オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Encased」が2021年9月に正式リリース。荒廃した1970年代の世界を舞台にしたポストアポカリプスRPG
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/06/11 04:00

ニュース

「Encased」が2021年9月に正式リリース。荒廃した1970年代の世界を舞台にしたポストアポカリプスRPG

 Koch Mediaは本日(2021年6月11日),ロシアのDark Crystal Gamesが開発を進めるRPG「Encased」の販売権を獲得し,2021年9月に発売することをアナウンスした。同社の新レーベル「Prime Matter」からのリリースとなる。


画像集#001のサムネイル/「Encased」が2021年9月に正式リリース。荒廃した1970年代の世界を舞台にしたポストアポカリプスRPG


 2019年からアーリーアクセス版が配信されている「Encased」は,第二次世界大戦後に核戦争が勃発して世界文明が崩壊してしまった架空の1970年代の世界が舞台だ。
 プレイヤーは大企業CRONUSに属する会社員で,突如現れたドーム状の未知の建物を探索するための危険なミッションに送り出されることになる。

画像集#002のサムネイル/「Encased」が2021年9月に正式リリース。荒廃した1970年代の世界を舞台にしたポストアポカリプスRPG
画像集#003のサムネイル/「Encased」が2021年9月に正式リリース。荒廃した1970年代の世界を舞台にしたポストアポカリプスRPG

 本作において,プレイヤーは5つの“ウィング”の中から1つに所属することになる。”ウィング“とは,部署のようなもので,建物のそれぞれのセクションに異なる部署が置かれているイメージだ。
 ウィングには,力に訴える警備部隊の「ブラック・ウィング」,エンジニアたちが所属する「ブルー・ウィング」,科学者たちの「ホワイト・ウィング」,外交やカリスマを重視した「シルバー・ウィング」,そして企業内の無法者たちが集まる「オレンジ・ウィング」がある。プレイヤーは,好きなところに所属することで,選んだウィングの特性を利用できる。いわゆるキャラクタークラスのような役目を担っているわけだ。

画像集#009のサムネイル/「Encased」が2021年9月に正式リリース。荒廃した1970年代の世界を舞台にしたポストアポカリプスRPG
画像集#005のサムネイル/「Encased」が2021年9月に正式リリース。荒廃した1970年代の世界を舞台にしたポストアポカリプスRPG

 小説「路傍のピクニック」風の世界観と,オリジナルの「Fallout」にインスパイアされたというゲームプレイが前面に押し出されており,プレイヤーキャラクターはアクションポイントに合わせて移動したり,何かしらのアクションを行ったりというターン制のコンバットシステムになっている。
 ゲームに登場する敵をすべて倒してしまうか,それとも戦うことなくストーリーを進めていくのかはプレイヤー次第となっているなど,幅の広いゲームプレイに対応しているという。

画像集#006のサムネイル/「Encased」が2021年9月に正式リリース。荒廃した1970年代の世界を舞台にしたポストアポカリプスRPG

 現時点では日本語へのローカライズは予定していない様子であるものの,「Fallout」の生みの親であるBrian Fargo氏も注目しているという本作。発売を楽しみにしたいところだ。

画像集#007のサムネイル/「Encased」が2021年9月に正式リリース。荒廃した1970年代の世界を舞台にしたポストアポカリプスRPG

「Encased」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Encased

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月16日〜06月17日