オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
コール オブ デューティ ブラックオプスIII公式サイトへ
読者の評価
80
投稿数:7
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
近畿大学・近グダムの連覇なるか。「コール オブ デューティ ブラックオプスIII」の全国大学生対抗戦決勝大会をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/03/14 15:47

イベント

近畿大学・近グダムの連覇なるか。「コール オブ デューティ ブラックオプスIII」の全国大学生対抗戦決勝大会をレポート

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は2016年3月13日,「コール オブ デューティ ブラックオプスIII」PC / PS4 / Xbox One / PS3 / Xbox 360。以下,CoD: BO3)の全国大学生対抗戦決勝大会を東京都内で開催した。
 この大会は,日本国内の大学,短期大学,大学院,高等専門学校に在学中の学生を対象としたもので,選手達はPlayStation 4版「CoD: BO3」のマルチプレイヤーモードを用いて腕を競った。


 全84チームがエントリーしたオンライン予選を勝ち抜き,決勝大会に進出したのは以下の8チームである。

■予選Aブロック代表:ブンブンハローTDU(東京電機大学)


■予選Bブロック代表:Ritz_OKS(立命館大学)


■予選Cブロック代表:Ah^〜My heart will be hopping^〜(名城大学)


■予選Dブロック代表:Dragon(龍谷大学)


■予選Eブロック代表:Peach Boys(岡山大学)


■予選Fブロック代表:Yukichi Children(慶應義塾大学)


■予選Gブロック代表:近グダム(近畿大学)


■予選Hブロック代表:カープファンクラブ(大阪大学)


 試合に先駆けて開会の挨拶を行ったのは,SCEJA プレジデント 盛田 厚氏。盛田氏は,この大会に参加した84チームの選手達に感謝するとともに,「こうした取り組みは,もっと知名度を上げ,高校野球の甲子園大会と同じくらい盛り上がるようにしなければならない。これは我々の責任です」と意気込みを見せた。
 また人工知能「AlphaGo」が囲碁のプロ棋士を破ったことにも触れ,「ポイントとなるのはAIが人間を超えたことではなく,そうやって進化していくテクノロジーを人間がどうやって楽しむか,どうやって楽しさを広げていくか」「この大会もまた,テクノロジーの進化によって実現したもの。以前はできなかったことが,こうして現実になっているのは素晴らしいことです」と選手達に語りかけた。

SCEJA プレジデント 盛田 厚氏

左から,大会のメインMCを務めた松嶋初音さん,実況担当のStanSmith氏,解説担当のShirley氏Yosimasu選手(プロゲーミングチーム・SCARZ),ゲーム実況者の猫マグロさん,アシスタントのめめちゃん

 決勝大会はトーナメント形式で行われ,1回戦はサテライトドローンをゴールに運ぶモード「Uplink」での対戦となった。このモードでは,両チームがサテライトドローンを奪い合い,サテライトドローンをゴールに投げ込めば1ポイント,持ったまま身体ごとゴールへ飛び込めば2ポイント獲得となる。

 この1回戦のハイライトとなったのは,スクウェア・エニックスが開催した「コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア 大学対抗戦」(以下,CoD:AW 大学対抗戦)で準優勝し(関連記事),本大会でも優勝候補だったDragonをAh^〜My heart will be hopping^〜が破った試合だ。Ah^〜My heart will be hopping^〜は,徹底的にDragonの戦術を研究していたという。そのほかブンブンハローTDU,Yukichi Children,近グダムが準決勝へとコマを進めた。


 準決勝は,CoD: BO3にて新たに導入されたモード「Safeguard」で行われた。このモードは両チームが攻守に分かれ,攻撃側はロボットを護衛しながらゴールまで到達させれば勝利,防衛側はそれを制限時間終了まで阻止できれば勝利というルールだ。
 ここではAh^〜My heart will be hopping^〜がブンブンハローTDUを,近グダムがYukichi Childrenをそれぞれ下し,決勝進出を決めた。


 さて決勝戦は,Ah^〜My heart will be hopping^〜と近グダムが雌雄を決することとなったわけだが,実はこの対決,CoD:AW 大学対抗戦の決勝トーナメント1回戦と同じ組み合わせとなる。そのためAh^〜My heart will be hopping^〜はリベンジを誓い,もう一方の近グダムは連覇を狙うという,お互い譲れない一戦となった。

 決勝戦のルールは,最大3試合を行い先に2勝したほうが優勝というもの。モードは第1試合が「Domination」,第2試合が「Search and Destroy」,第3試合が「Hardpoint」で行われた。

 第1試合のDominationは,両チームがマップにある3本の旗を互いに制圧し合い,そのポイントを競うというルールだ。この試合では近グダムが,解説を務めたプロゲーミングチーム・SCARZのShirley氏とYosimasu選手から「まったく無駄がない」「参考にしたいくらい完璧」と言わしめるほどのポジション取りと立ち回りを披露し勝利した。


 第2試合のSearch and Destroyは,両チームが攻守に分かれ,攻撃側は制限時間内に目標ポイントに爆弾を設置し爆破すれば勝利,防衛側はそれを阻止すれば勝利。もしくは,敵チームを全滅させた側が勝利となるルールだ。またリスポーン(復活)がないため,味方が倒されるとそれだけ不利になるというところもポイントとなる。
 この試合では,理詰めで勝負しようとするAh^〜My heart will be hopping^〜に対し,近グダムがラウンド開幕直後にラッシュを織り交ぜるなど緩急の付いた戦い方を展開。序盤のラウンドこそシーソーゲームとなったが,中盤以降,敵チームのミスを見逃さず冷静に立ち回った近グダムが4-2で勝利。第3試合を待たず,優勝を決めた。


 表彰式では,近グダムの選手達が優勝の喜びを表す一方で,連覇をかけた戦いのプレッシャーもあったとコメント。また大会終了後の合同インタビューでは,練習と研究の量,そしてメンバー同士の仲が良く,たとえ喧嘩になっても翌日には仲直りできることが勝因となったと語っていた。

 表彰式の最後には,近グダムのリーダーを務めるミルヒナ選手が,全国のCoD: BO3をプレイしている学生に向け,「僕達が最強の大学生なので,どんどん向かってきてください。全部倒します!」と力強く宣言して,大会を締めくくった。

優勝した近グダム

準優勝 Ah^〜My heart will be hopping^〜

3位タイ ブンブンハローTDU

3位タイ Yukichi Children

「コール オブ デューティ ブラックオプスIII」公式サイト

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプスIII

  • 関連タイトル:

    Call of Duty: Black Ops III

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプスIII

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプスIII

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプスIII

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月15日〜06月16日