オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

CEDEC/コ・フェスタゲーム開発者セミナー

このページの最終更新日:2017/06/19 14:42

rss

 今年(2007年)から経済産業省の支援によって「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」(コ・フェスタ)が「東京ゲームショウ 2007」から10月28日の「東京国際映画祭」まで並行して開催された。「CEDEC/コ・フェスタゲーム開発者セミナー」はその一環として,CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)の主催のもと,ゲームおよびコンテンツ産業の人材育成と国際競争力の強化を目的として実施された。期間は9月24日〜25日で,場所はCEDEC 2007と同じく東京文京区の東京大学構内。海外からのスピーカーを含む12のセッションが行われている。


  • このページのURL:

キーワード

下線

「CEDEC 2017」セッション情報の第1弾が公開,「FFXV」の移動制御や「バイオハザード7」の破壊表現など。今年はWeb聴講も

「CEDEC 2017」セッション情報の第1弾が公開,「FFXV」の移動制御や「バイオハザード7」の破壊表現など。今年はWeb聴講も

 コンピュータエンターテインメント協会は本日,2017年8月30日〜9月1日にかけて開催する「CEDEC 2017」に関して,セッション情報の第1弾を発表した。受講申込は7月1日に開始され,従来のパスに加えてWeb上で聴講できるタイムシフトパスも発売される。

[2017/06/19 14:42]

「CEDEC 2017」,スポンサープログラムの募集がスタート

[2017/03/14 12:32]

CEDEC 2017のテーマはチャレンジ精神を表現した「Breakthrough to Excellence!」に決定。セッション講演者の一般公募が本日スタート

CEDEC 2017のテーマはチャレンジ精神を表現した「Breakthrough to Excellence!」に決定。セッション講演者の一般公募が本日スタート

 2017年8月30日から9月1日まで神奈川・パシフィコ横浜会議センターで開催されるCEDEC 2017。CESAとCEDEC運営委員会は本日,CEDEC 2017のテーマが「Breakthrough to Excellence!」となったことを発表した。合わせて本日は,セッション講演者の一般公募が開始されている。応募は4月2日までだ。

[2017/02/01 13:43]

開発者カンファレンス「CEDEC 2017」は神奈川・パシフィコ横浜で2017年8月30日から9月1日まで開催へ。セッション講演者の募集要項も発表

開発者カンファレンス「CEDEC 2017」は神奈川・パシフィコ横浜で2017年8月30日から9月1日まで開催へ。セッション講演者の募集要項も発表

 CESAとCEDEC運営委員会は本日,日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC」の,2017年の開催日程を発表した。CEDEC 2017の開催場所は例年通り神奈川・パシフィコ横浜会議センターで,2017年8月30日から9月1日までの開催となる予定。セッション講演者の募集要項も明らかになっている。

[2016/12/16 13:39]

「CEDEC+KYUSHU 2016」の講演情報が公開。VR体験会なども開催へ

「CEDEC+KYUSHU 2016」の講演情報が公開。VR体験会なども開催へ

 CEDEC+KYUSHU 2016実行委員会は本日,10月22日に福岡市・九州大学大橋キャンパスで開催となる開発者カンファレンス「CEDEC+KYUSHU 2016」の,各種講演の詳細を公開した。レベルファイブの代表・日野晃博氏の開幕講演で幕を開ける本カンファレンス。VR(仮想現実)関連デバイスの体験イベントなども実施となる予定だ。

[2016/10/13 15:33]

10月22日開催「CEDEC+KYUSHU 2016」で実施される全30セッションが決定。全7機種が集まるVR体験会や「FFXV」試遊も開催

10月22日開催「CEDEC+KYUSHU 2016」で実施される全30セッションが決定。全7機種が集まるVR体験会や「FFXV」試遊も開催

 2016年10月22日に福岡市の九州大学 大橋キャンパスで開催される「CEDEC+KYUSHU 2016」で実施される全30セッションが決定したことが発表された。レベルファイブの日野晃博氏と長野拓造氏などの講演ほか,全7種類のVRが集まったVR体験会や,「FFXV」試遊会などの実施情報も公開されている。

[2016/09/23 21:44]

[CEDEC 2016]果たしてAIはRPGをクリアできるのか? AIによるテストプレイでゲームのクオリティを高める技術とは

[CEDEC 2016]果たしてAIはRPGをクリアできるのか? AIによるテストプレイでゲームのクオリティを高める技術とは

 CEDEC 2016では,AIに関する発表も数多く見られた。そんな中で,ゲームの内部で駆動するAIではなく,ゲームの開発や運営をより効率化するためにAIを使うという講演があったので,レポートしよう。AIがゲームのテストプレイをすることでバランス調整を図ろうとするこの試みは,どのような成果を挙げているのだろうか?

