オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/10/13 14:00

プレイレポート

「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

 アニメ「鬼滅の刃」を原作とした,アニプレックスの新作アクションゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」PS5 / PS4 / Xbox Series X / Xbox One / PC)は,キャラクターの表情やアクションを美しく再現するグラフィックスや,原作の要素を生かしたゲームシステムが特徴の作品だ。

 本稿では,2021年10月14日にリリースされる本作のプレイレポートをお届けしよう。なお,今回のプレイレポートではPlayStation 5版を使用しており,記事内のボタン表記はそれに準拠する。

画像集#033のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」公式サイト



物語を追体験しつつ,システムを学べる親切設計。原作を完璧に再現したグラフィックスにも注目


 本作は,TVアニメ「鬼滅の刃」で描かれた“竈門炭治郎 立志編”から,劇場アニメ“無限列車編”までの物語を追体験できる作品だ。

 ゲームモードには,ソロプレイモード「ヒノカミ血風譚」と,NPC戦や対人戦を楽しめるバーサスモード「対戦」などがあるが,ゲーム開始時点では主人公・竈門炭治郎以外のプレイアブルキャラクターはロックされている。それらはストーリーを進めることで解禁されていくので,まずは炭治郎の物語を体験してみよう。

画像集#001のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる
画像集#002のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる
ヒノカミ血風譚の序盤では,錆兎が戦闘システムのチュートリアルをしてくれる。細かなゲームシステムも進行に応じて解説されるので,順番に覚えていこう
画像集#003のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる 画像集#004のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

 ヒノカミ血風譚は,ゲームの進行に応じてアンロックされる要素をパネルとして一覧化した「褒賞盤」とリンクしており,パネルに書かれた条件を達成することで,新しいキャラクターや衣装といった各要素が利用できる仕組みとなっている。

 もっとも,条件をクリアしなければ全キャラクターが使えないわけではない。ヒノカミ血風譚を含む各ゲームモードで入手できる“キメツポイント”を使えば,褒賞盤上で条件を満たしていない要素をアンロックできるのだ。「どうしても早く煉獄さんを対戦で使いたい!」「新しい衣装の炭治郎を見たい!」といった場合は,積極的にいろいろなモードに触れてポイントを集めていこう。

褒賞盤でどんな報酬が手に入るかは,アイコンやシルエットで表示されている
画像集#005のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

キメツポイントはヒノカミ血風譚だけでなく,COM戦で条件の達成を目指す「戦術指南」などをプレイすることでも入手できる
画像集#006のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる 画像集#007のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

 ヒノカミ血風譚は複数の章立てで構成されている。各章ではイベントシーンやフィールド探索を挟みつつ,道中で出くわす鬼たちと戦いながら物語を進め,最後に待ち構えるボスを撃破すればクリアだ。各章で展開される物語はひとつながりになっており,章をクリアしたあとはフィールド探索やバトルをシーンごとに選択してリプレイが可能な「ストーリーボード」に戻れる。取り逃した褒賞任務などの回収に役立つはずだ。

 プレイを始めてまず驚かされたのは,3DCGで表現されるイベントシーンと,キャラクタービジュアルの再現度の高さだ。とくに表情の変化にはかなり力が入っており,どのシーンを切り取っても,まるでアニメのワンシーンのように見える。
 また,こうしたイベントシーンはレンダリングムービーではないので,多くの場面でメッセージ送りが可能になっている。演出にしっかり力を入れつつも,ゲームプレイのテンポを阻害しない配慮がなされているのは嬉しいポイントだ。

家族の仇である鬼舞辻無惨と出会い,怒りに打ち震える炭治郎
画像集#008のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる
画像集#009のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

仲間のひとり,我妻善逸の情けなさにドン引きする炭治郎
画像集#010のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

善逸の怖がり&逆ギレの多彩さも深いこだわりを感じさせる。スクリーンショットでは伝わりにくいが,通常時の善逸の歩行スピードがやたら遅いのも原作再現度高し
画像集#011のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる 画像集#012のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる
画像集#013のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる 画像集#014のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

