オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
キングダムカム・デリバランス公式サイトへ
  • DMM GAMES
  • Warhorse Studios
  • 発売日:2019/07/18
  • 価格:通常版:7360円(税別)
    限定版:1万800円 (税別)
読者の評価
82
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/06/27 18:00

イベント

チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

写真はプラハの旧市街広場
画像(002)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
 DMM GAMESが2019年7月18日に発売を予定している「キングダムカム・デリバランス」PC / PS4)の日本語版は,ゲームの舞台となったチェコ共和国が日本国内でのプロモーション活動をサポートしている。

 その一環として,チェコ政府観光局(チェコツーリズム)の案内によるゲームメディア向けのプレスツアーが行われた。4Gamerもツアーに参加し,オロモウツブルノクトナー・ホラという3都市を周ってきた(※)。さらにチェコの首都であるプラハにて「ゴーレムVR」を体験し,リブシーンという街で西洋甲冑祭り「バトル・オブ・リブシーンフェスティバル」に参加してきたので,それらを合わせて写真をメインに紹介しよう。

※同ツアーでは,「キングダムカム・デリバランス」のデベロッパであるWarhorse Studiosやゲームの舞台となったサザーヴァ(ササウ)とラッタイという街も見学している。その模様は[こちら]の記事にて,開発チームや日本語版プロデューサーの松本卓也氏のインタビューとともにお届けしているので目をとおしてほしい

マップは,PS4パッケージ版に封入されるフライヤーに使用されているもの(関連記事)。本稿にて紹介する街の位置はこちらでチェックしてみよう
画像(001)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

「キングダムカム・デリバランス」公式サイト

チェコ政府観光局(チェコツーリズム)公式サイト

関連記事

「キングダムカム・デリバランス」開発会社Warhorse Studios見学レポート。開発チームと日本語版プロデューサーのインタビューを合わせてお届け

「キングダムカム・デリバランス」開発会社Warhorse Studios見学レポート。開発チームと日本語版プロデューサーのインタビューを合わせてお届け

 日本語版「キングダムカム・デリバランス」が,2019年7月18日にDMM GAMESから発売される。本作の舞台であるチェコを巡るプレスツアーに参加してWarhorse Studiosを訪問し,同スタジオの主要メンバーに話を聞いてきたので,日本語版プロデューサーの松本卓也氏のインタビューと共にお届けしよう。

[2019/06/27 18:00]


オロモウツ(Olomouc)


 最初に訪れた街は,9世紀に栄えたモラヴィア王国の首都だったオロモウツ(Olomouc)だ。モラヴィア地方中部の交易路にあったため,商業的な面はもちろん,文化的にも重要な土地として栄え,チェコ国内ではプラハに次ぐ文化財を保有する街となっている。
 プラハから鉄道で2時間〜2時間半ほどかかり,「キングダムカム・デリバランス」の舞台であるボヘミア地方からも離れるが,多くの鉄道で国内外を問わず複数の主要都市とつながっているので,この地を経由してボヘミアとは違った雰囲気を持つモラヴィア地方を巡ってみるのもいいだろう。

画像(004)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

聖ヴァーツラフ大聖堂

 オロモウツで最も古い建築物で,城があったといわれる場所に12世紀に建築された。13世紀以降にロマネスク様式からゴシック様式への建て替えが行われ,19世紀に現在のネオ・ゴシック様式の外装になったという。その特徴となっているのが3つの塔だ。後方に建てられた1つは全長100.6mあり,チェコ国内では2番目に高い塔とのこと。
 隣接する司教宮殿はその一部が大司教区管区博物館として使用され,モラヴィア地方の宗教美術の展示のほか,かつて城だった跡や城壁も見られる場所となっていた。

画像(005)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(003)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
現在はその一部が博物館と礼拝堂として使用されている司教宮殿。若き日のモーツァルトが滞在していたこともあったという
画像(012)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

