オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/08/22 17:41

イベント

[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ

Paradox Interactive,Mattias Lilja氏
画像集#001のサムネイル/[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ
 Paradox InteractiveがGamescom 2010にあわせて発表した新作「Cities in Motion」は,2011年第1四半期の発売を予定している,輸送や交通をテーマにしたシミュレーションゲームだ。
 こういったテーマのゲームは,1994年にMicroproseから「Transport Tycoon」というタイトルがリリースされているが,本作では「シムシティ」のような3Dグラフィックスが採用されており,ウィーン,ヘルシンキ,ベルリン,そしてアムステルダムと,かなりマニアックなチョイスのヨーロッパの4都市を舞台にしてプレイすることになる。

画像集#002のサムネイル/[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ

 プレイヤーは,約100種類のビルによって描かれたCities in Motionの街に,バス,列車,地下鉄,船,飛行機などの交通手段を,その時代の交通網の進化にあわせて設置していくことになる。ゲームで描かれる時代は1920年からの100年間だ。
 マップ上には車や電車ばかりでなく,街を行き交う人々の様子もうかがえるが,Paradox Interactiveの総合プロデューサーMattias Lilja氏によると,これらの交通網が渋滞にならないよう街をデザインすることが,ゲームのポイントになるという。

画像集#005のサムネイル/[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ 画像集#009のサムネイル/[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ
画像集#008のサムネイル/[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ 画像集#006のサムネイル/[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ

 またLilja氏は,Cities in Motionにはホワイトカラー,ブルーカラー,観光客といった7タイプの人口が存在し,それらのニーズを上手く満たしてやる必要があるとも語っていた。街の中心がラッシュアワーで混雑したり,空港から観光名所までの直結道路がなかったりといった問題を解決しつつ,交通網を整備することで経済が活性化し,映画館の建設やビジネスパークの誘致といったイベントなどを経て,街がどんどん大きくなっていくのである。

画像集#004のサムネイル/[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ 画像集#003のサムネイル/[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ
画像集#007のサムネイル/[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ 画像集#010のサムネイル/[Gamescom]交通整備でより良い街を。Paradoxが贈る新作「Cities in Motion」は,交通史100年を体験できるシミュレーションゲームだ

 4つの都市には計12種類のミッションが用意されており,サンドボックスで自由に遊べるようなモードもあるという。ウィーンやヘルシンキといった都市の選択は,おそらくロンドンやフランクフルトのような大都市を避け,適度にスペースのある街を選んだためだと思われるが,Lilja氏の話では,ある程度の人気を得ることができれば,新しい都市マップをリリースできるだけの拡張性は持たせてあるとのこと。
 氏は「開発者達からは,1000万人規模の人口がある東京のようなマップを作ってみたい,という要求もあがっている」と話しており,その辺りは少し期待してもいいかもしれない。
  • 関連タイトル:

    シティーズ・イン・モーション

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月17日〜06月18日