オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
過激な暴力表現で物議をかもしたインディーズスタジオの新作「IS Defense」は,テロリスト集団のヨーロッパ侵攻を描いた“プレイヤー固定型”FPS
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/02/12 14:33

ニュース

過激な暴力表現で物議をかもしたインディーズスタジオの新作「IS Defense」は,テロリスト集団のヨーロッパ侵攻を描いた“プレイヤー固定型”FPS

 過激な暴力表現で物議をかもしたアクションゲーム「Hatred」で知られるポーランドのDestructive Creationsが,その新作となる「IS Defense」の制作をアナウンスすると共に,Steam Greenlightにてゲーム概要を公開した。

画像(001)過激な暴力表現で物議をかもしたインディーズスタジオの新作「IS Defense」は,テロリスト集団のヨーロッパ侵攻を描いた“プレイヤー固定型”FPS

 「IS Defense」のストーリーは,2020年に北アフリカを制圧したテロリスト組織「IS」(ISIS/ISILとも表記)が,ヨーロッパ全土への侵攻を開始するという近未来を描いたもの。プレイヤーはNATO軍の重機関銃部隊に所属する兵士となって,次々と押し寄せる敵を一掃していくことになる。
 公開されたトレイラーやスクリーンショットからも分かるように,重機関銃を主体にしたプレイヤー固定型のFPSとなっており,航空支援を要請したり,ロケットランチャーを使ったりできる。


 「Beach Head」や「Operation Wolf」のような古いタイプのシングルプレイ専用ゲームだが,ISというセンシティブな社会情勢を盛り込んでいるのがDestructive Creationsらしいところ。公式サイトでは,6.66ユーロでプレオーダーが始まっており,Steam Greenlightでの成功いかんに関わらず,リリースされることになると思われる。

「IS Defense」公式サイト


画像(002)過激な暴力表現で物議をかもしたインディーズスタジオの新作「IS Defense」は,テロリスト集団のヨーロッパ侵攻を描いた“プレイヤー固定型”FPS
画像(003)過激な暴力表現で物議をかもしたインディーズスタジオの新作「IS Defense」は,テロリスト集団のヨーロッパ侵攻を描いた“プレイヤー固定型”FPS
画像(004)過激な暴力表現で物議をかもしたインディーズスタジオの新作「IS Defense」は,テロリスト集団のヨーロッパ侵攻を描いた“プレイヤー固定型”FPS
  • 関連タイトル:

    IS Defense

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月24日〜11月25日
タイトル評価ランキング
94
71
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
55
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月