[2016/09/01 20:34]

[CEDEC 2016]“弱点を利用するゲームデザイン”とは? VRボードゲーム「アニュビスの仮面」の制作者が語ったセッションをレポート

[CEDEC 2016]“弱点を利用するゲームデザイン”とは? VRボードゲーム「アニュビスの仮面」の制作者が語ったセッションをレポート

 CEDEC 2016ではVR関連のセッションが数多く行われていたが,中でも異彩を放っていたのが,VRボードゲーム「アニュビスの仮面」をデザインした濱田隆史氏によるセッションだった。“弱点”を利用するゲームデザインが語られたその模様をレポートしよう。

[2016/08/31 14:32]

[CEDEC 2016]日本で働く海外のクリエイターがパネルディスカッションで明かした,「日本ならでは」のゲームとは

[CEDEC 2016]日本で働く海外のクリエイターがパネルディスカッションで明かした,「日本ならでは」のゲームとは

 「ガラパゴス化」という言葉がときに幅を利かせるように,日本のゲーム(およびゲーム産業)は「世界と違う」と語られることは珍しくない。しかしながら,この「日本ならではのゲーム」とはどんなゲームなのだろう? 日本在住の海外出身ゲーム開発者が,その謎に迫った。

[2016/08/29 20:24]

[CEDEC 2016]A4の紙1枚にすべてを込めろ! プロアマ問わずの企画書バトル「PERACON2016」をレポート

[CEDEC 2016]A4の紙1枚にすべてを込めろ! プロアマ問わずの企画書バトル「PERACON2016」をレポート

 「CEDEC 2016」の最終日となる2016年8月26日に,ゲーム企画コンテスト「PERACON2016 〜ガチバトル,カムバック!〜」の結果発表が行われた。CEDEC参加者が応募した195本もの作品から1位に選ばれたのは,果たしてどんな企画だったのか。

[2016/08/27 16:09]

[CEDEC 2016]堀井雄二氏と齊籐陽介氏がドラゴンクエストシリーズを振り返った基調講演をレポート。ゲームデザイナーには「発想力」「忍耐」「勇気」が必要

[CEDEC 2016]堀井雄二氏と齊籐陽介氏がドラゴンクエストシリーズを振り返った基調講演をレポート。ゲームデザイナーには「発想力」「忍耐」「勇気」が必要

 CEDEC 2016の3日目にあたる2016年8月26日,ゲームデザイナーの堀井雄二氏と,スクウェア・エニックスの齊籐陽介氏による基調講演が行われた。開発中の「ドラゴンクエストXI」についても語られた講演の模様をレポートしよう。

[2016/08/27 13:25]

[CEDEC 2016]「自衛隊コレクション」はどのように生まれたのか? 政府広報ゲームの開発ノウハウと,その未来が語られたセッションをレポート

[CEDEC 2016]「自衛隊コレクション」はどのように生まれたのか? 政府広報ゲームの開発ノウハウと,その未来が語られたセッションをレポート

 思わぬ高難度でネットの話題をさらった自衛隊公式ゲーム「自衛隊コレクション」。同作を始めとして,政府や地方自治体が展開しているゲームははどのように作られているのだろうか。東京電機大学の非常勤講師である蔵原 大氏のセッションをレポートしよう。

[2016/08/26 18:24]

[CEDEC 2016]作品の価値を摩耗させないためにーー「チェンクロ」の事例を交えて“運用で摩耗しない”基礎設計手法が紹介されたセッションをレポート

[CEDEC 2016]作品の価値を摩耗させないためにーー「チェンクロ」の事例を交えて“運用で摩耗しない”基礎設計手法が紹介されたセッションをレポート

 CEDEC 2016で,「チェインクロニクル」の総合ディレクターを務めるセガ・インタラクティブの松永 純氏が講演を行った。本稿では,「スマホゲームにおけるゲーム性と物語性の“運用で摩耗しない”基礎設計手法 〜チェインクロニクル3年の運用と開発の事例を交えて〜」と題されたセッションの模様をレポートしよう。

[2016/08/26 17:40]

[CEDEC 2016]「Fate/Grand Orderを支える、“非常識”な企画術。」聴講レポート。FGOが“ソシャゲの常識”を全否定した理由とは?

