オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/06/24 12:00

広告企画

【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

画像集#002のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 月々一定金額を払うだけで,高性能なゲーマー向けPCとゲーム用周辺機器一式を自由に使えて,さらにゲームのプレイし放題サービスや,充実したサポートまで利用できるレノボ・ジャパン(以下,Lenovo)のサブスクリプションサービス「スグゲー」が好評を博している(関連記事)。
 サブスクリプションサービスといえば,映像作品や音楽の月額見放題,聴き放題サービスがよく知られており,自分でも利用しているという人は少なくないだろう。スグゲーは,それのゲームPC&関連サービス版といったもので,用意されたデスクトップPCやノートPCから使いたいものを選び,1年間または2年間利用できるサービスだ。

 「使いたければ購入する」のが当たり前だったゲームPCを,月額料金だけで使えるようになるという他にはないサービスだけに,どんな内容で,何ができるのかをすぐにはイメージできないという人も多いだろう。また,4Gamerでは一度スグゲーを詳しく紹介したこともあるのだが,それから利用できる機材やサービス内容が更新された部分もある。
 本稿では,スグゲーの基本的な情報から付随するサービスの詳細,そしてサービスの申し込み方法や,実際に使えるゲームPCでどれくらいゲームを快適にプレイできるかまでを紹介していきたい。

Lenovoのスグゲー公式Webサイト



ゲーマー向けPCを月額料金で試せるスグゲー


 月々一定の料金でゲーマー向けPCを使えるスグゲーには,さまざまな利点があるのだが,まずは基本である「ゲーマー向けPCを定額制で使う」ことの利点は何かから説明しよう。

 ゲーマー向けPCの利点は,PCゲームを快適に動かせるスペックの高さと,高性能によるPC作業の快適さにある。PCを使う用途の中でも,ゲームは最もCPUやGPUの処理性能に対する要求が厳しいものだ。そのゲームを快適に動かせるPCであれば,写真や動画編集のように高いスペックのPCを求められる用途にも対応できる。そのため,ゲーマー向けPCはゲーマーだけでなく,マシンスペックを必要とする作業をする人たちにも好評を博しているわけだ。

Lenovoのゲーマー向けノートPC「Legion 760」の場合,最上位モデルのMicrosoft Office付きになると,直販価格は50万170円(税および送料込み)もする。ただ,Lenovoでは,直販サイトでセールやクーポン提供をよく行っているので,実のところ,割引価格でPCを手に入れられるチャンスは多い
画像集#005のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
 とはいえ,スペックの高いPCは相応に価格も高い。とくに,高性能な最新GPUを搭載するゲーマー向けPCになると,20万円半ばから30万円台,なかには40万円を超えるものもある。ベテランのPCゲーマーであっても,この金額をポンと出せる人は多くないだろうし,初めてのゲームPCを購入するという人なら,思わずためらうこともあるだろう。

 さらに,PC本体だけでなく,ゲーマー向けのキーボードやマウス,液晶ディスプレイやヘッドセットといった周辺機器も一式揃えるとなれば,それだけで5万〜10万円近い追加費用が必要な場合もある。ゲームを快適に楽しめるゲーマー向けPCと周辺機器を購入するには,かなりの出費が必要となることもあるのだ。
 そんなときに役立つのが,サブスクリプションサービスでゲームPCを利用できるスグゲーなのである。

 スグゲーでは,ゲーマー向けPCを1年間あるいは2年間使用して,そのPCが自分に必要な性能や快適さを有するかを確認できる。そのうえで,使用したPCが気に入ったら契約期間の終了後に継続利用の契約をして,使用したPCの代金から支払い済みの費用を引いた残価を支払うことで,そのPCを自分の物にできるのだ。残価の支払いは一括払いだけでなく,分割払いも可能である。
 なお,「PCを自分の物にはできないのに,お金を払い続けるのはもったいないな」と考える人も,継続利用の買い取り制度も用意してあるので,安心して利用できるだろう。

