オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
1-2-Switch公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2017/03/03
  • 価格:5378円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
1-2-Switch
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「1-2-Switch」プレイレポート。「ベースボール」や「ゴリラ」「赤ちゃん」など,個性あふれる28種類のゲームの中から6種類を紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/03/03 19:50

プレイレポート

「1-2-Switch」プレイレポート。「ベースボール」や「ゴリラ」「赤ちゃん」など,個性あふれる28種類のゲームの中から6種類を紹介

 2017年3月3日に発売された,任天堂の新たな据え置きゲーム機「Nintendo Switch」。そのローンチタイトルの1つである「1-2-Switch」(ワン・ツー・スイッチ)は,2人のプレイヤーそれぞれが,モーションIRカメラやHD振動といった機能を持つコントローラ「Joy-Con」を使用して“画面ではなく相手の目を見て遊ぶ”ことができる,新感覚のパーティーゲームだ。


 今回,本作に収録されている28種類のゲームの中から,「ベースボール」「ライアーダイス」「ゴリラ」「ソードファイト」「金庫破り」「赤ちゃん」という6種類をピックアップして紹介しよう。

 なお,1月に開催されたNintendo Switch体験会の際に「ガンマン」「ミルク」「コピーダンス」「大食いコンテスト」「真剣白刃取り」「カウントボール」という6種類のゲームのプレイレポートを掲載している。気になる人はこちらもチェックしておこう。

■関連記事(プレイレポート)
本体と同時発売のパーティーゲーム「1-2-Switch」をプレイ。IRカメラやHD振動など,Nintendo Switchならではの機能を使ったミニゲームが楽しめる


「1-2-Switch」公式サイト



ベースボール


1-2-Switch

 Joy-Conを持った2人のプレイヤーがそれぞれピッチャーとバッターとなり,先行と後攻で1イニングずつ勝負。得点の多かった方が勝利となる対面型ゲームだ。
 ピッチャーは[R(L)]のスローボールか[ZR(ZL)]の速球どちらかを押しながらJoy-Conを振って投球し,バッターはそれぞれのタイミングに合わせてJoy-Conでスイングをするというシンプルなルールだ。ボールの判定は無いが,バッターはタイミングを外されて空振りや見逃ししてしまうことで3ストライクを取られるか,打ち損じてゴロやフライになってしまうと1アウトとなり,実際の野球と同じく3アウトで攻守が交代する。

 少しプレイしただけでは,プレイヤー同士の距離感やタイミングをしっかり掴むことはできなかったが,シングルヒットやフェンス直撃の長打,そしてホームランなどが,なかなか細かいタイミングでジャッジされていた。ゴロで1アウトと思いきや,野手がボールを弾いてランナーが出塁するなど,実際の野球のような展開も用意されている。

1-2-Switch 1-2-Switch

 今回の対戦は,奇しくも「北海道日本ハムファイターズ」ファンの筆者(Junpoco)対「広島東洋カープ」ファンのS.K.Yという“日本シリーズ2016”の再演(?)となったのだが,実際の選手のフォームを真似たり,走者が出ている際にクイックモーションや牽制球を投げるふりをしたりしてかなり盛り上がった。
 シンプルなルールとプレイ方法なので,野球をあまり知らなくても問題なく楽しめるが,野球ファン同士だとさらに白熱するものとなるだろう。

 熱中し過ぎてしまい,Joy-Conを本当にボールのように投げてしまったり,ホームラン時のバット投げのように天井に投げつけてしまわないよう,手首にストラップをしっかりと巻くことを忘れないようにしよう。


ライアーダイス


1-2-Switch

 サイコロが2つ入ったカップを振って合計の出目で勝負するという,一見シンプルなダイスゲーム。しかしこのゲームの本質は“心理バトル”にある。
 これは,自分の出目が分からない代わりに,相手の出目がHD振動で震える数で伝わってくるというゲームで,相手の出目が大きかった際,いかに表情や会話,ハッタリやリアクションで相手を揺さぶり,サイコロを振り直させて出目を弱くするかが勝負のカギとなるという,Nintendo Switchの機能を生かした新感覚ゲームだ。

1-2-Switch 1-2-Switch

 この心理戦がなかなか深い。というのも,2ゾロは[8点],3ゾロは[12点],[4ゾロは16点]……というように,ゾロ目は通常の出目より強くなるのだが,例えば4回振動したとすると,1と3で[4点]の可能性もあれば,2ゾロの[8点]の場合もある。このように,偶数のときはそのままの点数のときもあれば大きい点数の可能性もあるので,相手を揺さぶる方も頭を使う必要があるのだ。
 ちなみに,震える数は最も少ない1ゾロだが,これは[99点]という最強の出目となる。2回しか震えないときは「ヤバい!」という雰囲気を読み取られないよう,必ず相手に振らせなければならない。

 カップを振る際の振動も,実際にカップの中で「カラカラッ」とサイコロが音を立てて転がっているような感覚があって楽しい。仲のいい友人や,お互いの性格をよく知る人同士で遊ぶと,きっと盛り上がるだろう。


ゴリラ


1-2-Switch

 プレイヤーはそれぞれ1頭のオスゴリラとなり,メスゴリラの気を引くために“ドラミング”で勝負するという,己が持つ野生をぶつけ合う対面型ゲームだ。

 本体から流れてくる「ウッホッホッ」や「ウホッホ,ホホホ」といったリズム(メスゴリラの吠え声)に合わせて,タイミングよく胸を叩くふりをするパートを3回こなすと,自分なりのゴリラを自由に表現できる「アピールタイム」に突入。最終スコアとなる「ラブスコア」で,ライバルのオスゴリラと,メスゴリラを賭けて戦うのだ。