聖ヴァーツラフ大聖堂とつながっているところにある窓は,11世紀の宮殿の名残をとどめるロマネスク様式の複合窓(写真左)。かつては城塞に囲まれていた“要塞の街”としても知られた街で,司教殿を囲むように残る城壁には狭間(弓を放つ際に用いる穴)も残っていた(写真右)
画像(013)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(014)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(016)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(019)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
馬車や絵画,さまざまな時代に作られた聖マリア像などが展示されていた。地下には,かつてあった城と思しき跡も
画像(018)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

ホルニー広場の聖三位一体柱

 18世紀にペストの収束を記念して建てられたというバロック様式の彫刻だ。2000年にはユネスコ世界文化遺産に登録されている。こういった柱はヨーロッパの各地にあるが,全長32mというのはなかなかない大きさだ。
 同じくホルニー広場にあるオロモウツ市庁舎は,600年ものあいだモラヴィア王国の中心にあったオロモウツの政治と経済の象徴となる建築物だ。残念なことに改装中だったため見られなかったのだが,内部にはゴシック様式の礼拝堂やルネサンス様式のサンルーム,外部には共産主義時代にデザインされた天文時計があり,時代を超えた文化や様式美を感じられる。

画像(022)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
壮大なスケールに圧倒される聖三位一体柱(写真左)と,改修中で見られなかった市庁舎(写真右)
画像(021)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(023)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
ホルニー広場近くにあるドルニー広場。中心の聖母マリア柱は18世紀に建てられたもの
画像(025)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
オロモウツの名物の1つが噴水だ。ネプチューンやヘラクレスといった神々や伝説上の人物を模した噴水が,有名なものだけでも12あるという。古くからあるバロック様式のものから2000年以降に作られたものまで,製作された時代もさまざま
画像(026)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(027)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(028)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
17世紀に建てられた大司教宮殿。大司教管区で最も華やかなバロック様式の建築物(写真左)。かつて武器庫だったという建物が大学の図書館として使われている。プラハ大学に次ぐ歴史を持つパラツキー大学があり,“学生の街”としても知られているという(写真右)
画像(029)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(031)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
学生の街ということで若者も多く,オシャレな建物が並ぶ街中には近代アートや美術館もある
画像(033)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(038)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(030)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

独特な香りが特徴の名産チーズ「トヴァルーシュキ」

 少し横道に逸れるが,現地ガイドに「食べなければもったいない」と勧められた「オロモウツケー・トヴァルーシュキ」を紹介しよう。
 トヴァルーシュキとは,16世紀から作られているという伝統的なチーズで,スイーツショップや専門店,博物館まである,オロモウツを代表する名産品だ。特徴はその独特な香りで,チェコ人の中でも大きく好き嫌いが分かれるという。
 では,どれだけクセがあるのかと思って食べてみると,“塩気の利いた珍味”といった感じで,ビールはもちろんほかの酒のお供にもなりそうな味だった。匂いもそこまで気になるものではなく,納豆や漬物といった日本の食べ物と比べても強くない。なかなかほかの場所では食べられないようなので,現地を訪れた際にはぜひ試してほしい逸品だ。

トヴァールシュキに挑戦(?)したのは,聖ヴァーツラフ大聖堂の近くにある「Long Story Short Hostel & Cafe」。オシャレで人気のあるカフェで,オープンテラスの居心地も格別
画像(039)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(040)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
フライにしたものとパンに乗せたもの。これが一般的な食べ方のようだ
画像(042)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
とにかくビールにはよく合う。筆者はオンラインストアでお取り寄せができるなら頼みたいほど気に入ってしまった
画像(043)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(044)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
中にトヴァルーシュキが練り込まれたパンケーキ。おやきのようなモチモチの食感で,生地やクリーム&ジャムの甘味とトヴァルーシュキの塩気が混じった“甘じょっぱい”風味だった。独特の香りも生きているので,好き嫌いは分かれるかもしれない
画像(045)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介


ブルノ(Brno)


 次に向かったのが,チェコ第2の都市であるブルノ(Brno)。「キングダムカム・デリバランス」の時代ののちに起きたフス戦争や,17世紀の三十年戦争といった大きな戦乱においても堅固な守りで敵対勢力を退け,モラヴィア辺境伯領だった12世紀から現在まで,モラヴィア地方南部の中心地として栄えている。
 オロモウツからブルノへは鉄道で約2時間,プラハからだと2時間30分ほど。歴史的な建築物と近代的な施設が並ぶ魅力的な街で,カフェや飲食店,フリーWi-Fiといった便利なお店やサービスも充実している。モラヴィア地方を巡る際はここを起点にして動くのもいいだろう。