 ゲーマー向けPC初心者だけでなく,ゲーマー向けPCを使い慣れたベテランゲーマーにとっても,スグゲーには利点がある。1年もしくは2年契約のため,契約期間が終了したら使ったPCを返却して,再びスグゲーで最新のゲームPCに乗り換えることもできるのだ。
 ハイエンドのゲーマー向けPCといえども,購入して3〜4年も経過すれば,CPUやGPUはモデルチェンジして性能面で見劣りするようになってしまうもの。しかし,常に最高性能を求めてゲームPCを短期間で買い換えるのは,多額の費用がかかる。古いPCをどう処分するかで頭を悩ませることもあろう。
 そんな場合でも,スグゲーを利用すれば1〜2年ごとに最新のゲーマー向けPCを使うことができ,古くなった機材は返却で手放せるというわけだ。

 「1〜2年でPCを返却するなら,結局割高にならないか」と考える人もいるだろうが,先述したように,スグゲーはPC本体だけでなく,ゲーマー向け周辺機器やゲームのサブスクリプションサービス,有料サポートサービスなどもセットになっているので,トータルで見るとかなりお得なサービスであるのは間違いない。


スグゲーの最新ラインナップをチェック


 サブスクリプションサービスであるスグゲーのメリットを理解してもらったうえで,スグゲーの概要を紹介したい。まずは,スグゲーで利用できるPCのラインナップから見ていこう。

 スグゲーには,ゲーマー向けデスクトップPC(ゲーミング・デスクトップ)とノートPC(ゲーミング・ノートブック)があり,それぞれに「エントリーパッケージプラン」「スタンダードパッケージプラン」「プレミアムパッケージプラン」の3プランを用意して,ユーザーの希望に合ったPCを選べる仕組みだ。
 さらに,ノートPCには「ノートブック オプションセット」として,Lenovo製のゲーマー向けマウス「Lenovo Legion M500 RGB ゲーミングマウス」とゲーマー向けヘッドセット「Lenovo Legion H500 PRO 7.1 サラウンドゲーミングヘッドセット」が付属してくる。

 ノートPCの各プラン概要は以下のとおり。

ゲーミング・ノートブック


エントリーパッケージプラン
Legion 550i(15.6型)
Legion 550i(15.6型)
画像集#006のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
  • ディスプレイ:15.6インチ,1920×1080ドット,144Hz表示対応
  • CPU:Core i5-10300H(4C8T,定格2.5GHz,最大4.5GHz,共有L3キャッシュ容量8MB,TDP 45W)
  • GPU:GeForce GTX 1660 Ti(グラフィックスメモリ容量4GB)
  • メインメモリ容量:16GB(8GB×2)
  • 内蔵ストレージ:SSD 容量512GB
  • 税込月額料金:9500円(1年契約時),5900円(2年契約時)

スタンダードパッケージプラン
Legion 560Pro(16.0型) 新登場
Legion 560Pro(16.0型)
画像集#007のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
  • ディスプレイ:16インチ,2560×1600ドット,165Hz表示対応
  • CPU:Ryzen 7 5800H(8C16T,定格3.2GHz,最大4.4GHz,共有L3キャッシュ容量16MB,TDP 45W)
  • GPU:GeForce RTX 3060 Laptop GPU(グラフィックスメモリ容量6GB)
  • メインメモリ容量:16GB(8GB×2)
  • 内蔵ストレージ:SSD 容量1TB
  • 税込月額料金:1万1200円(1年契約時),7300円(2年契約時)

プレミアムパッケージプラン
Legion 760(16.0型) 新登場
Legion 760(16.0型)
画像集#008のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
  • ディスプレイ:16インチ,2560×1600ドット,165Hz表示対応
  • CPU:Ryzen 9 5900HX(8C16T,定格3.3GHz,最大4.6GHz,共有L3キャッシュ容量16MB,TDP 45+W)
  • GPU:GeForce RTX 3080 Laptop GPU(グラフィックスメモリ容量16GB)
  • メインメモリ容量:32GB(16GB×2)
  • 内蔵ストレージ:SSD 容量1TB
  • 税込月額料金:1万6600円(1年契約時),1万800円(2年契約時)

