オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[CES 2014]キャラクターとの一体感が味わえる体感型VRデバイスの決定版? Virtuix「Omni」のデモプレイムービーを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/01/10 00:00

イベント

[CES 2014]キャラクターとの一体感が味わえる体感型VRデバイスの決定版? Virtuix「Omni」のデモプレイムービーを掲載

[CES 2014]キャラクターとの一体感が味わえる体感型VRデバイスの決定版? Virtuix「Omni」のデモプレイムービーを掲載
 2012年夏にKickstarterでのクラウドファンディングに成功し,ゲーマーからの注目を集めたVirtuixの体感型VRデバイス「Omni」が,2014 International CES会場に出展されていた。
 まるで“全方位型ルームランナー”のようなOmniは,プレイヤーの足運びをゲームキャラクターの移動に対応させるという,なかなか興味深い入力デバイスだ。会場で行われていたデモでは,プレイヤーがOculus Riftを装着し,市販のXbox 360用ガンコントローラをPCに接続してFPSを遊んでいた。デモではOculus Riftを使っていたが,一般的なヘッドマウントディスプレイにも対応可能だという。


 ムービーを見れば,従来の体感型VRデバイスとは比較にならない,プレイヤーとキャラクターの自然な一体感が理解できるだろう。アミューズメント施設やテーマパークでも体験できなかったほどのバーチャル体験が,自宅で満喫できる時代がやってきたのである。

 Omniの腰部分のリングは,プレイヤーが360度自由に動き回ってもずれないようにするサポーターでしかない。Omniの最重要部分は,プレイヤーの足運びをキャラクターに連動させるための,足下の巨大トラックパッドなのだ。
 トラックパッドには8分割されたセンサーが内蔵されており,これによってプレイヤーの向きを認識し,移動速度の変化やジャンプなどのアクションを実現させる。プレイヤーからの荷重を高精度で認識させるための専用シューズも開発されているそうだ。

[CES 2014]キャラクターとの一体感が味わえる体感型VRデバイスの決定版? Virtuix「Omni」のデモプレイムービーを掲載

 プレイ中の安定感を向上させるために,総重量は50kg程度になっているのだが,アメリカンサイズのリビングルームならそう邪魔にならない大きさに抑えられている。

[CES 2014]キャラクターとの一体感が味わえる体感型VRデバイスの決定版? Virtuix「Omni」のデモプレイムービーを掲載
 気になるのは販売価格は,専用シューズ込みで499ドルとのこと。CES期間中は「FullVR」というプロモーションコードを利用することで,公式サイトでの販売価格が449ドルに値下げされている。なお専用シューズは,1セットあたり49.99ドルで追加購入が可能だ。

 Omniの真の実力を引き出すには,「Oculus Rift」などのヘッドマウントディスプレイも必要になるし,日本の住環境にはちょっと大きすぎるデバイスではあるが,ゲーマーなら誰もが一度は試してみたいと思うのではないだろうか。Virtuixでは現在,Kinectへの対応も進めているとのことなので,Omniが生み出すヴァーチャルリアリティ体験は,さらに自然なものになっていくはずだ。今後の展開にも大いに注目したい。

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日