オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
HW短評:AMD「A8-7670K」(1)APU単体で国産MMORPGを快適にプレイできるか?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/10/24 00:00

テストレポート

HW短評:AMD「A8-7670K」(1)APU単体で国産MMORPGを快適にプレイできるか?

総試用時間:12時間

A8-7670K with Radeon R7 Graphics
メーカー:AMD
実勢価格:1万5000円前後(※2015年10月24日現在)
AMD A-Series(Kaveri)
 AMDの「A8-7670K with Radeon R7 Graphics」(関連記事,以下 A8-7670K)は,Kaveri世代のアーキテクチャを採用するAPUだ。2基の「Steamroller Module」による4コアCPUで,GCNアーキテクチャに基づく演算ユニットを6基備えることで,eSportsの人気オンラインゲームタイトルを楽しめる程度のグラフィックス性能を備えるという。

A8-7670Kの表面(左)と裏面(右)。従来のKaveriと同様のFM2+プラットフォームに対応するため,パッケージ形状やピン配置も同じである
AMD A-Series(Kaveri) AMD A-Series(Kaveri)

「CPU-Z」(Version 1.73)の実行結果。定格動作クロックは3.6GHzで,Turbo CORE Technologyによる最大動作クロックは3.9GHzだ
AMD A-Series(Kaveri)
 では,このA8-7670Kで,どの程度快適にゲームがプレイできるのだろうか。今回は,「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド」(以下,蒼天のイシュガルド),ドラゴンクエストX(以下,DQX),「Dragon's Dogma Online(以下,DDON)の各公式ベンチマークソフトを利用して,ゲームを快適にプレイできる性能があるのかを検証してみたい。
 なお,テスト環境はのとおり。


 まず,「3DMark」(Version 1.5.915)の結果をグラフ1に示すが,さすがにスコアはかなり低い。

テスト環境が異なるため,あくまで参考程度だが,「A10-7870K with Radeon R7 Graphics」(以下,A10-7870K)のレビューで計測したスコアと比較してみた。テスト方法は4Gamerのベンチマークレギュレーション17.0に準拠

 だが,蒼天のイシュガルドベンチマークのグラフ2を見ると,DirectX 9モードの1280×720ドットであれば,「標準品質(デスクトップPC)」でスクウェア・エニックスが「非常に快適」とするスコア「7000」に迫る結果となった。十分にプレイ可能と述べていいだろう。

こちらもA10-7870K(DirectX 11,標準品質)のスコアと比較してみた。テスト方法は4Gamerのベンチマークレギュレーション17.0に準拠。スコア7000に届かないものの,指標で「とても快適」とされるスコア5000を大きく上回った。※グラフ画像をクリックすると平均フレームレートベースのグラフを表示します
AMD A-Series(Kaveri)

 グラフ3は,DQXベンチマークの結果である。「すごく快適」には届かないものの,最高品質でも1280×720ドットであれば「とても快適」相当のスコアとなり,こちらもプレイに支障はなさそうだ。

最高品質でも,1280×720ドットなら「とても快適」となる「7908」というスコアを示した

AMD A-Series(Kaveri)
 DDON ベンチマークソフトの結果がグラフ4となる。このスコアも,1280×720ドットであれば最高品質でも「快適」と見なせるものであり,比較的快適なプレイができそうだ。

低品質でもスコアは100程度しか変わらなかったので,標準品質でのプレイが現実的だろう

 グラフ5はシステム全体の消費電力変化を確認したものだが,さすがにAPU,電力消費は少ない。

ログの取得が可能なワットチェッカー「Watts up? PRO」を用いて,システム全体の消費電力を取得。OSの起動後30分放置した時点を「アイドル時」,各アプリケーションを実行したとき,最も高い消費電力値を記録した時点を,タイトルごとの実行時としている

 まとめると,A8-7670Kは,高解像度の設定は荷が重いものの,これらのMMORPGなら,グラフィックスカードを利用せずにプレイできるだけの性能を有するといえる。サブでプレイしているゲーム用に,A8-7670Kを使って2台めのPCを組み上げるというのも面白いのではないだろうか。

AMDのA Series APU製品情報ページ


※HW短評に関する注意
  • HW短評は,各執筆者が,テスト経過時点でのインプレッションをまとめたものです。最終的な評価の掲載を目的とするわけではないため,次回以降のHW短評,もしくは別途掲載されるレビュー記事などとは異なる評価が掲載されることもあります
  • HW短評について,お気づきの点や,「こんな追加テストをしてほしい」という要望があれば,問い合わせフォームの「記事について(掲載情報の間違いや修正依頼など)」からお伝えいただければ幸いです。ただし,ご要望にお応えできない場合もありますので,この点はご容赦ください
  • 関連タイトル:

    AMD A-Series(Kaveri)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日