オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[EVO2012]海外勢のハイレベルなプレイが目立った「EVO2012」2日目まとめ。決勝トーナメントに向かう日本人選手のコメントも掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/07/09 14:11

ニュース

[EVO2012]海外勢のハイレベルなプレイが目立った「EVO2012」2日目まとめ。決勝トーナメントに向かう日本人選手のコメントも掲載

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
 アメリカ・ラスベガスの現地時間2012年7月6日,世界最大の格闘ゲームトーナメント「Evolution 2012」(以下,EVO2012)が開幕した。初日のまとめ記事でもお伝えしたとおり,EVO2012には日本からも多くの選手が参戦したものの,「ストリートファイターIV アーケードエディション Ver.2012」,および「ソウルキャリバーV」の決勝トーナメントに進むことができたのはそのうち4名だけと,非常に苦しい戦いを強いられている。

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3 ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

 2日目である7月7日は,「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」「Mortal Kombat」「KING OF FIGHTERS XIII CLIMAX」と,いずれも海外勢が強いとされる種目の試合が開催され,それぞれ決勝トーナメントに進む8人が決定された。また,ペアプレイ形式を取る「ストリートファイター X 鉄拳」のトーナメントも同時に行われ,こちらは決勝トーナメントに進む4ペアが決まっている。

 まずは初日のまとめ記事と同様に,各タイトルの決勝進出者をチェックしていこう。すでに3日目の試合が行われた種目もあるが,ここではあくまで2日目の結果をお伝えするので,その点は了承いただきたい。

「Evolution 2012」4Gamer記事一覧

「Evolution 2012」公式サイト



「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」


→決勝トーナメント表は「こちら」

■WINNER'S
  • Flocker選手/アメリカ(ゼロ,バージル,ストライダー飛竜)
  • infrit選手/アメリカ(ノヴァ,スペンサー,センチネル)
  • Combofiend選手/アメリカ(ノヴァ,スペンサー,ホークアイ)
  • Filipino champ選手/アメリカ(マグニートー,ドクター・ドゥーム,フェニックス)

■LOSER'S
  • Ytwojay選手/アメリカ(ウルヴァリン,スペンサー,マグニートー)
  • Frutsy選手/メキシコ(モードック,キャプテンアメリカ,タスクマスター)
  • Chris G選手/アメリカ(モリガン,ドクター・ドゥーム,豪鬼)
  • Justin Wong選手/アメリカ(ウルヴァリン,ストーム,豪鬼)

※WINNER'Sはここまで無敗で勝ち上がってきた選手。LOSER'Sは1度だけ敗北し,敗者復活トーナメントをくぐり抜けてきた選手を示している。LOSER'Sの選手にも優勝のチャンスは残されているが,WINNERS'Sの選手に2回勝利しなくてはならない

 決勝トーナメントに進出を決めた8人中,なんと7人がアメリカのプレイヤーという結果に。先のインタビューで,ときど氏をして「これは無理」と言わしめたアメリカ勢のレベルの高さが示されたトーナメントだった。

 とはいえ,厳しい環境でありながら,超選手がベスト16までWINNER'Sのまま勝ち上がるという大健闘(しかも,決勝に駒を進めたFrutsy選手には一度土を付けている)を見せてくれたほか,まめスパイダー選手もベスト32まで勝ち残るなど,日本人選手もその力強さを見せてくれたことは付け加えておきたい。

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3 ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
LOSER'Sでのベスト8決定戦でJustin Wong選手がメキシコのTaekua選手に勝利すると,会場では割れんばかりのUSAコールが。アメリカのプレイヤーたちがどれほどこのタイトルに自信を持っているかが垣間見えたシーンだった


「THE KING OF FIGHTERS XIII CLIMAX」


→決勝トーナメント表は「こちら」

■WINNER'S
  • bala選手/アメリカ(ビリー,タクマ,シェン・ウー)
  • Romance選手/アメリカ(キング,紅丸,ユリ)
  • verna選手/韓国(EX庵,シェン・ウー,キム)
  • guts選手/韓国(EX庵,シェン・ウー,バイス)

■LOSER'S
  • lacid選手/韓国(京,アッシュ,キム)
  • Yang Yao ren選手/台湾(EX庵,タクマ,京)
  • Reynald選手/アメリカ(紅丸,キム,ホア・ジャイ)
  • madkof/韓国(デュオロン,キム,シェン・ウー)

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
 決勝トーナメント進出者の内訳はアメリカの強豪3名に韓国4名,そして台湾1名と,「UMVC3」と同様に日本勢は全滅してしまった。特筆すべきは登録者の8名中4名を決勝トーナメントへ送り込んだ韓国の団体,CafeIDの面々だろう。日本勢の姿がないのが残念ではあるものの,決勝トーナメントはアメリカ VS アジアという面白い構図になった。

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
仲間の試合を見守るCafeIDのメンバー達

 なお,日本勢では,国内最強と名高いカオル選手を破ったキャベツ選手,MLGでベスト4の活躍を見せたときど選手という2名のベスト16が最高。EVO2012開幕前からアメリカで武者修行を積んでいたマゴ選手は,「スパIV AE」の強豪Poongko選手に敗れベスト32という結果に。


