お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
3か月連続,Radeon搭載カードプレゼント(2)「SAPPHIRE R9 285 ITX」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/11/22 00:00

連載

3か月連続,Radeon搭載カードプレゼント(2)「SAPPHIRE R9 285 ITX」

画像集#003のサムネイル/3か月連続,Radeon搭載カードプレゼント(2)「SAPPHIRE R9 285 ITX」
 AMDのパートナー各社が日本市場で展開しているRadeon搭載カードを1枚ずつ,3か月連続で日本のユーザーにプレゼントしていく短期連載。その第2回をお届けしたい。
 2014年10月下旬に掲載した第1回では,Mini-ITXサイズに収まった,コンパクトな「Radeon R9 270X」(以下,R9 270X)カードをプレゼントしたが,今回もMini-ITXサイズ。しかも,より上位クラスのGPU「Radeon R9 285」(以下,R9 285)を搭載したSapphire Technology製品「SAPPHIRE R9 285 2G GDDR5 PCI-E HDMI/DVI-I/DUAL MINI DP ITX COMPACT OC VERSION(UEFI)」(以下,SAPPHIRE R9 285 ITX)である。

SAPPHIRE R9 285 ITX
画像集#002のサムネイル/3か月連続,Radeon搭載カードプレゼント(2)「SAPPHIRE R9 285 ITX」

画像集#004のサムネイル/3か月連続,Radeon搭載カードプレゼント(2)「SAPPHIRE R9 285 ITX」
銅製ヒートパイプは,カードのコンパクトさを損なわないよう,クーラーからはみ出ないよう設計されている
画像集#005のサムネイル/3か月連続,Radeon搭載カードプレゼント(2)「SAPPHIRE R9 285 ITX」
電源変換ケーブルのほか,HDMIケーブル,mini DisplayPort−DisplayPortまで付属する。使うかどうかはともかく,マウスパッドも同梱されている
 R9 285は,AMDの現行GPUアーキテクチャ「Graphics Core Next」(以下,GCN)の最新世代「GCN 1.1」に対応し,MantleやTrueAudio,4K動画のハードウェアデコードに対応する最新版UVDなどといったAMDの最新技術をすべて利用できるのが最大の特徴だ。2014年11月時点における,最も進んだRadeonといえるが,それをわずか171mmというカード長に収めているのが,SAPPHIRE R9 285 ITXの持つ魅力ということになるだろう。
 最大ブーストクロックはリファレンスより10MHz高い928MHz。さすがにミドルハイクラスのGPUということで補助電源は150Wクラスが必須だが,製品ボックスには6ピン×2の電源ケーブルを8ピン×1へ変換するアダプターが付属しているので,グラフィックスカード用の6ピン×2出力を持つような電源ユニットが搭載されたPCなら,問題なく利用できるはずだ。

●SAPPHIRE R9 285 ITXの主なスペック
  • 搭載GPU:Radeon R9 285(Tongaコア)
  • シェーダプロセッサ数:1792基
  • 演算ユニット「GCN Compute Unit」数:28基
  • ROP数:32基
  • ブースト最大クロック:928MHz
  • グラフィックスメモリ:容量2048MB,GDDR5
  • グラフィックスメモリインタフェース:256bit
  • グラフィックスメモリクロック:5500MHz相当
  • 外部出力インタフェース:Mini DisplayPort(1.2)×2,HDMI(1.4a,Type A)×1,Dual-Link DVI-I×1,アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
  • 接続インタフェース:PCI Express 3.0 x16
  • 公称典型消費電力:190W(※定格容量500W以上の電源ユニット推奨)
  • PCI Express補助電源:8ピン×1
  • 公称カード長:171mm
  • DirectX 12:対応
  • Mantle:対応
  • TrueAudio:対応
  • Fluid Motion Video:対応

Sapphire TechnologyのSAPPHIRE R9 285 ITX製品情報ページ

ドスパラのMSIのSAPPHIRE R9 285 ITX販売ページ


 プレゼントへの応募にあたっては,まず,下に示したリンクボタンから応募フォームへ進み,すべての項目に記入して[送信内容確認]ボタンをクリックする。記入内容に不備がなければ,続く確認ページから[送信]ボタンを押してもらえば応募完了だ。応募はプレゼント企画1回ごとに一人一通のみ有効となっており,重複応募が判明した場合,当選は無効となるので注意してほしい。

 応募フォームの募集期間は,本稿の掲載時点から,2014年11月28日12:00(正午)までの約1週間。締め切った翌週のWeekly 4Gamer内で当選者を発表する予定だ。
 発送日の確定や本人確認,当選の結果などについての問い合わせには一切回答できないので,この点はご了承を。また,長期の不在などによる不着の場合,当選は取り消しとなること,プレゼント品は,本稿の執筆にあたり,撮影のため開封していること,初期不良時の窓口は4Gamer編集部であり,初期不良以外での交換には応じられないこと,初期不良交換期間は4Gamerからの発送後10営業日となることも合わせてお断りしておきたい。

 なお,第1回に引き続き,応募フォームにはAMDへのコメントを任意入力する欄がある。このコメントの有無やアンケートの入力内容で当選確率が変わるようなことはないが,入力された意見や要望は,アンケートの集計結果と合わせて日本AMDへ伝える予定なので,日頃からAMDに対して思っていることがあれば,何か残しておいてもらえればと思う。

3か月連続Radeonプレゼント企画(2)に応募する



 連載第3回はいまのところ,クリスマス前後の掲載を予定している。次回のカードが何になるかは筆者もまだ聞いていないので,読者と一緒にAMDからの情報を待ちたい。

AMD公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Radeon R9 200

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月06日〜06月07日