 フィールド探索のシーンでは,それぞれの章で炭治郎が訪れるロケーションを自由に歩き回れる。収集することで褒賞盤のパネルを解禁できる“褒賞任務”や,キメツポイントが各所に置かれているので,目標に向かいつつ周囲をチェックしてみよう。

 探索できる範囲はかなり広いが,ミニマップには落ちているアイテムの情報も最初からすべて表示されている。また,炭治郎を操作している時に[R2]ボタンを押すことで,目的地までの道筋が分かる“匂いの探知”も行える。ただし,多くの収集物は道筋から外れた場所に置かれているので,じっくりと収集しながら進めたい人は,探索後に正規ルートへと戻る道標として匂いを役立てよう。

時代劇のような古めかしい町並みに電柱が立ち並ぶ,大正時代ならではの不思議な光景だ
画像集#015のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

原作ではさほど注目されない部分も細やかに描かれている。背景を見渡してみると,新たな発見があるかもしれない
画像集#016のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる 画像集#017のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

ミニマップには褒賞任務やキメツポイントの位置が表示されるので,収集したい時の参考にしよう
画像集#018のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる 画像集#019のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

血の匂いは非常に禍々しく画面に映る。原作の要素をしっかりとシステムに取り込みつつ,それがプレイアビリティの向上につながっているのは好印象だ
画像集#020のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる


自分だけのコンボを組み立てられる自由度とシンプル操作のお手軽さを両立させたバトルシステム


 続いて,各章の合間で出現する鬼たちや,対戦モードで展開されるバトルのシステムについても触れていこう。

 パッと画面を見ると3D対戦格闘ゲームのようで難しい印象を受けるかもしれないが,実際の操作システムは極めてシンプルだ。[□]ボタンを連打すれば通常攻撃のコンボを繰り出せるほか,[△]ボタンを押せば強力な技を放つことができる。

 技のバリエーションも豊富で,炭治郎ならば,[△]ボタン入力で「捌ノ型 滝壷」,アナログスティック(以下,スティック)を倒して[△]ボタンを押せば「弐ノ型 水車」,ガード([R1]ボタン)をしながら[△]ボタンを押せば「陸ノ型 ねじれ渦」が発動する。これらの技は通常攻撃から続けて発動すれば連続ヒットになるので,難しい操作やコマンドを覚えずとも原作さながらのバトルを楽しめる。

技の発動時には体力ゲージの下にある青い“技ゲージ”を消費するが,ゲージを消費する行動以外のことをすると自動で回復するので,最初はどんどん使っていこう
画像集#022のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

[R1]ボタンでガードしている間は攻撃が通らないので,激しい攻撃はガードで防ごう。ただし,ガード中に[□]ボタンで発動するガード不能の「掴み技」は防げない
画像集#023のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

フィールドの探索中に出現する鬼は,戦いの中で“隙の糸”が見える瞬間があり,制限時間以内に[△]ボタンを押せば一撃で撃破できる
画像集#024のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

 さらに,画面左下のゲージが溜まった状態で[R2]ボタンを押すとキャラクター固有の「奥義」が発動し,ヒットすれば大ダメージを叩きこめる。奥義の演出はいずれも非常に凝ったものになっているので,ぜひ,いろいろなキャラクターの奥義を試してみてほしい。

画像集#025のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる
画像集#026のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

 また,2人のキャラクターがチームを組んでいる時は,控えの仲間キャラクターが操作キャラクターを援護する共闘システムも使用可能となる。

 控えキャラクターのアクションは[L1]ボタンに集約されており,自動回復する共闘ゲージを消費して攻撃や援護といったアクションを実行できる。仲間が登場して攻撃している間も,操作キャラクターは自由に動けるので,複数の敵と戦う時には共闘ゲージの続く限り積極的に仲間の助けを借りよう。

 ここまで紹介した通り,本作の操作システムはシンプルだが,対戦を奥深くする“やり込み”の余地もしっかり用意されている。ということで,ちょっとだけ上級者向けのテクニックについても触れておこう。

 バトルにおいてとくに重要なアクションは,相手に向かって突進する“追尾ダッシュ”だ。追尾ダッシュは非常に素早く,通常攻撃の4段目の後に出せば,ほとんどのキャラクターでコンボがつながる。
 さらに,追尾ダッシュがヒットした後に[□]ボタンを連打すれば,さらなる連続攻撃が可能となる。つまり,通常攻撃×4→追尾ダッシュ→通常攻撃×4→追尾ダッシュ……というループが可能なのだ。