「ストリートファイター X 鉄拳」


→決勝トーナメント表は「こちら」

■WINNER'S
  • Ricky Ortiz選手・PR Barlog選手ペア/アメリカ
  • ときど選手・ふ〜ど選手ペア/日本

■LOSER'S
  • Combofiend選手・Mike Ross選手ペア/アメリカ
  • laugh選手・Infiltration選手ペア/韓国

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
 ペアプレイという特殊なレギュレーションからか,カップルでの出場であったり,相方がなかなかチェンジしてくれずに負けてしまい,苦笑するプレイヤーがいたりなど,ほかのタイトルとは大きく異なる和気あいあいな雰囲気で進んでいった「ストクロ」であるが,決勝トーナメントに駒を進めたのは,いずれも強豪プレイヤー同士ががっちりと手を組んだペアたちとなった。

 その中でも唯一の日本人ペアであるときど選手&ふ〜ど選手は,先のインタビューでも語っていた通り,息を合わせた2人同時操作が必要となるクロスアサルトの活用法をしっかりと煮詰めてきていたのが印象的だった。

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
sako選手・GamerBee選手ペアやMOV選手・Poongko選手ペアなど,国境を越えたペアの活躍も目立っていた
ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3 ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

 対戦中,チームメイト同士でアドバイスし合う姿も見受けられた。キャンセルチェンジを入力するタイミングやクロスアサルト中の連携など,よくあるチーム形式の大会とはまったく異なる,“真のチームワーク”が必要となる
ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3 ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3


「Mortal Kombat」


→決勝トーナメント表は「こちら」

■WINNER'S
  • Perfect legend選手/アメリカ(Kung Lao)
  • Forever King選手/アメリカ(Kung Lao)
  • xBlades選手/アメリカ(Liu Kang)
  • Pig of the hut選手/アメリカ(Kenshi)

■LOSER'S
  • CD Jr.選手/アメリカ(Jax)
  • M2Dave選手/アメリカ(Freddy Krueger)
  • Tyrant選手/アメリカ(Jax)
  • Mit選手/アメリカ(Reptile, Scorpion)

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3


アメリカのバーチャプレイヤーも侮るなかれ! サイドトーナメントの模様


 初日よりEVO2012会場内のSEGAブースで行われてきた「Virtua Fighter 5 Final Showdown」のサイドトーナメントは若干ながら予定が変更となり,2日目の段階で下記のベスト3(WINNER'Sより1名,LOSER'Sより2名)が選出された

→決勝トーナメント表は「こちら」

■WINNER'S
  • ふ〜ど選手

■LOOSER'S
  • 板橋ザンギエフ選手
  • しろぬこ選手

 決勝トーナメントではまず板橋ザンギエフ選手しろぬこ選手が戦い,勝利した側がWINNER'Sで待ち構えるふ〜ど選手と対戦する,という,流れになった。
 残った3名ともにバーチャファイターシリーズを出自に持つプレイヤー達だけに,この結果も当然というところだろうか。

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
「スパIV AE」のアドン使いとして有名なGamerBee選手や,アメリカのプレイヤーであるGentleman Thief選手などは,約1か月間のプレイ期間(海外にはアーケード版が流通していないため)とは思えない高いレベルの腕前を誇っていた

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
WINNER'Sのベスト4を決める戦いでは,板橋ザンギエフ選手とふ〜ど選手という,Razerと契約するプロゲーマー同士がぶつかることに。接戦に次ぐ接戦の末,見事ふ〜ど選手が競り勝った瞬間がこの一枚だ

 また,「スーパーストリートファイターII X」のサイドトーナメント「TOURNAMENT OF LEGENDS」は全スケジュールが終了。結果は以下の通りとなった。

優勝:MAO選手/日本(バルログ)
準優勝:くすモンド選手/日本(エドモンド・本田)
3位:AfroLegends選手/アメリカ(ディージェイ, バイソン)
4位:ウメハラ選手/日本(バイソン)
5位:ときど選手/日本(バルログ)


ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
ウメハラ選手はインタビューで「リュウ以外の何か」と宣言したとおり,バイソンで出場した
ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
参加人数は少ないながらも,「ヴァンパイアセイヴァー」のサイドトーナメントも行われた。そこには,ダッシュ弱Pコンボを果敢に狙うsako選手の姿も


決勝トーナメントのWINNER'Sに駒を進めた日本人選手,2名1ペアからのメッセージ


●Crna Ruka選手 ―― 「ソウルキャリバーV」

「ときどさんとの試合を制することができたのは,本当に幸運でした。ここまで来たら誰が勝ってもおかしくないとは思うのですが,できる限り頑張るので応援よろしくお願いします」

※なお,SCVはLOOSER'Sにデコポン選手,かまあげ選手の2名が残っている。

●ときど選手・ふ〜ど選手ペア ―― 「STREETFIGHTER X 鉄拳」

ふ〜ど選手:「このゲームを詰めるとこうなる,みたいなものを見せたいです」
ときど選手:「少なくとも面白いものは見せられると思うので,頑張ります」

●ウメハラ選手 ―― 「スーパーストリートファイターIV アーケードエディション Ver.2012」

「残った日本人が少ないんで,頑張ります。最低でも1個メダルを持って帰りたいね」

「Evolution 2012」4Gamer記事一覧


「Evolution 2012」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

  • 関連タイトル:

    ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

  • 関連タイトル:

    THE KING OF FIGHTERS XIII CLIMAX

  • 関連タイトル:

    STREET FIGHTER X 鉄拳

  • 関連タイトル:

    STREET FIGHTER X 鉄拳

  • 関連タイトル:

    Mortal Kombat

  • 関連タイトル:

    Mortal Kombat

  • 関連タイトル:

    Virtua Fighter 5 Final Showdown

  • 関連タイトル:

    Virtua Fighter 5 Final Showdown

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月21日〜10月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月