画像(087)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

硬貨鋳造の地下室(Mint Master's Cellar)

 中世の時代から,主に食品保存のために家々が地下室を作り,それが道となってつながり巨大な地下通路として発展したというブルノ。この地下空間は観光ツアーが組まれるほどの名物となっている。
 そのうちの1つが貨幣鋳造の地下室(Mint Master's Cellar)だ。新市庁舎近くに入口がある硬貨鋳造博物館から降りていく地下室は,90年代後半という比較的最近“見つかった”場所で,現在は硬貨鋳造の実演をとおしてその歴史が学べる場所となっていた。

画像(046)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
硬貨の鋳造の歴史や技術に関する展示が並ぶ硬貨鋳造博物館
画像(047)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(048)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(049)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
硬貨鋳造博物館から地下空間に行くと,当時の硬貨の作り方を実演してくれた。なお,地下のスペースはあくまで硬貨の貯蔵庫で,実際は別の場所で製造されていたとのこと
画像(050)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(051)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(052)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

シュピルベルク城

 ブルノの町を見下ろせる高い丘の上にあるのがシュピルベルク城だ。元は13世紀にボヘミア王オタカル2世によって建てられたゴシック式の城塞であり,のちにバロック式の巨大で堅固な要塞に改築された。17世紀以降は牢獄として使用され,窃盗や放火,殺人といった犯罪者だけではなく,政治犯や国家反逆者も収容されたという。
 第二次世界大戦時にはドイツ軍の拠点として使用され,現在は街や城の歴史を伝える博物館となっている。また,展覧会や音楽フェスティバル,演劇といったイベントの会場としても使われており,緑が広がる丘全体が地元の人気スポットとなっている。

画像(054)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(055)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(056)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
いざシュピルベルク城へ……,まっすぐ地上から向かうのではなく,10-Z bunkerというシェルターを通ることに。これは冷戦期に要人用として作られた核シェルターで,実際に使用されていた電話交換機や社会主義時代の書籍など,貴重な設備や資料が残されていた。現在はホテルとしても使われている
画像(057)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(058)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(053)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(061)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(062)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(059)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(063)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
“ヨーロッパで一番恐ろしい刑務所”とも言われた地下牢獄への入口。この地下のほかに,上に登って展示や塔からの眺めを楽しめる観光ルートがある
画像(064)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
拷問を受けているマネキンが置かれていたが,これはあくまで当時のイメージを伝えるもので,実際は城とは違う場所で行われていたとのこと(写真左)。軽い罪の者は地下1階の相部屋に収容され,政治犯や重犯罪者は地下深くの独房に収監された
画像(067)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(068)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
写真左は古くからある通路で,右はドイツ軍が拠点として使っていた場所。時代によって内部も改装されている
画像(065)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(066)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

聖ペテロパウロ大聖堂と広場,旧市庁舎からの眺め

 ブルノ中心部のペトロフ丘にある聖ペテロパウロ大聖堂は,現在の通貨であるコルナの10コルナ硬貨に描かれている,モラヴィア地方の重要な建築物の1つだ。
 12世紀にロマネスク様式の聖堂として建築され,のちにゴシック様式に改装。さらに20世紀には,現在のシンボルとなっているネオ・ゴシック式の双塔が建てられた。今回は中に入れなかったが,塔に登り眺めを楽しんだり,地下室や宝物堂を見学したりできるそうだ。
 大聖堂の塔ほどは高くないが,近くにある旧市庁舎の塔からもブルノ市街地を眺めることができる。ここでは街の伝説となっているブルノのドラゴンが飾られているので,その姿も一見の価値ありだ。