 では延々とコンボをつなげられるかというと,実はしっかり対策が用意されている。コンボが始まると時間経過で減少していく丸いゲージが表示され,このゲージが空になると相手が強制ダウンし,コンボが途切れてしまう。よりダメージを高めたい場合は,[△]ボタンの技をコンボに組み込むなど,ゲージが空になるまでの間にちょっとした工夫を入れてみよう。

 使える技を覚え「ここは弐ノ型ならヒット数が増えるかな?」とか「共闘アクションで技の後の隙を埋めてみよう」といった工夫を凝らしていけば,まさにアニメの炭治郎のようにカッコよく戦えるようになる。

最初は通常攻撃×4→追尾ダッシュの動きを覚え,慣れてきたらいろいろなコンボを試してみよう。1発でも通常攻撃がヒットすればコンボでそれなりのダメージを稼げるので,ヒノカミ血風譚の攻略にも役立ってくれる
画像集#028のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

 また,ガードするときに[L]スティックを素早く弾くように操作すると“捌き”と呼ばれるアクションが一瞬だけ発動する。このときに相手の攻撃がヒットすると,逆に相手を一定時間無防備な状態にできる。タイミングを外すと自分が無防備になってしまうので,確実に返せるシーンを見極めて使いたいシステムだ。

 捌きを成功させる自信がなければ,ガード中([R1]ボタン押しっぱなし中)に捌きと同様の操作を行うと,連続攻撃を仕掛けてきた相手を押し返せる。敵の攻撃を連続してガードしているとエフェクトが赤く変色し,最終的にはガードが強制的に解除されてしまうので,そうなる前に押し返して体制を立て直そう。

 もしガードに失敗してダメージを受けたら,攻撃されている時に[L1]ボタンを押すと「緊急離脱」が発動して逃げられる。共闘ゲージを100%消費するので,いざという時に発動できるようにゲージを管理するのが大切だ。

捌きで敵の攻撃を弾いた直後は反撃のチャンス。練習したコンボを叩き込んで大ダメージを与えてやろう
画像集#029のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

 これらの攻撃と防御の各アクションをうまく使い分ければ,高度な読み合いも楽しめるようになる。最初からすべてのシステムを使いこなすのは難しいが,操作自体はそこまで難しくない。まずはゲームの基本を学び,ヒノカミ血風譚で覚えたシステムを試していけば,自然と体に馴染んでくるだろう。

奥義ゲージは3本まで溜めることが可能だ。ゲージが1本以上ある状態で[L2]ボタンを押せば「開放状態」に,さらにもう1本消費すれば「全開放状態」になれる。全開放状態では技ゲージが減らないので,出し惜しみせず技を使っていこう
画像集#030のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

 「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」は,さまざまな面で原作/アニメへの深いリスペクトを感じさせる作品だ。キャラクターの表情やアクションを美しく再現するグラフィックスはもちろん,原作/アニメの要素をしっかりとゲームシステムに落とし込みつつ,爽快感やゲームへの没入感を高めるギミックとして活かしている。

 また,初心者でも劇中さながらのアクションを繰り出せるシンプルな操作性でありつつも,対戦ゲームの醍醐味である読み合いや駆け引きがしっかりと楽しめるのも面白いポイントだ。「鬼滅の刃」のファン向けゲームとしての完成度は言うまでもないが,今話題の作品に触れるきっかけとしてもオススメできる作品だ。

特定の組み合わせで対戦に勝利すると,専用の演出を見ることができる
画像集#031のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる
画像集#032のサムネイル/「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」プレイレポート。ボタンを連打するだけで劇中さながらのアクションが楽しめる

「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」公式サイト

  • 関連タイトル:

    鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

  • 関連タイトル:

    鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

  • 関連タイトル:

    鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

  • 関連タイトル:

    鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

  • 関連タイトル:

    鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月15日〜10月16日
タイトル評価ランキング
67
DEKARON (PC)
63
BLESS UNLEASHED (PC)
54
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
21
2021年04月〜2021年10月