開であるものの,1980年代のロサンゼルスということからパンクロックがテーマになっているのは間違いない。広大なロサンゼルスのマップをフィーチャーし,さらに自由になってBMXまで登場させたAmerican Wasteland。ぜひ,PC版もリリースしてほしいものだ。 (奥谷海人)

  • 関連タイトル:

    Tony Hawk's American Wasteland

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月31日〜08月01日
タイトル評価ランキング
68
2021年02月〜2021年08月