お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
NFTゲーム「Crypt Busters」発表。兵士と戦闘車両で部隊を編成し,終末世界と化した地球でクリーチャーを殲滅するサバイバルアクション
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/05/25 17:42

ニュース

NFTゲーム「Crypt Busters」発表。兵士と戦闘車両で部隊を編成し,終末世界と化した地球でクリーチャーを殲滅するサバイバルアクション

 エイチームエンターテインメントは2023年5月24日,グローバル市場向けのNFTゲーム「Crypt Busters」BROWSER / Android)を発表し,公式サイト(外部リンク)と公式Twitter(外部リンク)を公開した。

画像集 No.002のサムネイル画像 / NFTゲーム「Crypt Busters」発表。兵士と戦闘車両で部隊を編成し,終末世界と化した地球でクリーチャーを殲滅するサバイバルアクション

 本作は,エイチームのグループ会社であるエイチームエンターテインメントにとって,初めてのブロックチェーン技術を導入したプロジェクトだ。同社は,「ダークサマナー」などで培った,「グローバル展開」「長期運営」のノウハウを生かして,Web3領域に進出するという。

 ジャンルはローグライク要素を取り入れたサバイバルアクションで,ウイルスに感染したクリーチャーとの戦いが繰り広げられ,終末世界と化した地球を舞台としている。プレイヤーは,NFTの「兵士」「戦闘車両」で部隊を編成して敵を殲滅し,「オートプレイモード」「サバイバルモード」の2つの遊び方が用意されている。


 また,討伐したクリーチャーから採取できる「コア」を一定量消費することで,ユーティリティトークン「Blood Quartz(BQT)」を獲得できるとのことだ。ゲームプレイで得たトークンを,暗号資産の取引所を通じて日本円に換金可能な,“Play to Earn(遊んで稼ぐ)”を謳うタイトルと近い仕組みになっている。
 トークンの発行は,ブロックチェーンプロジェクトにおけるトークンの導入を,包括的に支援する事業を展開するBOBGが担当している。

 公式サイトでは,初期版のホワイトペーパー外部リンク)が公開されており,ゲームシステムに関するさらに詳しい情報を確認できるので,興味のある人はチェックしておこう。

「Crypt Busters」公式サイト


エイチームエンターテインメント、BOBG社と共に独自トークン(FT)を導入したグローバル市場向けオリジナルNFTゲーム『Crypt Busters』を発表!
NFTで遊ぶオートプレイ対応の爽快サバイバルゲーム!

画像集 No.001のサムネイル画像 / NFTゲーム「Crypt Busters」発表。兵士と戦闘車両で部隊を編成し,終末世界と化した地球でクリーチャーを殲滅するサバイバルアクション

株式会社エイチーム(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:林高生、東証プライム:証券コード 3662)のグループ会社である株式会社エイチームエンターテインメント(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:中内之公)と、BOBG PTE. LTD. (本社: シンガポール、代表取締役:増山健吾、以下BOBG社)は、2023年5月24日(水)、ユーティリティトークンとして独自FT(Fungible-Token)を導入したグローバル市場向けオリジナルNFTゲーム『Crypt Busters』の公式サイト及びホワイトペーパーの一部を公開し、公式Twitterを開設しました。

本プロジェクトについて

【BOBG社が独自トークン(FT)を発行、エイチームエンターテインメントがゲームをパブリッシング】
本作においては、ユーティリティトークンである独自FT(Fungible-Token)の発行をBOBG PTE. LTD.が担当し、ゲームの開発とゲーム及びNFTのパブリッシングを株式会社エイチームエンターテインメントが担当します。

本作は株式会社エイチームエンターテインメントとして初めてブロックチェーン技術を導入したプロジェクトであり、Web3領域のオリジナルゲーム第1弾です。
株式会社エイチームエンターテインメントは、日本のゲーム会社として新たにWeb3領域に参入し、世界中のプレイヤーが楽しく遊ぶことができるオリジナルNFTゲームを日本からグローバル展開することを目指します。

