オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Brink公式サイトへ
読者の評価
77
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
Brink
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
日本語版「Brink」が2011年5月26日にリリース。地球温暖化が進み,すべてが海になった近未来の世界で,生存を賭けた戦いが始まる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/02/25 21:23

ニュース

日本語版「Brink」が2011年5月26日にリリース。地球温暖化が進み,すべてが海になった近未来の世界で,生存を賭けた戦いが始まる

Brink

 ゼニマックス・アジアは本日(2011年2月25日),スクワッドベースのマルチプレイをメインとしたFPS,「Brink」2011年5月26日に発売することを明らかにした。対応機種はPlayStation 3Xbox 360で,CEROのレーティングは「D」(17歳以上対象)となっている。

 Brinkを開発したSplash Damageは,「Enemy Territory: Quake Wars」や「Wolfenstein: Enemy Territory」などの開発で知られるイギリスのデベロッパだ。これまではid SoftwareのIPを使用したFPSを作ってきたが,今回,初めてBethesda Softworksと組んでゲームを制作することになり,その最初のタイトルがBrinkということになる。

Brink

 Brinkはシングルプレイのほかに,最大8人対8人のマルチプレイとCo-opを実装しており,シングルプレイで成長させたキャラクターをマルチプレイでそのまま使用できるなど,シングルとマルチの境界線が低いのも特徴の1つ。
 また,いかにも「The Elder Scrolls」シリーズのBethesdaがパブリッシングするゲームらしく,RPG並の多彩なキャラクターカスタマイズが可能なほか,ワンボタンで状況に応じた行動を自動的に選んでくれる,「S.M.A.R.T.」システムなども面白そうだ。

 舞台となるのは,地球温暖化で海面が上昇した近未来の地球。唯一海上に残された都市,アークでは,創設者の子孫と数万人におよぶ難民達が対立しており,プレイヤーは創設者の子孫「セキュリティ」か,避難民「レジスタンス」のいずれかを選び,生存を賭けた戦いを繰り広げることになる。
 詳しいゲームの情報は以下のリリース文,および公式サイトを参照してほしい。

Brink
Brink Brink
Brink Brink

ベセスダ・ソフトワークス公式サイト




解説:
『Brink』は、分隊ベースのマルチプレイをフィーチャーしたベセスダ初となるFPSです。シングル・Co-op・マルチの境界線を無くして各モード間をシームレスに移動できるシステムと、パルクールのように遮蔽物を移動できる“S.M.A.R.T.”システムの採用により、刺激的で爽快、且つやり応えある革命的FPSとして進化を遂げました。また、クラス(職業)概念を取り入れ、戦況や作戦に応じてリアルタイムにクラスを変え、チームで勝利を目指すゲーム性は、仲間と一緒に盛り上がるのに最適なゲームです。
コアな FPS ファンは勿論、オンラインに対して抵抗のあるプレイヤーにマルチの導入として「Co-op」という“体験”を提供。また、自分好みのキャラクターを作成し、クラス(職種)を選択し、デザインされつくされたマップで「仲間たちとのチームプレイ」によって勝利し、「報酬」を得ることができます。これによって、自然とオンラインプレイに熱中し、ストレスなくFPSに没頭できるようになります。

Brink

ストーリー:
数百もの小島から形成される海上都市、“アーク”。

始めは自給自足可能な100%「グリーン都市」として実験的に建設された。しかし、地球温暖化の影響による海面上昇が原因で、アークは正に人類の「箱舟」となってしまった。創設者の子孫に加え、数万人に及ぶ難民たちの故郷となったアーク。25年にもわたる社会不安を抱えた住民たちは、既に限界に達していた。

そして今、創設者と子孫からなる“セキュリティ”と、避難民からなる“レジスタンス”の間で生存を掛けた戦いが今始まろうとしている。

“アーク”と人類の行方は全て貴方次第だ……。

Brink

主な特徴:
爽快感溢れるS.M.A.R.T.システム!
Brink の面白さ、それはスピード感溢れる爽快なゲームプレイに尽きる。パルクールアクションを取り入れた“S.M.A.R.T.システム”の採用により今までのシューティングゲームにありがちな難しさを取っ払い、爽快感溢れるアクロバティック且つダイナミックなアクションを可能にした。

ユニークなキャラクターカスタマイズ!
Brinkの最大の特徴の1つがクールでユニークなキャラクターカスタマイゼーション。顔・肌の色・髪型・フェイスペイント・タトゥー・装備等、豊富なデザインで自分好みのキャラクターを作成することが可能だ。敵を倒したり、ある目標を達成したり戦闘に勝利すると、経験値を獲得してレベルアップ。それにより服装や髪形等のアイテムがアンロックされ、更にアビリティを習得することができる。これらを振り分けることで更に個性的なキャラクターを作成できる。

白熱のマルチプレイ!
FPSの醍醐味と言えば、多人数によるオンラインマルチプレイに他ならない。Brinkでは8対8による最大16人での爽快なマルチプレイが可能。また、カスタムマッチの採用により飽きのこない戦闘を楽しむことができる。派閥とクラスを選択したら後はひたすらミッションを遂行するのみ。仲間と共に勝利を目指せ!

シングルとマルチをシームレスに展開!
シングルプレイ・協力プレイ・マルチプレイの境界線が無く行き来できるシームレスなゲームプレイも、Brinkの特徴の一つだ。シングルキャンペーンで成長させたキャラクターをマルチプレイで、マルチプレイで成長させたキャラクターをシングルプレイでそのままプレイすることが可能。カッコよくキメた装備で、様々なモードを縦横無尽に駆け回れ!

シンプルで明確なゲーム性!
Brinkの目的はとてもシンプル。「セキュリティ」「レジスタンス」のいずれかの派閥に所属し、好きなクラスを選択したら、あとはチームの勝利に向かってひたすら目標の達成を目指すだけだ。全てのゲームモードにおけるプレイヤーの目標、目標の内容、制限時間、報酬を画面で把握できるため、迷うことなくプレイに集中できるのも魅力だ。面倒臭さを削減し、サクサク進めることができる。
  • 関連タイトル:

    Brink

  • 関連タイトル:

    Brink

  • 関連タイトル:

    Brink

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月