日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

イベント

「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった

 4Gamer.netの運営元であるAetasが,8月19日に東京・サントリーホールで開催した「Music 4Gamer #3『文豪とアルケミスト』オーケストラコンサート」。この公演では東京交響楽団や東響コーラス,ヴァイオリニストの松原まりさんの生演奏によって,「文豪とアルケミスト」BROWSER / iOS / Android)の世界が華やかな音楽で再現されていた。
 本稿ではその昼公演の様子をお届けしよう。

画像(001)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった

「Music 4Gamer #3『文豪とアルケミスト』オーケストラコンサート」特設ページ

「文豪とアルケミスト」公式サイト



フルオーケストラならではのアレンジで奏でられる

「文豪とアルケミスト」の世界


 開演に先駆けて,プロデューサー谷口晃平氏,世界観監修担当のイシイジロウ氏,作曲家の坂本英城氏による,約10分間のプレトークも行われた。

左から,イシイジロウ氏,坂本英城氏,谷口晃平氏
画像(002)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった

 ここでは,文アルの全楽曲を作曲し,今回の公演でも自らフルオーケストラ用の編曲を手がけた坂本氏が聴きどころを解説。原曲ではアコーディオンを使って演奏している部分を,あえて違う楽器に割り当て,サントリーホールの響きのよさや,大人数編成ならではの音の厚みや迫力を強調する編曲を心がけたことなどが語られた。
 また谷口氏からは,今回の演奏をする東京交響楽団には,かつて文豪・小林多喜二の実弟,小林三吾氏が所属()しており,今回の公演に小林多喜二役の小西克幸さんが出演することも何か縁があったのかも……と盛り上がる一幕もあった。

※東京交響楽団に確認をしたところ,小林三吾氏は東京交響楽団の前身である東宝交響楽団(1946年設立)の第1回定期演奏会から在籍。当初は第1ヴァイオリンを担当し,その後,第2ヴァイオリンに移ったとのこと

画像(005)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった
 コンサートの第一部は,メインテーマの「文豪とアルケミスト」で開幕。厚みのあるヴァイオリンが奏でる“あの旋律”が,一気にホール内を文アルの世界,帝國図書館内部に変化させていく。激しく盛り上がったのは,「未知ノ路往く文士タレ」から続く「文士タレ」シリーズ。金管楽器や打楽器による力強いメロディが,戦闘での高揚感を与えてくれるようだった。

画像(003)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった

 第一部終了後,休憩をはさんだあとに声優陣による朗読&トークコーナーが始まる。出演したのは,織田作之助役の小野坂昌也さん,小林多喜二役の小西克幸さん,萩原朔太郎役の野島健児さんの3人。
 由緒正しいコンサートホールに合わせたのか,静かなトーンで話し始めた小野坂さん。声を落としすぎて,ホラーテイストにも聞こえる口調に会場からはクスクスとした忍び笑いが漏れ始めた。続いて,小野坂さんと同じトーンで話す小西さんに,残された野島さんは「俺も……?」と自分を指さしながら,その流れに乗っかり,密やかに話す3人の姿が印象的だった。
 “もしもこの文豪があの文豪の詩を読んだら”と“音楽に乗せて唄われている詩”をコンセプトにした朗読コーナーには,ゲームに実装されている楽曲でヴァイオリンを弾いている松原まりさんが登場。
 松原さんの演奏に乗せて,小野坂さんは室生犀星の「砂丘の上」(作曲:小松耕輔)と「かもめ」(作曲:弘田龍太郎),小西さんは萩原朔太郎の「詩集『月に吠える』」より「竹」を二編(※演奏は「混声合唱とピアノのための『月に吠える』」より「蛙の死」 作曲:石若雅弥),野島さんは北原白秋の「あめんぼの歌」(作曲:下総皖一 ※「五十音の唄」として)を読んでいく。
 人によってはなじみの薄い詩でも,音楽と共に紡がれる言葉は耳の奥にすんなりと届き,一編を読み終えるたびに,大きな拍手が送られていた。

左から,松原まりさん,野島健児さん,小西克幸さん,小野坂昌也さん
画像(004)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった

 第二部は,東響コーラスも加わり,「館長ノ御題曲」「廻覧」「折衷食堂」など,図書館での日常を描いたような楽曲から始まっていく。たくさんの楽器を使用したオーケストラによる日常は,どれも表情が豊かだ。
 しかし,その後の「いざ征きめやも」からシリアスな雰囲気に。コンサートのクライマックスでは「蝕ミ二抗フ文士タレ」「破綻スル齒車」という激しく緊張感のある戦いを描いた2曲が演奏される。この戦いで浄化完了できたのか,それとも違う結末が見えたのかは観客それぞれのイメージに委ねられたようだった。

画像(007)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった 画像(008)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった
画像(009)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった 画像(010)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった
画像(011)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった 画像(012)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった
画像(013)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった 画像(014)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった

 そして,エンディングは再びメインテーマである「文豪とアルケミスト for Violin solo & Orchestra」。ここでは松原さんがソリストとして登壇。オープニングで演奏されたバージョンとは異なり,ヴァイオリンソロやコーラスが加わった楽曲は,より繊細さと迫力が増していた。

画像(006)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった

 すべての演奏を終えると,松原さんと指揮者の柴田真郁氏が観衆に向けて一礼。柴田氏の計らいで客席に座っていた坂本さんもステージに招かれ,いつまでも鳴り止まない拍手に応えていた。

 なお,今回のコンサートの模様は,後日,ノイジークロークよりCDとしてリリースされることが決まったとのこと。発売時期などは未定だが,今後の情報をお見逃しなく。

画像(015)「文豪とアルケミスト」オーケストラコンサートをレポート。ホールに響き渡る美しい旋律が,聴衆を帝國図書館へいざなった

Music 4Gamer #3
「文豪とアルケミスト」
オーケストラコンサート
演奏曲目

■第一部

1.「文豪とアルケミスト」
2.「憩」
3.「和」
4.「未知ノ路往く文士タレ」
5.「焦眉ニ抗フ文士タレ」
6.「開進止メヌ文士タレ」

■第二部

7.「館長ノ御題曲」
8.「廻覽」
9.「折衷食堂」
10.「いざ征きめやも」
11.「蝕ミニ抗フ文士タレ」
12.「破綻スル齒車」
13.「文豪とアルケミスト for Violin solo & Orchestra」

「Music 4Gamer #3『文豪とアルケミスト』オーケストラコンサート」特設ページ

「文豪とアルケミスト」公式サイト

注目の記事

1
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2
★★★★★★★★
3
★★★★★★★★
4
★★★★★★★★
5
★★★★★
6
★★★★
7
★★★★
8
★★★★
9
★★★★
パッケージ
文豪とアルケミスト公式サイトへ
  • DMM GAMES
  • 発売日:2016/11/01
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する