【エイチームエンターテインメントの実績】
株式会社エイチームエンターテインメントは、東証プライム上場企業である株式会社エイチームのグループ企業であり、ゲーム開発における技術力と海外展開ノウハウを強みとしています。
大規模なリアルタイム通信基盤が必要な「バトルロイヤルゲーム」など、多岐にわたるゲームジャンルの開発実績があり、これまで13言語に対応、154か国にグローバル展開してきました。また、ひとつのサービスを10年以上提供し続けることができる長期運営ノウハウ*を生かし、世界のプレイヤーに長く楽しんでいただける仕組みづくりに取り組んでいます。

*株式会社エイチームエンターテインメントは、2012年にサービスを開始しGoogle Playストアセールスランキングで全米1位を獲得した『ダークサマナー』をはじめ、複数のグローバルタイトルを長期にわたって運営しています。

【BOBG社の実績】
BOBG PTE. LTD.は、シンガポールを拠点とし、トークン発行とそのグロースに関してグローバル水準の豊富な知見をもつ会社です。
世界No1ブロックチェーンゲームのトラックレコードを持つ『My Crypto Heroes』の開発/運営メンバーにより構成されており、現時点で複数ブロックチェーンゲームのトークン発行/管理/運用、取引所上場、エコノミクス設計サポートの実績があります。

『Crypt Busters』について

【ローグライクな終末サバイバルアクションNFTゲーム】
『Crypt Busters』は、NFTの兵士と戦闘車両を使ってプレイする、ローグライクの要素を取り入れたサバイバルアクションゲームです。
舞台は荒廃した終末の地球。人類はウイルスに感染した生物「クリーチャー」との生存をかけた戦いを繰り広げており、プレイヤーは兵士と戦闘車両を編成し、クリーチャーの討伐に挑みます。

【ゲームプレイによってユーティリティトークン「BQT」が獲得できる】
討伐したクリーチャーから採取できる「コア」を一定量消費することにより、『Crypt Busters』のユーティリティトークンである「Blood Quartz」(BQT)を獲得できます。
BQTはNFTの兵士の取引や強化などに使用することができます。

【大量の敵を一掃してコアを回収!さらに爽快なゲーム体験】
大量の敵を一斉に蹴散らすサバイバルゲームの爽快感に、「コア」をザクザク回収する爽快感が加わり、より爽快なゲーム体験が味わえます。

【オートプレイ対応で簡単に・効率よく遊べる】
『Crypt Busters』には、最大12体の兵士と戦闘車両で部隊を編成して出撃させ、時間の経過とともにクリーチャーを討伐していく「オートプレイモード」と、兵士1体を自身で操作してクリーチャーを討伐していく「サバイバルモード」の2つの遊び方があります。
オートプレイによって効率よく「コア」を獲得することが可能です。
また、本作はPCのほかスマートフォン(Android)でもプレイすることができます。

本日、公式サイトにおいて、初期のホワイトペーパーとプロモーションビデオを公開しました。
また、合わせて公式Twitterを開設しました。
ホワイトペーパーの更新、キャンペーンやセールなどの最新情報は公式Twitterでお知らせしていきます。

公式サイト: https://www.crypt-busters.com/
公式Twitter: https://twitter.com/Crypt_Busters
プロモーションビデオ: https://youtu.be/msrn8R1-ivg

画像集 No.003のサムネイル画像 / NFTゲーム「Crypt Busters」発表。兵士と戦闘車両で部隊を編成し,終末世界と化した地球でクリーチャーを殲滅するサバイバルアクション

サービス名: Crypt Busters
公開時期: 2023年内(予定)
対応チェーン: Polygon(予定)
対応PCブラウザ: Google Chrome、Firefox、Brave、Microsoft Edge(予定)
対応スマートフォンOS: Android 5.1 以上(予定、PCブラウザにて初回認証が必要)
対応言語: 英語(予定)
Game Development: Ateam Entertainment Inc.
Token Issue: BOBG PTE. LTD.
  • 関連タイトル:

    Crypt Busters

  • 関連タイトル:

    Crypt Busters

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月05日〜06月06日