[CEDEC 2016]「Fate/Grand Orderを支える、“非常識”な企画術。」聴講レポート。FGOが“ソシャゲの常識”を全否定した理由とは?

 CEDEC 2016のセッション「Fate/Grand Orderを支える、“非常識”な企画術。」が2016年8月25日に開催された。登壇した塩川洋介氏は,「Fate/Grand Order」がKPIやソーシャル性,継続運営といったソーシャルゲームの常識を全否定したゲームであるという。その裏にはどのような意図が込められているのか,セッションの模様をレポートしよう。

[2016/08/25 21:33]

[CEDEC 2016]パズドラをポケモンのようにすれば欧米でヒットする? 欧米で日本のゲームを成功させる方法が語られたセッションをレポート

[CEDEC 2016]パズドラをポケモンのようにすれば欧米でヒットする? 欧米で日本のゲームを成功させる方法が語られたセッションをレポート

 日本と欧米で好まれるゲームに大きな違いがあることは今さら言うまでもないが,現在開催中のCEDEC 2016で,「欧米で日本のゲームを成功させる方法 How to make Japanese games work in the West」という興味深いセッションが開催された。本稿でその模様をレポートしよう。

[2016/08/25 21:08]

[CEDEC 2016]日本のアナログゲーム市場の今と,その特徴。「アナログゲームが熱いって本当?」講演レポート

[CEDEC 2016]日本のアナログゲーム市場の今と,その特徴。「アナログゲームが熱いって本当?」講演レポート

 日本のアナログゲームが海外のパブリッシャによってローカライズされたり,「ゲームマーケット」の来場者が1万人を超えたりなど,着実に注目度が高まるアナログゲーム。そんなアナログゲーム市場の現状が,CEDEC 2016で語られた。

[2016/08/25 15:30]

[CEDEC 2016]シリアスゲームやゲーミフィケーションデザインの新たな指針? EMCE Frameworkとは何か

[CEDEC 2016]シリアスゲームやゲーミフィケーションデザインの新たな指針? EMCE Frameworkとは何か

 シリアスゲームゲーミフィケーションといった分野は常に,「それって本当に効果があるの?」「どれくらい効果があるの?」といった疑問に晒される。これに答えるのはなかなか難しいが,CEDEC恒例のポスター展示でその方法論が提示されていたので,紹介しよう。

[2016/08/25 14:09]

[CEDEC 2016]日本最大のゲーム開発者会議「CEDEC 2016」が開幕

[CEDEC 2016]日本最大のゲーム開発者会議「CEDEC 2016」が開幕

 日本最大のゲーム開発者会議「CEDEC 2016」が本日(2016年8月24日),神奈川県のパシフィコ横浜で開幕した。3日間で約210のセッションが予定されているが,その中でも目立つのはやはりVR(仮想現実)関係で,業界の関心の高さを示していると言えそうだ。

[2016/08/24 18:15]

“ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート2016”調査の速報版データが公開。経験年数は「9年以下」が増加,平均年収は28.3万円の下落

“ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート2016”調査の速報版データが公開。経験年数は「9年以下」が増加,平均年収は28.3万円の下落

 コンピュータエンターテインメント協会は本日(2016年8月23日),CEDEC 2016に関して実施した“ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート2016”調査の速報版データを公開した。今回の有効回答数は昨年比で約10倍となっており,例年よりも実態に則したデータが得られているとのことだ。

[2016/08/23 12:12]

シリコンスタジオ,CEDEC 2016のスポンサーセッションで同社HDR対応の最新情報を公開へ。ブースではMizuchi美人こと「YURI」さんの最新版を披露

シリコンスタジオ,CEDEC 2016のスポンサーセッションで同社HDR対応の最新情報を公開へ。ブースではMizuchi美人こと「YURI」さんの最新版を披露

 シリコンスタジオは本日,コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス・CEDEC 2016に出展し,同社が取り組むHDR出力対応の最新情報を,スポンサーセッションで公開すると発表した。さらに同社ブースでは,リアルタイムレンダリングエンジン「Mizuchi」の技術デモ「YURI」(最新版)も披露するらしい。

