パッケージ
ドラゴンクエスト トレジャーズ 蒼き瞳と大空の羅針盤公式サイトへ
読者の評価
52
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/01/19 16:30

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」

画像集 No.001のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」

著者近影
画像集 No.002のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」
 この連載も今年で15年? 16年? よく覚えてないけども,今まで何度も語ってきたであろうテーマをもう一度考えてみます。15年もヤってると,私の考え方も変わるのでね。すなわち「面白さにも種類がある」って話なんだけども。

 「面白い」って言葉,すごく奥が深いんですよね。いわゆるエンターテイメント業界って,突き詰めると「面白いを商品として提供する業種」なわけです。でも「面白い」にも種類があって,いろんな「面白い」を扱う業種が世の中にはあるって話なんですよ。分かりやすい面白さもあれば,じわじわとくる面白さもある。まあ,これまた突き詰めると一人一人の好き好きって話にもなるんだけど。
 ただ,売れている「面白い」って,面白いと思う人の数が多いってことの証だと思うんですね。売れているエンターテイメント作品は,素晴らしいです。売れているってことは,多くの人が「面白い」を共有しているわけで,それってやはり素晴らしいのですよ。
 よく,はやっている作品やら芸人さんやら有名人やらに対して「はやっているけど何が面白いのかが分からない」と言う人がいます。気持ちは分かります。私にも,はやっているけど面白いと感じられないものは多々ありますし,過去にもありました。それはそれで間違いではないと思うんですね。
 ただ,それってあまり口に出すようなことではないんですよね。厳密に言うと,取り扱いが難しいんです。売れているものは「面白い」と思っている人が多いから,売れているんです。だから,「面白くない」を口にしなければならないときは,他人の感じている「面白い」を踏みにじらないようにしたい。ここが難しい。まあ,売れていようが売れていなかろうが「面白くない」に関しては取り扱いが難しいんだけど。
 まとめると、自分が作品についてどう思うかは自由。でも、他人の「面白いと思う感情」を否定する権利は誰にもない。私はそう考えてます。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」
 今週取り上げるゲイムは,昨年も取り上げ,先週には「男色ゲイム大賞2022」にも選ばせてもらった「ドラゴンクエスト トレジャーズ 蒼き瞳と大空の羅針盤」(以下,DQトレジャーズ)について。ケツ論から言うと,今も毎晩遊んでいます。で,その理由って分かりやすい面白さではないんですよ。いや,こう書くと語弊があって。分かりやすい面白さももちろんあります。それがストーリー部分だったりするんです。本作にはいろいろなミッションがあって,メインストーリーのミッションを進めていくことでゲイムが展開していくんですね。これは非常に分かりやすい面白さです。

画像集 No.010のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」 画像集 No.003のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」
画像集 No.005のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」 画像集 No.009のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」

画像集 No.012のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」
 ただ,今回私が注目しているのは,「日々こなしていく面白さ」。先週も「1週間なら1週間,1日なら1日でも何でもいいんだけど,自分の中でリズムを作るっていうのは生活の安定のために必要なんじゃないか」って話をしたんだけど,それをもう少し細かく語りましょう。
 言ってしまえば私,DQトレジャーズのストーリーはそこまで進めていません。でも,毎日プレイしています。それは,毎日更新される「日課クエスト」が楽しいからです。日替わりなんで,毎日内容が違うのですよ。それをこなすのが楽しい。いや,楽しいというか苦じゃない。これって自分自身の問題なんですね。私は毎日のルーチンが好きだけど,同時に飽き性でもあるから変化は欲しいのですよ。そういう意味で,内容が変わる日課クエストは常に新鮮な気持ちで遊べるのです。
 ぶっちゃけたところ,分かりやすい楽しさはここに求めていない。だから,オススメしづらいのです。私は面白いと思っているけど,みんなにオススメできる「面白い」ではない気がして。この連載を読んでくれている人に嘘はつきたくないからね。ただ,これまた嘘でもなんでもなく,普通に面白いと感じるであろう要素も確実にあります。これに関しては,私が言葉にするより「言うて『ドラゴンクエスト』シリーズだからね」で説明はできると思っています。あと,私は毎日ダラダラと楽しめていて,年末から1月半ばに至るまでずっと遊び続けている事実はあります。私は,面白いと思ってます。

画像集 No.007のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」 画像集 No.008のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」
画像集 No.011のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」 画像集 No.006のサムネイル画像 / 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第718回「『ドラゴンクエスト トレジャーズ』が持つ二つの面白さについて」

 で,なんで冒頭に「連載を始めて15年」と述べたかと言うと。DQトレジャーズをプレイしていて思い出したんですよ。「パンダさん日記」を。これ,確かニンテンドーDSの作品だったと思うんだけど。私,めちゃくちゃハマったんです。確か発売直後に連載では取り上げたんだけど(関連記事)。たぶん,大ヒット作品ではない。でも私は,1年近く楽しんでいた。
 ゲイム内容としては,パンダを育てるだけのゲイム。タッチパネルの機能を使ってエサをやったりボールを投げたりして,パンダとコミュニケーションしつつ芸を覚えさせていくというゲイム。これがね,私的には面白かったんですよ。毎日ログインを1年近く続けていた。それを思い出した。ゲイム性とかは一切似ていないのに。ただ,毎日続けられるっていうのも立派な「面白さ」の一つだなあとは思っております。
 以上,分かりやい面白さと毎日続けられる面白さ,その両方を兼ね備えているDQトレジャーズはすごいなあと思ったって話でした。

 いや,ホント「面白さ」って奥が深く終わりがない話だなあと思う。ゲイムを作る人ももちろん,私のようなしがないインディープロレスラーでも毎日追い求めて答えが出ないんだもの。たぶん芸人さんも,映像を作る人も,お話を紡ぐ人も,みんなそうなんじゃないかな。いろんな面白さがあって,時代によってそれは変質して,新しく生まれる面白さを探していて。だから人間はなんだかんだで飽きずに毎日過ごせるのかな。同じような毎日に見えて,実はそうでもない。面白い時間を探して人は,今日もこの時間を生きるのであった。

 ……思いのほかまとまってしまった! もうちょい言いたいことがあったんだけど! でもまあ,また語る機会もあるでしょう。私がゲイムをプレイし,そしてこの連載が続く限り,何かを思うんだろうから。というわけで,今回はこの辺で。また来週。

今週のハマりゲイム
PlayStation 5:「eFootball 2023
Nintendo Switch:「ドラゴンクエスト トレジャーズ 蒼き瞳と大空の羅針盤
iOS:「ロードモバイル
iOS:「ウイニングイレブン カードコレクション

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
男色ディーノが所属するDDTプロレスは,1月21日(土)17:00より神奈川・横浜ラジアントホール「Sweet Dreams!2023 TOUR in YOKOHAMA」を開催します。ディーノ選手は岡田佑介選手とシングルマッチで対戦予定ですが,「試合はともかく横浜でも本を売ります」とのことでした。
  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエスト トレジャーズ 蒼き瞳と大空の羅針盤

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月30日〜03月31日
タイトル評価ランキング
80
62
61
WILD HEARTS (PS5)
46
トワツガイ (iPhone)
44
バンカーライフ (Nintendo Switch)
2022年10月〜2023年03月