聖ペテロパウロ大聖堂は,正午の鐘が11:00に鐘が鳴ることで有名だ。三十年戦争の際に攻め込んできたスウェーデン軍が,ブルノがあまりに堅固なため「正午までに陥落できなければ撤退する」と決めたことを知り,1時間早く鐘を鳴らして敵を撤退させたという伝説が由来になっているという
画像(071)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
旧市庁舎の入口の飾りにある5本の小尖塔のうち,真ん中の1本が曲がっているのに注目だ。これは満足な報酬をもらえなかった職人が,まっすぐ作るより難しい曲がった小塔を作ることで,技術を誇示し不満を訴えたという説話があるそうだ
画像(072)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(073)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
旧市庁舎からの眺め。絶景だが,塔の上はすれ違うのもギリギリなスペースしかないので高いところが苦手な人は注意
画像(074)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(077)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
13世紀に作られたキャベツ広場は,日曜を除く毎朝,野菜や果物を中心とした市場が開かれている。訪れたのが夕方だったので市場はなかったが,野菜や果物のみを使用したジェラートが可愛らしいワゴンで売られていた
画像(078)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(079)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(080)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
中心にある自由広場。黒い花崗岩で作られた弾丸のような形の天文時計があり,撮影スポットとなっている。トラム(路面電車)も走っている大きな広場で,通り沿いにはオシャレなショップやレストランなどが並んでいた
画像(082)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
地下にある納骨堂で有名な聖ヤコブ教会と,モラヴィア辺境伯ヨブストの像がある聖トーマス教会
画像(235)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(081)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(083)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(084)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
聖トーマス教会にあるヨブスト像と自由広場にある天文時計はどちらも2010年代に作られたもの
画像(085)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(086)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
写真左のPEGASは,ブルノに古くからある醸造所のビール。写真右はイースターの期間限定で販売されるグリーンビール。色付けにも使用されているハーブが効いた独特の風味だった


クトナー・ホラ(Kutná Hora)


 筆者が今回の旅で一番のお気に入りだったのがこのクトナー・ホラ(Kutná Hora)。現在は人口2万人ほどの小さな街だが,13世紀には中央ヨーロッパの3分の1を占める銀産出量を誇り,鋳造された銀貨(プラハ・グロシュ)は中央ヨーロッパ共通の貨幣となって中世ボヘミア王国に大きな富を築いたという。
 中心部が「クトナー・ホラの聖バルボラ教会のある歴史地区とセドレツの聖母マリア大聖堂」としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。日本人観光客も多く,駅にある観光案内所には日本語のパンフレットがあり,ここで紹介する観光地にもそれぞれ日本語ガイドが設置されていた。
 歴史地区の街並みはまさに西洋ファンタジーゲームそのもの。プラハからは鉄道で1時間ほどの距離なので日帰り旅行も可能。中世ヨーロッパを舞台にした作品やRPGファンにはオススメの観光地だ。

画像(152)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

セドレツ納骨堂

 人骨でできたシャンデリアや塔,十字架といった装飾品が本堂中いっぱいに飾られた納骨堂。説話によると元は墓地だった場所で,13世紀にゴルゴダの丘の土が撒かれたことで神聖な土地となり,中央ヨーロッパ中からこの地に埋葬されることを希望する有力者たちが集まったという。
 14世紀のペスト流行や15世紀のフス戦争などで膨大な犠牲者が出たことにより,およそ4万人がこの地に埋葬されたそうだ。死者を弔うための装飾が作られはじめたのが19世紀で,現在あるものは約1万人分の骨を用いて製作されたものだという。

画像(089)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(091)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(088)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(092)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(093)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
入口から奥の祭壇まで,所狭しと人骨の装飾が飾られている。まだ修復中のものも
画像(094)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(095)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(096)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
チェコの有力貴族であるシュヴァルツェンベルグ家の紋章
画像(097)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(098)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
こちらはセドレツ納骨堂の近くにある聖母マリア大聖堂。旧市街地区とともにユネスコの世界遺産リストに登録されている,チェコでも有数の大きさを誇る教会だ。外観は重厚なイメージだが,中はホワイトとベージュを基調とした優しい色合いとなっている
画像(099)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(100)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(101)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