[2016/08/19 14:40]

CEDEC 2016の全210セッションが確定。ライブ配信スケジュールやコンセプトシートコンテスト「PERACON」などの最新情報も公開に

CEDEC 2016の全210セッションが確定。ライブ配信スケジュールやコンセプトシートコンテスト「PERACON」などの最新情報も公開に

 CESAとCEDEC運営委員会は本日,コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス・CEDEC 2016全210セッションが決まったことを発表した。一部セッションはライブ配信が行われる予定で,その配信スケジュールも公開。「PERACON」や,特別企画「VR Now !」の実機展示による体験会に関する情報も明らかになっている。

[2016/08/18 14:42]

8月24日から開催の開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」のセッション情報第1弾が公式サイトで公開に

8月24日から開催の開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」のセッション情報第1弾が公式サイトで公開に

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は本日(2016年6月20日),8月24日から26日にかけて開催する日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」セッション情報第1弾を公開した。今回公開されたのは,合わせて63件のセッション情報だ。

[2016/06/20 13:04]

「CEDEC 2016」スポンサープログラムの募集がスタート。お得なセット割引も

[2016/03/10 11:41]

「CEDEC 2016」の開催日が2016年8月24日から26日に決定。講演者の募集要項も公開

「CEDEC 2016」の開催日が2016年8月24日から26日に決定。講演者の募集要項も公開

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は本日,日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「Computer Entertainment Developers Conference」(CEDEC)の2016年開催日程を発表した。会期は,2016年8月24日から26日までで,会場は例年どおり神奈川県横浜市のパシフィコ横浜となる。

[2015/12/15 16:15]

「KYUSHU CEDEC 2015」の追加セッション・タイムテーブルが公開に

[2015/09/03 18:35]

[CEDEC 2015]「誰でも神プレイできるジャンプアクションゲーム」を通じて得られた「上達するための経験」とは

[CEDEC 2015]「誰でも神プレイできるジャンプアクションゲーム」を通じて得られた「上達するための経験」とは

 CEDEC 2015のインタラクティブセッションでは,昨年の「誰でも神プレイできるシューティングゲーム」に続き,「誰でも神プレイできるジャンプアクションゲーム」が展示されていた。なるほど,前年と同じくプレイヤーの入力を自動的に補正してくれるゲームデザインが――と思いきや,そこにはちょっと意外なデータが示されていたのでレポートしたい。

[2015/08/31 21:35]

[CEDEC 2015]画像認識ではすでに人間を凌駕。ディープラーニングが日本を再生する

[CEDEC 2015]画像認識ではすでに人間を凌駕。ディープラーニングが日本を再生する

 CEDEC 2015最終日の2015年8月28日,「人工知能の未来 -- ディープラーニングの先にあるもの」と題した招待講演が行われた。東京大学大学院准教授で,人工知能学会の倫理委員長を務める松尾豊氏が,ディープラーニングの成果の意味と,その将来を語った講演の模様をお届けしよう。

[2015/08/29 19:17]

[CEDEC 2015]“目的のつながり方”でゲームを分析する手法「UOSモデル」が紹介されたセッションをレポート

[CEDEC 2015]“目的のつながり方”でゲームを分析する手法「UOSモデル」が紹介されたセッションをレポート

 CEDEC 2015の2日目にあたる2015年8月27日に,日本デジタルゲーム学会の井戸里志氏が「目標の構造としてのゲーム ―ゲームデザイン分析手法『UOSモデル』の提案―」と題したセッションを行った。「目的のつながり」でゲームを分析するという新手法が紹介されたその内容を紹介しよう。

[2015/08/29 16:12]

[CEDEC 2015]ビジネスモデルを変えなければコンシューマゲームに未来はない,モバイルはブラックホールに? テクノロジーからゲーム業界の未来を探る

[CEDEC 2015]ビジネスモデルを変えなければコンシューマゲームに未来はない,モバイルはブラックホールに? テクノロジーからゲーム業界の未来を探る

 CEDEC 2015の2日目,ゲーム業界の技術動向を探る「ネクスト・レベルに到達するためのテクノロジー戦略 A technology strategy to reach the next level」と題した講演が行われた。これからゲーム業界でエコシステムを構築していくにあたって,今後の5年間でどのような技術が必要か,市場はどうなるのかなどの予測をまとめた内容だ。

