オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
YAIBA: NINJA GAIDEN Z公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
43
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「YAIBA: NINJA GAIDEN Z」と「影牢 〜ダークサイド プリンセス〜」のプレス向け体験会で,各プロデューサーが最新情報を公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/01/29 16:41

イベント

「YAIBA: NINJA GAIDEN Z」と「影牢 〜ダークサイド プリンセス〜」のプレス向け体験会で,各プロデューサーが最新情報を公開

 コーエーテクモゲームスは2014年1月28日,「YAIBA: NINJA GAIDEN Z」PlayStation 3 / Xbox 360)および「影牢 〜ダークサイド プリンセス〜」PlayStation 3 / PlayStation Vita)のプレス向け体験会を,東京都内の同社 市ヶ谷オフィスにて開催した。
 本稿では,そこで両タイトルのプロデューサーが発表した最新情報を中心に,イベントの模様をお伝えしよう。
 なお,記事中で紹介している両タイトルの操作方法やボタン表記はPS3のコントローラに準じている。

YAIBA: NINJA GAIDEN Z YAIBA: NINJA GAIDEN Z

 体験会冒頭の挨拶では,「YAIBA:NINJA GAIDEN Z」のエグゼクティブプロデューサー/コンセプターを務めるcomceptの稲船敬二氏と,Team NINJAのプロデューサーである早矢仕洋介氏が登壇。

 稲船氏は,本作を従来のアクションゲームとは毛色の違うものにしたいと考え,コミック調のグラフィックスを採用したと説明。その一方で,アクション自体はTeam NINJAタイトルの手触り感を残しながら,稲船氏自身のテイストを加えたものに仕上がっているとした。

「YAIBA:NINJA GAIDEN Z」エグゼクティブプロデューサー/コンセプター 稲船敬二氏

 さらに稲船氏は,本作を「忍者あり,ゾンビあり,メカありの贅沢なゲーム」「やりたいこと,好きなものを全部詰め込んだ」と表現。かつて氏は旧テクモの「忍者龍剣伝」シリーズをやり込んでいたとのことで,その流れを汲むタイトルに携われることにエキサイトしたと語った。

 早矢仕氏は,「YAIBA:NINJA GAIDEN Z」の最新情報として,まず2014年3月6日となっていた発売日を3月27日に変更するとを発表した。開発現場では,さらなるクオリティ向上のため,最後のブラッシュアップを行っているとのことである。

「YAIBA:NINJA GAIDEN Z」プロデューサー 早矢仕洋介氏

 また,「YAIBA:NINJA GAIDEN Z」のコラボレーションは「ぶっ飛んだものにしたい」という思いがあると説明し,すでに発表されている映画「ヌイグルマーZ」や稲船氏の手がける「Mighty No.9」とのコラボを紹介。さらに最新コラボ情報として,「DEAD OR ALIVE 5 ULTIMATE」のハヤブサと紅葉のコスチュームが,本タイトルの初回封入特典となることを明らかにした。
 最後に早矢仕氏は,本タイトルを「“忍者×ゾンビ×メカ”という,これまでにないアクションゲーム」と表現し,その新しい刺激をぜひ確認してほしいと意気込みを見せた。


YAIBA: NINJA GAIDEN Z YAIBA: NINJA GAIDEN Z
YAIBA: NINJA GAIDEN Z YAIBA: NINJA GAIDEN Z

YAIBA: NINJA GAIDEN Z
「YAIBA:NINJA GAIDEN Z」の戦闘では,スラッシュ([□]ボタン),サイボーグアームによるパンチ([△]ボタン),チェーンを伸ばしてサイボーグアームを振り回すフレイル攻撃([○]ボタン)を組み合わせてコンボを繰り出し,ゾンビを蹴散らしていく
YAIBA: NINJA GAIDEN Z
カットインの演出とともに現れる中ボスは,敵の攻撃をガード([R1]ボタン)したり,ダッシュ([×]ボタン)で背後に回り込んだりしないと,思うようにダメージを与えられないので,やみくもに攻撃するだけではクリアできない

YAIBA: NINJA GAIDEN Z
特殊なアクションの発動に関しては,適宜解説がなされる。こうしたアクションを駆使して閉ざされている道を切り開くことも
YAIBA: NINJA GAIDEN Z
攻撃手段のアップグレードはツリー形式となっており,プレイヤー各自のスタイルや好みに合わせたカスタマイズが可能だ

 続いて,「影牢 〜ダークサイド プリンセス〜」のプロデューサーを務める菊地啓介氏が登壇。菊地氏は,18年の歴史を持つ「影牢」シリーズについて,「“悪”が主人公」「武器がトラップ」という2つの特徴を軸に展開してきたとし,今回もまた多くのアイデアを詰め込んだと話す。

「影牢 〜ダークサイド プリンセス〜」プロデューサー 菊地啓介氏

 菊地氏は「影牢 〜ダークサイド プリンセス〜」の企画にあたり,シリーズのファンを,「残忍なトラップで敵が苦痛に苦しむ様子を楽しむタイプ」「敵が落ちてくるタライに当たったり,バナナの皮で滑ったりする様子を笑って楽しむタイプ」「複数の仕掛けを綿密に配置し,敵が連続でトラップに掛かる様子を楽しむタイプ」の3系統に分類したという。
 そして本作では,各タイプの嗜好に合うよう「残虐」「屈辱」「華麗」の3系統のトラップを用意し,プレイを通じてそれぞれに特化していけるようになっていると話した。

 また本タイトルの新機能として,あらかじめ登録しておいた複数のトラップを,[×]ボタンをタイミングよく押していくだけで次々に発動できる「トラップシーケンス」や,敵に一定の手順でトラップを当てて鎧を破壊し,防御力を大幅に下げる「アーマーブレイク」が紹介された。とくに後者は,敵があられもない姿となるため,視覚的にも楽しめるだろうと菊地氏は語る。

 さらに菊地氏は,本タイトルのプレイで特定の条件を満たすと,「影牢 〜刻命館 真章〜」の主人公「ミレニア」の衣装が使えるようになるとの情報を公開。ゲーム中には,こうした衣装が多数隠されており,それを探し出すのもプレイの楽しみの1つになっているという。

ミレニアの衣装
YAIBA: NINJA GAIDEN Z

 最後に菊地氏は,「影牢 〜ダークサイド プリンセス〜」を「プレイヤーの想像力に訴えかけるゲーム」とし,たとえばリアルで嫌なことがあったときに,本タイトルのトラップコンボで憂さ晴らしするような楽しみ方をはじめ,さまざまな形で遊んでほしいとまとめた。

チュートリアルでは,トラップの仕掛け方と発動,トラップシーケンスの登録やアーマーブレイク,敵の捕獲,トラップの系統など,全10項目にわたって実践を伴う解説がなされる。「影牢」シリーズが初めてという人でも,プレイしやすい親切設計だ
YAIBA: NINJA GAIDEN Z YAIBA: NINJA GAIDEN Z
YAIBA: NINJA GAIDEN Z YAIBA: NINJA GAIDEN Z

「YAIBA: NINJA GAIDEN Z」公式サイト

「影牢 〜ダークサイド プリンセス〜」公式サイト


  • 関連タイトル:

    YAIBA: NINJA GAIDEN Z

  • 関連タイトル:

    YAIBA: NINJA GAIDEN Z

  • 関連タイトル:

    影牢 〜ダークサイド プリンセス〜

  • 関連タイトル:

    影牢 〜ダークサイド プリンセス〜

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月