聖バルボラ教会

 ユネスコの世界文化遺産に登録されている旧市街の中心部と言えるのが,聖バルボラ教会だ。その名にあるとおり,鉱山や火を扱うような危険な場所で働く人たちの守護聖人である聖バルボラ(バルバラ)が祀られている。
 建築期間はなんとおよそ500年。中断時期を挟んで1388年から1906年まで,さまざまな時代をまたぐように建築されたため,堂内ではゴシックやルネサンスといったあらゆる様式によって生まれた装飾が観賞できる。

画像(105)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(103)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(107)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(108)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(114)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(115)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
鉱山が重要な街だっただけあり,壁のフレスコ画には銀の採掘や硬貨の鋳造の様子が描かれていた
画像(112)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(110)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
ステンドグラス(正確にいうとガラスに絵が描かれたもののようだ)は,近代になって飾られたものも多い(写真左)。約500年かけて建築された本堂や1996年から2012年まで行われた修復箇所などの資料が,各時代別に時系列を追うように展示されていた(写真右)
画像(104)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

フラーデク(Hrádek)鉱山博物館と地下坑道探索

 クトナー・ホラの繁栄につながる,銀鉱山の歴史や当時の人々の暮らしを学べる鉱山博物館では,実際に人の手によって掘られた坑道を探索できる。
 その規模は膨大で,さらに現在は降りられないほどに深いところまで掘り起こされており,当時の作業の過酷さやそれを担っていた労働者たちの底知れなさを感じられた。

画像(116)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
貨幣鋳造の模様や当時の道具といった展示が多数あった。地下坑道の探索がメインだったためゆっくりとは見られなかったが,とても興味深いものばかりだ
画像(117)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(118)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(120)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(123)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
当時の作業着を模した白い服に,ライトの付いたヘルメットを装着して探索する
画像(124)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(125)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
ところどころに2人並べるくらいの場所はあったが,基本的には一方通行だ
1人が通るのがやっとという幅の道も(写真左)。写真右はライトを1つだけにしたところ。実際の暗さを確かめるためライトを消してみると,すぐ隣の人さえ見えないほどの真っ暗闇に
画像(126)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(127)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

まるでファンタジーゲームの世界のような飲食店

 クトナー・ホラがお気に入りとなった最大の理由が,その街並みと,街のあちこちにある居酒屋やレストランだ。歴史を感じられる石畳の街並みや,まさに西洋ファンタジーのゲームや映画に出てくるような外観や内装のレストランはあまりに魅力的で,街を離れるときは「もう1日だけ,街歩きをする時間を……」と思ったほど。
 再度クトナー・ホラに訪れることがあれば,1日を街歩きとレストラン巡りの日にして,ファンタジー世界の住人気分でのんびり地ビールや料理を楽しみたい。

画像(129)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(130)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(131)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(132)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
セドレツ地区にあるU KATA。現代風の店舗の一角にこじんまりとした古風なスペースがあり,武器や紋章,絵物語が飾られていた
画像(133)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(135)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(136)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(137)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(138)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
旧市街にあるDačický restaurantは,伝統的なチェコ料理やさまざまな種類の地ビールが楽しめる。壁に飾られた絵物語が,プラハも舞台となっている浦沢直樹氏の漫画「MONSTER」の劇中作品「なまえのないかいぶつ」を想起させ,内容は分からないのにとても気になった
画像(144)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(142)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(145)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
こちらも旧市街にあるレストランのV Ruthardce。ロッジ風の広々とした店内やテラス席がある大きな中庭など,何時間でものんびりビールが楽しめるような雰囲気のお店だった
画像(147)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(151)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(148)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(150)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
通りの感じがもう西洋ファンタジーRPGそのもの。路地裏探訪が好きな筆者としては,この石畳の曲がり角や坂道はたまらないものがある
画像(154)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(155)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介



プラハ「ゴーレムVR(Golem VR)」


 今回の旅では,Warhorse Studiosの見学や「キングダムカム・デリバランス」の舞台巡り(詳しくは[こちら])の拠点として滞在したため,ゆっくりと街を巡ることはなかったプラハだが,“チェコがオススメしたい新たなスポット”という「ゴーレムVR」(Golem VR)を体験してみた。

画像(161)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

「ゴーレムVR」公式サイト(英語)