[2015/08/28 22:33]

[CEDEC 2015]「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」「ねこあつめ」「スマブラ」「Ingress」の開発チームが「CEDEC AWARDS」最優秀賞を受賞

[CEDEC 2015]「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」「ねこあつめ」「スマブラ」「Ingress」の開発チームが「CEDEC AWARDS」最優秀賞を受賞

 コンピュータエンターテインメント開発の進歩へ功績のあった技術や開発者に贈られる「CEDEC AWARDS 2015」の最優秀賞が本日(2015年8月27日)発表された。「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」「ねこあつめ」「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U/3DS」「Ingress」などの開発チームが受賞している。

[2015/08/27 20:59]

[CEDEC 2015]Unity上でVOCALOIDの歌声をシームレスに利用できる開発環境「VOCALOID for Unity」の可能性を開発者に聞く

[CEDEC 2015]Unity上でVOCALOIDの歌声をシームレスに利用できる開発環境「VOCALOID for Unity」の可能性を開発者に聞く

 CEDEC 2015の初日に合わせて,ヤマハとユニティ・テクノロジーズ・ジャパンが発表した「VOCALOID for Unity」。これは,「Unity」上でVOCALOIDの歌声合成エンジンがシームレスに利用できるという触れ込みの開発環境のことだが,それは具体的にどういう意味なのだろうか。Unityブースを訪ねて,開発者に直接話を聞いてみることにした。

[2015/08/27 18:28]

[CEDEC 2015]読者参加型“3D小説”ではどんな試みがなされたのか。イシイジロウ氏らが現実世界を巻き込んだ施策やARGの未来を語った

[CEDEC 2015]読者参加型“3D小説”ではどんな試みがなされたのか。イシイジロウ氏らが現実世界を巻き込んだ施策やARGの未来を語った

 2015年8月26日から28日まで,神奈川県のパシフィコ横浜にてゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2015」が開催されている。その初日,読者参加型Web小説である“3D小説”「bell」をテーマとした「現実世界のプレイヤーとデジタル世界のキャラクターの理想的なコミュニケーションのあり方とは?」と題するセッションが行われた。

[2015/08/27 15:31]

KYUSHU CEDEC 2015の特別講演に漫画家・原 泰久氏が登壇

[2015/08/20 19:49]

ゼンリン,CEDEC 2015に3D都市モデルデータと位置情報の活用例を出展

[2015/08/20 15:30]

シリコンスタジオ,CEDEC 2015ではオンライン技術について講演

[2015/08/19 20:08]

CEDEC 2015の全224セッションが確定。「プロシージャル」「ディープ・ラーニング」などトレンドといえる技術のセッションに注目

CEDEC 2015の全224セッションが確定。「プロシージャル」「ディープ・ラーニング」などトレンドといえる技術のセッションに注目

 2015年8月26日から28日まで神奈川・パシフィコ横浜で開催されるコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス・CEDEC 2015。同イベントで実施される全224セッションが確定した。「プロシージャル」や「ディープ・ラーニング」など,トレンドに合わせたセッションが行われるようだ。

[2015/08/19 15:21]

「CEDEC AWARDS 2015」で「スペースインベーダー」の西角友宏氏,「パックマン」の岩谷 徹氏が特別賞を受賞

「CEDEC AWARDS 2015」で「スペースインベーダー」の西角友宏氏,「パックマン」の岩谷 徹氏が特別賞を受賞

 パシフィコ横浜で2015年8月末に開催される「CEDEC 2015」。その開催に先駆け,「CEDEC AWARDS」の,2015年の特別賞および著述賞が発表された。そのほか「エンジニアリング」「ビジュアル・アーツ」「ゲームデザイン」「サウンド」「ネットワーク」5部門の優秀賞授賞者も決定したようだ。

[2015/07/17 14:13]

「KYUSHU CEDEC 2015」,日野晃博氏の基調講演が決定。受講受付&スポンサー募集が開始

[2015/07/15 20:17]