1-2-Switch 1-2-Switch

 少しの時間のプレイでは,「ラブスコア」がどのようにジャッジされているかが掴みきれず,またゴリラへのなりきりが足りなかったのか,なかなか思ったようにメスゴリラに思いを届けられなかった。周りの物や競いあうライバルゴリラとぶつからないよう注意が必要となるが,思いきって腕を振ったほうが高ポイントにつながるのかもしれない。

 なお,胸を叩くふりではなく,実際に胸を叩いてしまうとJoy-Conが感知して注意が入る。怪我をしたり,Joy-Conが壊れたりする原因にもなるので,こちらにも十分気を付けながら,ゴリラになりきってゲームを楽しもう。


ソードファイト


1-2-Switch

 Joy-Conを剣に見たてて,ローマ時代の剣闘士の如く,対戦相手と攻防を繰り広げるゲーム。Joy-Conを振ると攻撃ができ,縦に振ると縦斬り,横に振ると横斬りになる。[ZL]もしくは[ZR]キーボタンを押していると防御態勢となり,縦斬りなら横に,横斬りなら縦にJoy-Conを構えることで攻撃を防げる。ちなみに同時に攻撃したときは剣同士がぶつかってお互い攻撃失敗になる。

1-2-Switch 1-2-Switch

 今回の執筆にあたって,ひと通り「1-2-Switch」のゲームを遊んでみたが,相手のアクションにダイレクトな対応が求められる「ソードファイト」は,もっとも駆け引きを必要とするゲーム性だと感じた。相手の動き,自分の挙動,フェイントかそうでないか,相手の防御をどう崩すか,攻撃をどう防ぐか,まるで剣道の試合のような(筆者(S.K.Y)は剣道経験者)緊張感ある対戦が味わえる。

 この手のゲームが得意な人同士が戦うと,観戦者を魅了する戦いが繰り広げられるかもしれない。


金庫破り


1-2-Switch

 Joy-Conの微細なHD振動を使った対戦タイプのゲームだ。Joy-Conを金庫のダイヤルに見たて,微妙な振動を頼りに回しながら錠を外していく。相手より先に3個の「当たり」を引き当てて金庫を開けた方の勝ちとなる。

 振動の違いを表現するのはなかなか難しいのだが,普段はダイヤルを回しているような振動が,「当たり」の場所では「コツン」という感覚の振動へと変わる。その場所でJoy-Conを止めると錠が外れていくのだ。どちらがいくつの錠を解除しているのかは,ゲーム画面に表示される。

1-2-Switch

 相手の挙動を見ながら対戦していると,妙な緊迫感と焦りを生む。振動は当然ながらJoy-Conを持っている本人にしか伝わらないので,相手の動きが止まっていると「当たり」となる場所を見つけたのではないか,と余計なことを考えて手の感覚がおろそかになってしまう。

 焦らず素早く正確に,熟練の金庫破り職人の如く,手の微細な感覚とメンタルの強さが勝負の肝になる。怪盗になりきって遊ぶのがオススメだ。


赤ちゃん


1-2-Switch

 28種類のゲームの中でも異彩を放っているのがこちらで,「大食いコンテスト」と同じく1人でプレイする。ゲームのルールは単純で,Nintendo Switch本体をぐずる赤ちゃんに見立て,うまく抱っこして寝かしつけて,そっとベッド(に見立てたテーブルの上など))に寝かせてあげるだけ。本体の画面には赤ちゃんの姿が映し出されており,やさしく揺するなどして寝かしつけるのだ。Nintendo Switchを赤ちゃんのごとく抱きかかえている姿は,ちょっと異様で面白い光景だ。

1-2-Switch 1-2-Switch

 ルールは「寝かしつける」と単純なのだが,寝かしつける説明が「やさしく揺すって赤ちゃんを寝かしつけてください」のみで,そこに至るまでの手順は完全に感覚頼り。泣き止ませて寝かしつける手順の不透明さもさることながら,寝たと思ってベッドにそっと置いても,また泣き出してしまったりするので,なかなか難しい。愛情をもって接するのがコツかもしれない。

 ちなみに寝かしつけると,それまでにかかった時間が画面に表示される。対戦形式のゲームではないが,「どちらが早く寝かしつけられるか」で競うこともできるだろう。


オススメの遊び方「チームマッチ」


1-2-Switch

 28種類の中から遊びたいゲームを選択して遊んだり,「シャッフルモード」でランダムにゲームを選択したりと,その遊び方もさまざまな本作。最後にオススメの遊び方として,チームに分かれて戦うことができる「チームマッチ」モードを紹介しよう。

 これは右チームと左チームに分かれて戦うモード。モードの勝敗はすごろく形式となっており,先にコマがゴールについたチームの勝ちとなる。盤上の23マス(ゴールを含めて24マス)にはゲームがランダムに配置されており,止まったマスのゲームで勝負し,勝ったチームがルーレットを回してコマを進める。ちなみに最初のゲームは23マスに配置されているゲーム以外のどれかが選択される。

 1対1のガチンコ勝負に使っても良し,多人数が集まる場所で遊んでも盛り上がるだろう。チームメンバーが対戦しているところを応援したり,みんなで悔しがったり,逆に勝利を喜んだり……見ているだけでも盛り上げるという本作をまさに体現しているゲームモードだ。

「1-2-Switch」公式サイト

  • 関連タイトル:

    1-2-Switch

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月20日〜08月21日
タイトル評価ランキング
92
82
NieR:Automata (PS4)
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
74
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
2017年02月〜2017年08月