 魔術都市としてさまざまな神秘的な多くの物語を持つプラハでも有名な話の1つが,ラビ(ユダヤ教の神父)のレーヴが作ったとされるゴーレムの伝説だろう。ユダヤ人街の人たちを守るため土から作られた巨人で,制御が効かなくなって暴れまわるようになったところをレーヴによってただの土人形に戻され,今も旧新シナゴークの屋根裏に眠っているという説話だ。
 SF好きには,チェコ出身の作家カレル・チャペックの作品で,“ロボット”という言葉を生んだ戯曲「R.U.R.」の人造人間(ロボット)の設定に影響を与えたことでも知られているだろう。

画像(158)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
特徴的な建物やシナゴーグが並ぶ,プラハのユダヤ人街。写真左下が,屋根裏にゴーレムが眠っているという旧新シナゴーグ
画像(160)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(159)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

 「ゴーレムVR」は,そんなレーヴのゴーレム伝説を元にした物語を最大4名で体験できる施設型VRだ。
 施設はいくつかの部屋に分かれており,16世紀のプラハの街やシナゴーグの中といった風景が部屋ごとに広がる。各地(部屋)にはそれぞれミッションが用意されており,それをクリアすることで次の部屋への扉が開かれ,物語が進行していく。

「ゴーレムVR」は,英国で生まれた世界で最古の大型玩具店ハムリーズ(Hamleys)のプラハ店で体験できる
画像(162)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(163)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(166)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(167)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(168)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(169)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

 Oculus RiftとOptiTrackで構築されているというVR世界のグラフィックスと動きはなめらかで,Leap Motionを使用したハンドトラッキングの精度も高く,大きなズレを感じることはなく快適だった。また,ミッションは,「街の中にある暗号を探し,魔法で閉じられた扉を開く」といった神秘的な謎解きもあれば,「逃げ出したニワトリたちを追いかけて柵の中に戻す」といったユーモアあるものもあった。魔術都市プラハの雰囲気を味わいつつ仲間とワイワイ楽しめるだろう。
 言語は英語とチェコ語で日本語はないが,英語自体は難しくなく話の展開も絵的なところで伝わってくるので,プレイに苦労することはないはずだ。

ハムリーズの入口でお出迎えしてくれるゴーレム(写真左)。日をあらためて話を聞かせてくれた開発者のJakeb Kucera氏(写真右)
画像(164)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(165)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

 「ゴーレムVR」を制作したのは,プラハにある開発スタジオDIVR Labs(公式サイト)。家庭用VRゲーム「Blue Effect VR」(Steamタイトルページ)を制作し,その後に「ゴーレムVR」やSFホラー「Arachnoid VR」といった施設用VRゲームに進出したという。
 「ゴーレムVR」の制作期間は施設の準備を含めて約1年で,同じ部屋を使ってプレイする「Arachnoid VR」は単体で3か月ほどの期間で作られたとのこと。アメリカでの展開を予定しているが,現在はこのプラハのハムリーズでしか体験できない。DIVR Labsは,自分たちが制作したVRゲームを世界中の人に遊んでもらいたいと考えているとのことで,日本を含む世界展開に前向きなようだ。

画像(170)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(171)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(172)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介


28年の歴史を持つ西洋甲冑祭り

バトル・オブ・リブシーンフェスティバル


画像(180)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

 今回のプレスツアーのメインともいえるイベントが,28年という長い歴史を持つ「バトル・オブ・リブシーンフェスティバル」(Bitva Libušín)という西洋甲冑祭りだ。これは総勢1000人という参加チーム(兵団)が2つの軍勢に分かれ,中世の戦いを再現した大規模戦闘を行うというもので,スポンサーとしてWarhorse Studiosもその名を連ねている。
 1対1のチーム戦,武器屋や道具屋といったグッズ販売なども行われていた祭りのメインとなる大規模戦闘は,“蛮族に襲われ占拠された集落を取り戻すため,各地の兵団が連合軍として蛮族の軍勢に挑む”というストーリー仕立てで行われた。

