お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
結のほえほえゲーム演説:第212回「祝! スパイク・チュンソフト40周年! 『トルネコの不思議なダンジョン』の思い出を語らせてくれ!」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/04/13 12:00

連載

結のほえほえゲーム演説:第212回「祝! スパイク・チュンソフト40周年! 『トルネコの不思議なダンジョン』の思い出を語らせてくれ!」

画像集 No.001のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第212回「祝! スパイク・チュンソフト40周年! 『トルネコの不思議なダンジョン』の思い出を語らせてくれ!」

画像集 No.005のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第212回「祝! スパイク・チュンソフト40周年! 『トルネコの不思議なダンジョン』の思い出を語らせてくれ!」
 ごきげんよう。タレントとして活動しております。です。

 突然ですが皆さんはどこの政党を支持していますか?
 えっ,「4Gamerでそんな話していいのか」って? 連載9年目ですからねぇ,そろそろこんな話題も触れていきたいですよねぇ?

 実は私,根っからのチュンソフ党なんです!!

 チュンソフ党の元ネタは「かまいたちの夜」の隠しルート「チュンソフ党の野望編」で,中村光一氏を神と崇めるチュンソフトが大好きな我々の総称として使われています。
 スパイク・チュンソフトが2024年4月9日に創立40周年を迎え,Xでは「#スパチュン40周年」で,思い出のタイトルを振り返る企画が開催されています。チュンソフ党の一員として,私も思い出のタイトルを語らせていただいてもよろしいでしょうか!?

 私の思い出のタイトルといえばやはり「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」です!!


1000回遊べるRPG


 人生で初めて愛したゲームは,幼稚園時代に出会った「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」でした。父と一緒に毎晩プレイしていた私。ピラミッドの謎が1年間解けなかったり,「ぱふぱふって何!?」と父を質問攻めしたことも良い思い出です。
 初めてひとりでプレイしたのは「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」で,章ごとに主人公が変わる群像劇に夢中になりました。4コマ漫画劇場で培った妄想力といったらもう。

関連記事

結のほえほえゲーム演説:第198回「『ドラゴンクエストモンスターズ3』でピサロとももんじゃの姿を見て,目頭が熱くなった4コママンガ劇場ファン」

結のほえほえゲーム演説:第198回「『ドラゴンクエストモンスターズ3』でピサロとももんじゃの姿を見て,目頭が熱くなった4コママンガ劇場ファン」

 DQモンスターズシリーズ最新作「ドラゴンクエストモンスターズ3 魔族の王子とエルフの旅」の体験版をプレイした結さん。主人公のピサロがももんじゃを仲間にするシーンを見て,目頭が熱くなるとともに大好きなあの漫画,「ドラゴンクエスト4コマ漫画劇場」に思いを巡らせたそうです。

[2023/09/30 12:00]

 そんな「ドラゴンクエストIV」のトルネコが主人公になった「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」が発表されたわけですよ。「えっ,トルネコってあのトルネコ?! あのトルネコが主人公?!?!」と,当時は驚きました。
 「ん? これって普段遊んでるRPGとはゲームシステムが違うっぽいな?」と思いつつ“1000回遊べるRPG”のキャッチコピーに惹かれて購入。倒れるとレベル1からやり直しになり,ダンジョンのマップが毎回変化するというシステムがとにかく半端ない緊張感だったことを覚えています。

画像集 No.002のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第212回「祝! スパイク・チュンソフト40周年! 『トルネコの不思議なダンジョン』の思い出を語らせてくれ!」

 深い階層に足を踏み入れると,回復アイテムが底をついてきて戦闘がキツくなってくるんですが,そこで初見のモンスターが登場するんですよ。シルバーデビルに2回行動されたり,おおめだまに混乱させられたり……何度泣きそうになったことか。逃げるように階段をおりた先がモンスターハウスだったときの絶望感たるや。あのBGMはトラウマです。
 そもそも当時の私,斜め入力ができなかったんですよ。左斜め下に移動したいとき,下⇒左と移動してしまうので,1ターン損してるんですよね。プレイヤーなら分かると思いますが,これって不思議のダンジョン攻略で「絶対やってはダメな行動:第1位」なんです。なのでダンジョン攻略にはとっても苦戦しましたねぇ……。

 お金を持って帰ると拠点がどんどん大きくなっていくのが嬉しくて,クリアよりもついそっちを優先しちゃったり。そういえば「ドラゴンクエストIV」でも,はがねのつるぎを仕入れて売りまくってるときがめちゃくちゃ楽しくて,脳汁ドバドバだったなぁ……。
 拠点のレベルがMAXになったとき,愛妻ネネから「拠点はいいからあなたの夢(ダンジョン攻略)を優先して」って言われてしまい,とても悲しくなりました。ワイはお前の喜ぶ顔が見たかっただけなんや。ネネ……。

 本作にはHPとは別に「満腹度」というものがあり,ダンジョンの探索に時間をかけすぎると空腹で倒れてしまうのです。よく出来たシステムだなぁ。トルネコの満腹度が減っていくと……。

「お腹がへってきた……」
「ハラペコで目が回ってきた……」
「飢え死にしてしまいそうだ!」
「ダメだ! もう倒れそうだ!」


 と鬼気迫るメッセージが表示されます。このメッセージが表示されると,普段はゲームに興味がない母が「ねぇ! お腹減ってるってよ!」と執拗に声をかけてきました。
 ダンジョン攻略のためにはトルネコにギリギリまで我慢させないといけないのですが,母が心配するので早めにパンを食べさせたりしたこともありました。お母さん。トルネコは意外とタフだから大丈夫なんだよ。

 不思議のダンジョンを初めてクリアして「もっと不思議のダンジョン」が出てきたときは衝撃でしたね。何百回と絶望しても「次こそいけるんじゃないか」とチャレンジしたくなるのが本作の恐るべき中毒性ですね。数年ぶりにひっぱりだして遊んでも必ず夢中になります。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第212回「祝! スパイク・チュンソフト40周年! 『トルネコの不思議なダンジョン』の思い出を語らせてくれ!」
 あ,あれ? サウンドノベルの「かまいたちの夜」「弟切草」「サウンドノベル 街 -machi-」(街 〜運命の交差点〜)「428 〜封鎖された渋谷で〜」についても語りたかったのに,トルネコを語りすぎてしまったぞ……。
 「かまいたちの夜」は全シリーズを金のしおりにしているので,好きなシナリオについても語りたい。誰がなんと言おうと私は2が好きだ。2が好きなんだ。
 ほかにも「3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!」「ダンガンロンパ」「極限脱出」シリーズも……というわけで続きはまたの機会に。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 結のほえほえゲーム演説:第212回「祝! スパイク・チュンソフト40周年! 『トルネコの不思議なダンジョン』の思い出を語らせてくれ!」

■■結(女優・タレント)■■
女優・タレントとして活動中。国内映画祭にて主演女優賞を多数受賞。幼少期からのゲーム好きが高じ,数多くのゲーム番組でMCを務め,イトキチ(糸吉)の愛称で親しまれている。

公式サイト:http://yui-monogatari.com/
公式Twitter:https://twitter.com/xxxjyururixxx
ニコニコチャンネル「結チャンネル」:http://ch.nicovideo.jp/yuichannel
YouTubeチャンネル「結ちゅーぶ!」:https://www.youtube.com/channel/UCNwmczTygyPzEnouz9tR_Fg/
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月25日〜05月26日