オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
BioShock Infinite公式サイトへ
読者の評価
70
投稿数:4
レビューを投稿する
海外での評価
95
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Irrational Games,「BioShock Infinite」に登場する強敵ロボット軍団“Heavy Hitters”のムービーを公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/03/15 13:28

ムービー

Irrational Games,「BioShock Infinite」に登場する強敵ロボット軍団“Heavy Hitters”のムービーを公開

 Irrational Gamesは,2012年10月16日に欧米で発売される予定の「BioShock Infinite」PC/PlayStation 3/Xbox 360)に登場するキャラクターの紹介を公式サイトで行っている。先週3月8日には中ボス級の“Motorized Patriot”が,そして3月14日には同じく“Handyman”と呼ばれるキャラクターがムービーと共に紹介された。


「BioShock Infinite」公式サイト(要年齢認証)


 2007年にリリースされた「BioShock」は,深い世界観の作り込みでファンやメディアから評価されたものの,ゲームに登場する敵の種類の少なさが指摘されることもあった。それに対して今回は,“Heavy Hitters”と呼ばれる一連のユニークな敵キャラクターが用意されているわけだ。いずれも時代相応のレトロな外見が面白い。
 Handymanが人間なのか,ロボットなのか分かりにくいが,今回リリースされたムービーの中でゲームデザイナーのKen Levine氏は,「今の段階では多くを説明したくないが,プレイヤーがゲームを進めていくうちに,彼らがあんな姿になった背景や,悲しいストーリーを学んでいくだろう」と述べているので,おそらくビッグダディやリトルシスターのような存在なのだろう。まるで,ゴリラのような巨体でありながら俊敏に動くやっかいそうな連中だが,胸の真ん中に心臓が見える窓があるなど,アート的にも見事だ。

BioShock Infinite
BioShock Infinite

 BioShock Infiniteには,100年ほど前にアメリカで唱えられた「エクセプショナリズム」(アメリカ例外主義)が根底にある。これは,アメリカは例外的で特別な存在であるとする思想で,ゲームでは,その思想を信じて自分達が特別な人間であると信じた人々が空中都市コロンビアを建設するものの,やがて市民戦争が勃発し,コロンビアは崩壊してしまうという設定になっている。主人公は,子供の頃に誘拐されてコロンビアに連れ去られたエリザベスを探しに潜入した私立探偵だが,仕事を進めるうちに,次第にこの世界の狂気に包まれていくことになるという。

 発売が当初の予定から伸びて10月になってしまったBioShock Infiniteだが,こうしたユニークな世界観など,我々を楽しませてくれるゲームになるのは間違いなさそうだ。
  • 関連タイトル:

    BioShock Infinite

  • 関連タイトル:

    バイオショック インフィニット

  • 関連タイトル:

    バイオショック インフィニット

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月14日〜12月15日