開催地は,プラハから車で1時間ほど行ったところにあるリブシーンという街にあるキャンプ場。天候には恵まれなかったが,多くの人がこの大規模戦闘を観戦しにきていた
画像(181)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(182)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
戦闘は前後半に分かれ,前半は蛮族が集落を襲う小規模戦闘,後半では連合軍対蛮族の1000人規模の一大決戦が行われた
画像(201)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(202)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

 “中世の戦いを再現”ということだが,実際にあった戦いを再現したり,時代を限定したりといったものではなく,参加している兵団は十字軍風やバイキング風,ドイツ騎士団風と時代も地域もバラバラ。戦闘の終盤にはライフルやカノン砲が出てきてド派手に撃ち合うなど,かなり“エンタメ”寄りなものだった。
 さて,通常なら「興味を持った人にはぜひ来年参加してみてほしい」と締めたいところなのだが,なんとBitva Libušínは,本年(2019年)をもっていったん終了となるという。会場となっている場所や周囲の再開発といったさまざまな理由によってリブシーンの開催が難しくなり,新たな場所を探しているとのこと。復活を祈りつつ,大量の写真で迫力ある大規模戦闘を中心にこの祭りの魅力をお伝えしよう。

画像(187)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(185)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
すべての参加兵団が顔見せをしたところ。1000人の戦士が実際に並ぶのは壮観だ
画像(188)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(189)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(190)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
井戸端会議(?)をしている村の女性たちや旅の疲れを癒す兵たちなど,“日常パート”もしっかり描かれていた
画像(193)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(195)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(196)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(197)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
火がかけられ倒壊した小屋の間近で戦闘が行われる場面も
画像(198)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(199)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(200)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(203)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(204)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(205)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(206)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(207)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
カノン砲はその炎と煙はもちろん,耳をつんざくような砲撃音がかなりの迫力だった
画像(208)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
終盤に向かって戦地も広がり,係の人から「足を引っ込めてください!」と言われるほど間近なところでも激戦が繰り広げられた
画像(209)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(210)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
激戦の終了後,水を配る女性とキズを癒しているシスター……と思ってよく見ると,シスターの方はやられた人に血を塗る役だった
画像(211)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(212)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(213)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(214)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
集合写真をお願いしたところ,普通にポーズを取ってくれたかと思いきや,鬨の声をあげて突進。かなりの迫力……
画像(215)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(216)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
ここからは戦場以外の模様をお届けしよう。テントが張られた一角にはさまざまな店があり,店員や往来の人たちの服装も中世ヨーロッパ風で,本当にタイムスリップしたような不思議な感覚だった
画像(217)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(218)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(219)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
楽団の演奏やタカ狩りの体験も行われていた
画像(221)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(222)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
小道具屋や武器屋などが並ぶキャンプは中世ヨーロッパそのものの雰囲気
画像(224)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
子供たちもあちこちで戦争ごっこをしていた。大人たちのルールに従い,攻撃を受けたらやられた振りをしたり,勝者が勝ち名乗りを上げたりしてとても可愛い
画像(225)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(226)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(227)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
ちびっ子軍団に単騎で挑み,返り討ちに合う若者も
画像(228)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(229)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
大人がついていてルールも守っているようだったが,微笑ましさを感じつつも「ほんとにケガ大丈夫?」と,小さな子を持つ父でもある筆者はいらぬ心配をしてしまう
画像(230)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
すべてのプログラムが終わったが,多くの兵団は戦場に残ったまま。なにをしているのか聞いてみるといわゆる“マッチング待ち”で,本戦では戦い足りないという兵団がこの場に残って,気の済むまで対戦をするのだという。果たして何時まで戦いは繰り広げられたのだろうか
画像(232)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介 画像(233)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介
画像(234)チェコの各地を巡る「キングダムカム・デリバランス」のプレスツアーをレポート。政府観光局オススメの街やスポットを紹介

「キングダムカム・デリバランス」公式サイト

チェコ共和国 政府観光局(チェコツーリズム)公式サイト

  • 関連タイトル:

    キングダムカム・デリバランス

  • 関連タイトル:

    キングダムカム・デリバランス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
47
マジカミ (BROWSER)
2019年03月〜2019年09月