オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アサシン クリードII公式サイトへ
読者の評価
69
投稿数:7
レビューを投稿する
海外での評価
91
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2009]ブースレポート:ユービーアイソフト編――「アサシン クリード II 」「アバター THE GAME 」などがプレイアブル出展
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/09/25 23:44

イベント

[TGS 2009]ブースレポート:ユービーアイソフト編――「アサシン クリード II 」「アバター THE GAME 」などがプレイアブル出展

 昨年のTGS 2008ではブースを構えていなかったユービーアイソフトだが,2009年は単独ブースでの出展へと大飛躍。秋から冬にかけては名作の続編や映画原作ものなど大作が揃っており,去年とは意気込みの違いが感じられる。

画像集#002のサムネイル/[TGS 2009]ブースレポート:ユービーアイソフト編――「アサシン クリード II 」「アバター THE GAME 」などがプレイアブル出展

 今年ユービーアイがTGSに持ってきたタイトルはあわせて5作品。そのうち,ブースでとくに大きく展示されているのは「スプリンターセル コンヴィクション」(Xbox 360),「アサシン クリードII」PlayStation 3/Xbox 360),「アバター THE GAME」PlayStation 3/Xbox 360/NDS)の3作品。

画像集#003のサムネイル/[TGS 2009]ブースレポート:ユービーアイソフト編――「アサシン クリード II 」「アバター THE GAME 」などがプレイアブル出展

 「スプリンターセル コンヴィクション」はステルスゲームの人気シリーズ「スプリンターセル」で,実に久しぶりに登場する最新作。物陰ではなく人並みの中に隠れる“ソーシャルステルス”など,新機軸となる要素が満載の期待作だ。レーティングの関係からか,ブースは四方を壁で囲まれたクローズドなものになっており,試遊台はなくプレゼンテーションが行われている。

画像集#005のサムネイル/[TGS 2009]ブースレポート:ユービーアイソフト編――「アサシン クリード II 」「アバター THE GAME 」などがプレイアブル出展
画像集#013のサムネイル/[TGS 2009]ブースレポート:ユービーアイソフト編――「アサシン クリード II 」「アバター THE GAME 」などがプレイアブル出展 画像集#014のサムネイル/[TGS 2009]ブースレポート:ユービーアイソフト編――「アサシン クリード II 」「アバター THE GAME 」などがプレイアブル出展

「アサシン クリードII」は,イスラム世界の暗殺者の活躍を描いて話題となった「アサシン クリード」の続編。今度の舞台は前作とはうってかわってルネッサンス期のイタリアとなる。コンヴィクションと同様に,こちらも専用ブースはクローズド。

画像集#006のサムネイル/[TGS 2009]ブースレポート:ユービーアイソフト編――「アサシン クリード II 」「アバター THE GAME 」などがプレイアブル出展

 「アバター THE GAME」は,ジェームズ・キャメロンが久しぶりにメガホンを取って制作し,日本では12月18日公開予定の映画「アバター」を原作としたゲームだ。会場ではオープンスペースに数台の試遊機が用意されており,さらに“ステレオコピック3D”を使用した,立体映像でゲームが楽しめる試遊台も1台だけ用意されている。この1台は物珍しさも手伝ってか人気が高く,筆者が行ったときには通常台の倍の待ち時間となっていた。

画像集#007のサムネイル/[TGS 2009]ブースレポート:ユービーアイソフト編――「アサシン クリード II 」「アバター THE GAME 」などがプレイアブル出展

 残る2タイトルはブース内の一角を半々にシェアしての展示。「レッドスティール2」は刀と拳銃,両方を使ったアクションの気持ち良さがウリの作品。Wiiリモコンを大きく動かす作品なので,プレイスペースが若干広くとられていた。
 「ラビッツゴーホーム」は,おちゃめなラビットたちが大暴れするアクションゲーム。ファミリーで遊ぶのに楽しそうな作品だが,西洋漫画的デフォルメのきいたラビットたちのデザインは少しアクが強めかも。

画像集#008のサムネイル/[TGS 2009]ブースレポート:ユービーアイソフト編――「アサシン クリード II 」「アバター THE GAME 」などがプレイアブル出展
画像集#009のサムネイル/[TGS 2009]ブースレポート:ユービーアイソフト編――「アサシン クリード II 」「アバター THE GAME 」などがプレイアブル出展

 プレスデイ時点での列の長さは,筆者が見たところでは「アサシン クリードII」が一歩リードといった感じ。ただし待ち時間の長さでいえば「アバター THE GAME」の3D試遊台がトップだった。まあ1台だしね。

  • 関連タイトル:

    アサシン クリードII

  • 関連タイトル:

    アサシン クリードII

  • 関連タイトル:

    スプリンターセル コンヴィクション

  • 関連タイトル:

    アバター THE GAME

  • 関連タイトル:

    アバター THE GAME

  • 関連タイトル:

    アバター THE GAME

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月24日〜11月25日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月