オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Alliance of Valiant Arms公式サイトへ
読者の評価
93
投稿数:188
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
東大大学院の馬場 章研究室が「AVA」および「StarCraft II」のプレイヤーを被験者として募集。認知機能研究の実験のため
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/10/03 11:20

ニュース

東大大学院の馬場 章研究室が「AVA」および「StarCraft II」のプレイヤーを被験者として募集。認知機能研究の実験のため

 東京大学大学院情報学環・馬場 章教授の研究室に所属する吉川真人さんが,自らの研究するテーマにおける実験の被験者として,オンラインFPS「Alliance of Valiant Arms」およびRTS「StarCraft II」のプレイヤーを募集している。実験場所は東京都文京区の東京大学本郷キャンパスで,実験期間は10月1日から11月30日まで(予定人数に達し次第募集は終了)。参加者には,謝礼として図書カード2000円分が進呈される。
 ちなみに馬場教授は日本デジタルゲーム学会「DiGRA JAPAN」の理事として,吉川真人さんは「餅A」の名でゲームイベントの主催やライターとして,それぞれゲーム業界でも知られた人物である。4Gamer読者ならご存じの人も多いだろう。

被験者の募集について


 今回の実験は認知機能研究のためのもので,対象はFPS/RTSのプレイヤー。被験者は,5種類の「神経心理検査」(PCを使った簡単なテストとされている)を受ける,質問紙へ記入する,といった形で参加することになる。実験に要する時間は2時間程度とのことだ。
 「神経心理検査」とは聞き慣れない言葉だが,今回のテストに関して大雑把に言えば「FPSプレイヤーの判断力がすごい」「テトリスを続けたら目が良くなった」といった事象を,実験結果を基に検証するような内容になるそうだ。告知ページには,神経心理検査の例として「Multi Object Tracking」と呼ばれる手法の動画が公開されているので,参加を希望する人は一度チェックして,雰囲気を確かめておくといいだろう。
  • 関連タイトル:

    Alliance of Valiant Arms

  • 関連タイトル:

    StarCraft II: Wings of Liberty

  • 関連タイトル:

    StarCraft II: Wings of Liberty

  • 関連タイトル:

    StarCraft II: Heart of the Swarm

  • 関連タイトル:

    StarCraft II: Heart of the Swarm

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月18日〜02月19日