CEDEC 2015の基調講演者が決定。レベルファイブ・日野晃博氏,慶應義塾大学・中村伊知哉氏,ライゾマティクス・真鍋大度氏が登壇

CEDEC 2015の基調講演者が決定。レベルファイブ・日野晃博氏,慶應義塾大学・中村伊知哉氏,ライゾマティクス・真鍋大度氏が登壇

 パシフィコ横浜で2015年8月26日から28日まで開催される開発者向けカンファレンス・CEDEC 2015。CESAとCEDEC運営委員会は本日,CEDEC 2015基調講演を行う講演者と,各講演のテーマを発表した。レベルファイブ代表取締役社長/CEOの日野晃博氏ら3人が,それぞれの領域で知見を披露してくれるようだ。

[2015/07/10 12:46]

「CEDEC 2015」受講受付&「ゲーム開発者の生活と意識に関する調査」が本日スタート。地方版CEDEC「KYUSHU CEDEC 2015」開催の情報も

「CEDEC 2015」受講受付&「ゲーム開発者の生活と意識に関する調査」が本日スタート。地方版CEDEC「KYUSHU CEDEC 2015」開催の情報も

 CESAとCEDEC運営委員会は,開発者向けカンファレンス・CEDEC 2015受講受付を,本日開始した。合わせて,ここ数年,CEDEC開催に伴って実施されている「ゲーム開発者の生活と意識に関する調査」も開始。CEDECの地方版となる,「KYUSHU CEDEC 2015」が開催されることも明らかになっている。

[2015/07/01 13:30]

[CEDEC 2014]3Dモーションデータから擬音語を自動生成。音がなくても擬音語が自動的に表示される技術とは

[CEDEC 2014]3Dモーションデータから擬音語を自動生成。音がなくても擬音語が自動的に表示される技術とは

 漫画ではおなじみの擬音語だが,昨今ではアニメやゲームでも画面に擬音語が表示されることがしばしばだ。この擬音語を3Dのモーションデータだけを元に,自動的に生成する技術がCEDEC 2014で発表された。さまざまな可能性を感じさせるこの技術だが,いったい何がどこまで可能なのだろうか?

[2014/09/10 19:25]

[CEDEC 2014]「誰でも神プレイできるシューティングゲーム」を実現する技術とは。その鍵は真の難度と見かけの難度の違いにあった

[CEDEC 2014]「誰でも神プレイできるシューティングゲーム」を実現する技術とは。その鍵は真の難度と見かけの難度の違いにあった

 2014年9月2日から4日にかけて,日本最大のゲーム開発者会議「CEDEC 2014」が開催された。その中心は講演やパネルディスカッションであるが,「インタラクティブセッション」と題された大型ポスターとデモマシンによる展示企画も非常に多かった。その中から「誰でも神プレイできるシューティングゲーム」というセッションを紹介したい。

[2014/09/09 15:07]

[CEDEC 2014]将棋でプロを倒したAIが,次に狙うのは人狼。「人狼知能」プロジェクトに迫る

[CEDEC 2014]将棋でプロを倒したAIが,次に狙うのは人狼。「人狼知能」プロジェクトに迫る

 将棋の「電王戦」で,AIがプロ棋士を次々と破る様子は多くの人に衝撃を与えたが,CEDEC 2014では,かつて「2015年までにAIがトップ棋士に勝ちます」と宣言した松原 仁氏「将棋の次は人狼か?」と題したセッションを開催した。AIが人狼で人間に勝つとは,今度こそ無謀な挑戦に思えるが……。

[2014/09/05 21:00]

[CEDEC 2014]サイバーコネクトツーとドリコムの異業種協業体制における成功と失敗とは――「フルボッコヒーローズ」における事例を紹介

[CEDEC 2014]サイバーコネクトツーとドリコムの異業種協業体制における成功と失敗とは――「フルボッコヒーローズ」における事例を紹介

 2014年9月2日から4日にかけて開催されたCEDEC 2014の2日めに,「事前登録者数45万人を獲得した施策『フライングゲットガチャ』 良策を連発する為の異業種協業体制とは!?」というセッションが行われた。本稿では,サイバーコネクトツーの松山 洋氏やドリコムの長谷川敬起氏らが登壇し,“成功と失敗”を語ったセッションをレポートしよう。

[2014/09/05 17:14]

[CEDEC 2014]セガのリードプログラマーが語った,PS4ローンチタイトル「龍が如く 維新!」ができるまで。いかにして60fps化を成し遂げたのか

[CEDEC 2014]セガのリードプログラマーが語った,PS4ローンチタイトル「龍が如く 維新!」ができるまで。いかにして60fps化を成し遂げたのか

 セガの「龍が如く 維新!」は,PS4のローンチタイトルとして2014年2月に発売された。同作はPS3版も同日発売だったため,当然ながら両機種版の開発は並行して行われたわけだ。CEDEC 2014では,PS4版の開発にあたったリードプログラマーが,開発時に遭遇した問題点をわりと生々しく語ってくれるセッションが行われたので,その概要を紹介する。

