オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
SOMA公式サイトへ
読者の評価
85
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
SOMA
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ホラーアドベンチャー「SOMA」の最新ムービーが公開。薄気味悪いクリーチャーの姿が確認できる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/09/11 12:38

ニュース

ホラーアドベンチャー「SOMA」の最新ムービーが公開。薄気味悪いクリーチャーの姿が確認できる

 イギリスに拠点を置くFrictional Gamesが2015年9月22日の発売を予定しているホラーアドベンチャー「SOMA」PC / PS4)の最新ムービーやスクリーンショットが公開された。
 本作では,以前公開されたプレイアブルデモにも具体的な敵が登場することはなかったが,今回のムービーやスクリーンショットでは,薄気味悪いクリーチャーたちの姿が確認できる。


 何らかの事件のために外界との交信が途絶えてしまった深海の科学研究所を舞台にした物語が繰り広げられる「SOMA」は,敵との直接対決を極力避けながら暗がりを動き回るというゲームプレイになっている。「Amnesia: The Dark Descent」の開発チームらしい作風と言えるだろう。

 Sony Computer Entertainment Americaの公式ブログ「PlayStation.Blog」に,Frictional GamesのThomas Grip(トーマス・グリップ)氏が,こうしたクリーチャーについてのエントリーを綴っている。
 それによると,「一般的なゲームでは,クリーチャーはプレイヤーを見つけると一目散に突進してくるが,SOMAではそうではない。中にはじっと見つめているだけのものもいれば,まったくプレイヤーに構うことなく,邪魔されない限りはそのまま自分の活動を続けるものもいる。危険な存在ではないものもいるし,何もしなければ敵愾心を見せないものもいる」とのこと。
 また,クリーチャーのAIやタクティクスにはさまざまなタイプがあり,どのクリーチャーにも頻繁に出会うことはないので,何度遊んでも馴れが生じないようになっているという。

SOMA
SOMA

 ダメージのパラメータなどが画面上に表示されるといったことはなく,非常に“あいまい”な雰囲気にまとめられているところが,何が起こっているのか分からないまま深海の研究所を歩き回るプレイヤーの恐怖を掻き立てる本作。
 今のところ日本語版についての告知はないが,注目を集め続けているFrictional Gamesの新作だけに,ぜひプレイしたいというゲーマーも少なくないはず。今後の情報に期待しよう。

「SOMA」公式サイト

  • 関連タイトル:

    SOMA

  • 関連タイトル:

    SOMA

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月