オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
巨大なサメが海を恐怖に染める。スマートフォン向けアクション「Hungry Shark Evolution」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第332回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/08/21 10:00

連載

巨大なサメが海を恐怖に染める。スマートフォン向けアクション「Hungry Shark Evolution」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第332回


スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。 そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,リゾートビーチが舞台のアクションゲーム「Hungry Shark Evolution」iOS / Android)を紹介しよう。プレイヤーが巨大なサメ(REEF SHARK)を操作し,海上や海中に生息する生物(人間を含む)を捕食するという,往年のパニック映画を思わせる内容となっている。
 一見無敵に思えるサメだが,海中には毒を持つ危険生物がいるほか,武器を携行したダイバー,浮遊機雷などの敵も多い。サメは食物連鎖の頂点に立つことができるのか?

iOS版,Android版ともに無料でダウンロードできる
ハングリーシャーク エボリューション ハングリーシャーク エボリューション

iOS版「Hungry Shark Evolution」ダウンロードページ

Android版「Hungry Shark Evolution」ダウンロードページ


 ゲーム画面は海中を横から見た視点で,端末の傾きによってサメを上下左右へ動かせる(バーチャルパッドによる操作への変更も可能)。また,画面をホールドすると,スタミナを消費して高速移動する「ブースト」が使用できる。基本的な操作はこの2つだけだ。
 サメの頭部を生物にぶつければ捕食でき,スコアと経験値が加算されるほか,体力が回復する。サメの体力は時間経過と共に減っていき,一定以上の深さに潜るとそのスピードが上がるので,プレイを続けるにはどんどん捕食していかなければならないのだ。

 なお,ときおり出現する金色の生物を捕食すると,サメの能力強化に使用できるゴールドが手に入る。そして,捕食によって少しずつたまる画面下中央のゲージが満タンになると「ゴールドラッシュ」が発動し,一定時間すべての敵が金色になるので,このチャンスを逃さずにしっかりゴールドを稼ごう。

魚だろうが亀だろうが人間だろうが,貪欲に捕食しなければならないが,人間の捕食シーンは,人によっては少々きついかも
ハングリーシャーク エボリューション ハングリーシャーク エボリューション

 さて,冒頭でも触れたように,サメは決して無敵ではない。例えば,毒を持つ「ミノカサゴ」「クラゲ」といった生物は捕食できず,接触すると逆にダメージを受けてしまう。
 また,「ハリセンボン」「ダイバー」は,捕食可能な生物だが,サメに気づくと,ハリセンボンは膨らんでトゲトゲになったり,ダイバーは銛を撃ってきたりといった手段で攻撃してくるので,襲うときは十分に警戒しよう。

 サメにとってもっとも恐ろしい敵が,海中を漂う「浮遊機雷」だ。浮遊機雷は小と大の2種類があり,接触すると小は体力の約50%,大はほぼ100%のダメージを受けてしまう。調子に乗ってブーストでスイスイ移動していると,一瞬でゲームオーバーになってしまうこともあるので要注意だ。

ハングリーシャーク エボリューション ハングリーシャーク エボリューション ハングリーシャーク エボリューション

 本作には,じっくり遊び込むための要素も豊富に用意されている。サメの経験値が貯まるとレベルアップしてサイズが大きくなり,最大サイズまで成長すると,より速く,深いところまで潜れる,別の種類のサメが使えるようになる。
 また,前述したゴールドを使えば,「BITE」「SPEED」「BOOST」という3つのパラメータをアップさせて,サメを強化できるのだ。

ハングリーシャーク エボリューション ハングリーシャーク エボリューション

 ちょっぴりブラックな一面はあるものの,操作性が良好で,アクションゲームとしての完成度が高い本作。まだまだ暑い日が続きそうなので,海の中をすいすい泳ぐつもりでプレイしてみるのもいいのではないだろうか。

著者紹介:トリスター/慈空宇砂利
 ゲームやアニメなどの書籍や解説書,そして広告制作などを行う編集プロダクション「トリスター」のライター。1プレイで完結するアーケードスタイルのゲームが好み。スマートフォン向けタイトルが増えてきたことに喜んでいる。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    ハングリーシャーク エボリューション

  • 関連タイトル:

    ハングリーシャーク エボリューション

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日