[2014/09/05 16:14]

[CEDEC 2014]働きながら本を書くにはどうすればいいのか? そんな疑問に答える講演「執筆のススメ 〜会社勤めをしながら著述賞をとる方法〜」

[CEDEC 2014]働きながら本を書くにはどうすればいいのか? そんな疑問に答える講演「執筆のススメ 〜会社勤めをしながら著述賞をとる方法〜」

 会社勤めをしながら本を書き,しかも賞までもらってしまうなんて,成しとげた人がいるなら,その話を聞きたい。という人の興味を満たすのが,CEDEC 2014の最終日に行われた「執筆のススメ 〜会社勤めをしながら著述賞をとる方法〜」と題された講演だ。会社勤めをしているが,本を書いてみたいと思う人は,ぜひ一読してほしい。

[2014/09/05 14:42]

[CEDEC 2014]ナムコ作品で見る乱数の歴史。「ゲーム世界を動かすサイコロの正体 〜 往年のナムコタイトルから学ぶ乱数の進化と応用」レポート

[CEDEC 2014]ナムコ作品で見る乱数の歴史。「ゲーム世界を動かすサイコロの正体 〜 往年のナムコタイトルから学ぶ乱数の進化と応用」レポート

 神奈川のパシフィコ横浜で行われた,ゲーム開発者向けイベントCEDEC 2014の最終日である2014年9月4日,「ゲーム世界を動かすサイコロの正体 〜 往年のナムコタイトルから学ぶ乱数の進化と応用」という講演が行われた。旧ナムコの作品を「乱数」という視点から振り返り乱数技術改良の歴史を見ていく本講演をレポートしよう。

[2014/09/05 14:03]

[CEDEC 2014]「龍が如く」の名越稔洋監督が,スマートフォンの台頭する日本のゲーム市場を語る。基調講演「これからのゲームとゲームクリエイター」

[CEDEC 2014]「龍が如く」の名越稔洋監督が,スマートフォンの台頭する日本のゲーム市場を語る。基調講演「これからのゲームとゲームクリエイター」

 パシフィコ横浜で開催されたゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC 2014で,2014年9月4日,基調講演「これからのゲームとゲームクリエイター」が行われた。これは,セガの名越稔洋氏が今後のゲーム市場とゲームクリエイターのあり方,そして自身の代表作である「龍が如く」シリーズに,どのような姿勢で取り組んでいるかなどを語ったものだ。

[2014/09/04 20:35]

[CEDEC 2014]七並べを遊ぶとAIが分かる! 「ゼビウス」の生みの親,遠藤雅伸氏のワークショップをレポート

[CEDEC 2014]七並べを遊ぶとAIが分かる! 「ゼビウス」の生みの親,遠藤雅伸氏のワークショップをレポート

 CEDEC 2014にて,東京工芸大学芸術学部の教授にして,「ゼビウス」や「ドルアーガの塔」といったゲームの生みの親である遠藤雅伸氏による,「七並べで学ぶゲームAIの働き〜今さら聞けないAIって何?〜」というワークショップが実施された。七並べを遊ぶことでAIの働きを体感するというその内容をレポートしよう。

[2014/09/04 14:05]

[CEDEC 2014]現実と仮想の狭間でエンターテイメントを作る。SCEが語るAR(拡張現実)コンテンツの制作事例

[CEDEC 2014]現実と仮想の狭間でエンターテイメントを作る。SCEが語るAR(拡張現実)コンテンツの制作事例

 カメラやモーションセンサーなどを使って現実の世界をゲームに取り込むAR(Augmented Reality=拡張現実)は,当初考えられたほどのスピードではないにせよ,ゲームの世界に確実に広がりつつあるようだ。CEDEC 2014では,そんなARをどのようにエンターテイメントに取り込むのかについて,いくつかの制作事例が紹介された。

[2014/09/04 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日
タイトル評価ランキング
88
82
NieR:Automata (PS4)
82
ARMS (Nintendo Switch)
75
鉄拳7 (PS4)
2016年12月〜2017年06月