オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
L.A.ノワール公式サイトへ
読者の評価
81
投稿数:11
レビューを投稿する
海外での評価
89
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「L.A.ノワール」の新DLC「リーファー・マッドネス」が8月18日に配信。1936年に公開された同名のカルト映画が題材に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/08/15 12:05

ニュース

「L.A.ノワール」の新DLC「リーファー・マッドネス」が8月18日に配信。1936年に公開された同名のカルト映画が題材に

 ロックスター・ゲームスより発売中のアクション「L.A.ノワール」PlayStation 3 / Xbox 360)の新ダウンロードコンテンツ「『リーファー・マッドネス』風紀犯罪課担当事件」が,2011年8月18日に配信される。価格はPS3版が400円(税込),Xbox 360版が320MSP。1936年に公開された同名のカルト映画を題材とした本DLCでは,麻薬をめぐる事件に巻き込まれていくフェルプスとアールの姿が描かれる。

フェルプスとアールはパーネル・スープ・カンパニーに足を運び、オーナーに一部の従業員が薬物の密輸に関わった可能性について質問する
L.A.ノワール

「L.A.ノワール」公式サイト


全く新しい事件:“Reefer Madness” Vice Desk Case
「リーファー・マッドネス」風紀犯罪課担当事件
配信開始日:2011/8/18
(PS3 400円(税込) / Xbox 360 320MSP)

コール・フェルプスと風紀犯罪課のパートナーであるロイ・アールは、情報屋の話をもとに、ロサンゼルスで麻薬の売人を探す。激しい銃撃戦の後、フェルプスとアールは、自分たちが街で最大の麻薬組織に首を突っ込んでしまったことに気がつく。

L.A. ノワールに登場する事件のモデルとなった、1947年に実際に起きた「事件」

実際の【映画】:「リーファー・マッドネス」

8月18日に登場するL.A.ノワールの次なるDLCは、風紀犯罪課の事件“リーファー・マッドネス”です。同じ作品名を冠した1936年のカルト映画を参考にしています。映画をそのまま土台とした“裸の町”事件とは対照的に、“リーファー・マッドネス”は同名の映画とストーリー面や設定などで共通点は一切ありません(もちろん、ある種の違法物質に関連している事件の性質は除きます)。

タイトルに使用されたスラングを広めた1936年のこのカルト映画は当初、『Tell Your Children』として公開されました。

1938この時代、薬物使用の危険について大衆に警告するショッキングな内容のプロパガンダ映画(『Marihuana(マリファナ)』や『The Cocaine Fiends』など)がいくつか制作され、本作はそのうちのひとつです。

ところが、薬物の使用者がその影響で異常をきたし始め、犯罪と死に追い込まれてゆく過激な内容の
本作は、長い年月を経るうちに制作意図とは正反対の意味合いで評価が高まり、笑えてセンセーショナルな作品の滑稽かつ皮肉な手本として人気を集めました。

『Reefer Madness(リーファー・マッドネス 麻薬中毒者の狂気)』は、1970年代の薬物が横行した時代に深夜上映(おそらく煙が立ち込める中で)されると再び注目を集め、最近では、ポーラ・アヴドゥル振付による皮肉った内容のミュージカルも上演されています。

“REEFER”とは?
“リーファー(Reefer)”という言葉自体は1940年代のアメリカでカンナビスのスラングとして使われていた。他に熱心なプレイヤーが気づくであろう当時のスラングとして、薬物使用者を表すHopheadという言葉が登場する。

※コンテンツの配信日・内容につきましては変更の可能性がございます。ご了承下さいませ。詳しくは、公式サイトでご確認をお願い致します。

「L.A.ノワール」公式サイト


※「L.A.ノワール」ならびに本DLCはCERO:Z(18歳以上のみ対象)です
  • 関連タイトル:

    L.A.ノワール

  • 関連タイトル:

    L.A.ノワール

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月14日〜12月15日