 スグゲーでラインナップされているゲーマー向けデスクトップPCは,ノートブック オプションセットのマウスやヘッドセットに加えて,解像度1920×1080ドットで垂直最大リフレッシュレート144Hz表示対応のLenovo製24.5インチ液晶ディスプレイ「Lenovo G25-10 モニター」と,ゲーマー向けキーボード「Lenovo Legion K500 RGB メカニカルゲーミングキーボード」を含んだ「デスクトップ オプションセット」が付属してくる。

 そんなデスクトップPCの各プラン概要は以下のとおりだ。

エントリーパッケージプラン
IdeaCentre Gaming 550
IdeaCentre Gaming 550
画像集#009のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
  • CPU:Ryzen 5 3600(6C12T,定格3.6GHz,最大4.2GHz,共有L3キャッシュ容量32MB,TDP 65W)
  • GPU:GeForce GTX 1660 SUPER(グラフィックスメモリ容量6GB)
  • メインメモリ容量:16GB(8GB×2)
  • 内蔵ストレージ:SSD 容量256GBHDD 容量1TB
  • 税込月額料金:1万200円(1年契約時),6600円(2年契約時)

スタンダードパッケージプラン
Legion T550i
Legion T550i
画像集#010のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
  • CPU:Core i7-10700(8C16T,定格2.9GHz,最大4.8GHz,共有L3キャッシュ容量16MB,TDP 65W)
  • GPU:GeForce RTX 2060(グラフィックスメモリ容量6GB)
  • メインメモリ容量:16GB(8GB×2)
  • 内蔵ストレージ:SSD 容量512GB+HDD 容量2TB
  • 税込月額料金:1万2200円(1年契約時),7900円(2年契約時)

プレミアムパッケージプラン
Legion T750i
Legion T750i
画像集#011のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
  • CPU:Core i9-10900K(10C20T,定格2.9GHz,最大4.8GHz,共有L3キャッシュ容量16MB,TDP 95W,液冷式クーラー標準装備)
  • GPU:GeForce RTX 2070 SUPER(グラフィックスメモリ容量8GB)
  • メインメモリ容量:32GB(16GB×2)
  • 内蔵ストレージ:SSD 容量1TB+HDD 容量2TB
  • 税込月額料金:1万5900円(1年契約時),1万300円(2年契約時)

 新しくラインナップに加わったノートPCのスタンダードパッケージプランに含まれるPCや周辺機器を,それぞれ単体で購入した場合はいくらかかるだろうか。スグゲーで提供されているノートPCのLegion 560Proは,家電量販店で販売中の製品とは,搭載GPUが異なる※1別モデルとなっているので,まったく同じものではない。その点を断ったうえで,量販店モデル(型番:82JQ005QJP)を基準に計算してみると,PC本体が税込24万2000円,マウスが7150円(税込直販価格),ヘッドセットが1万1880円(税込直販価格)で,計26万1030円となる。
 これがスグゲーのスタンダードパッケージプランになると,1年間契約の場合は月額1万1200円,2年契約の場合は月額7300円(いずれも税込)で使えるわけだ。

※1 量販店モデルの搭載GPUはGeForce RTX 3070 Laptop GPUであるが,スグゲーモデルはGeForce RTX 3060 Laptop GPUとなっている


スグゲーはゲームPCだけじゃない! ゲーム定額サービスとゲームPC向け有料サポートもついてくる


 冒頭でも軽く触れたが,スグゲーのポイントはゲームPC本体と周辺機器を月額料金で使えることだけではない。スグゲーの各プランには,ゲームのサブスクリプションサービスである「Xbox Game Pass」と,有料サポートプラン「Legion Ultimate Support」が含まれており,これらを追加料金なしで利用できるのだ※2

※2 基本料金に含まれない有料のゲーム内追加コンテンツや,有償修理となる故障内容である場合は除く

Xbox Game Passの公式Webページ
画像集#004のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
 Xbox Game Passの名は,知っている人も多いだろう。Microsoftが展開するゲームのサブスクリプションサービスだ。Microsoftのゲームだけでなく,「Fallout」シリーズや「The Elder Scrolls」シリーズで知られるBethesda Softworksのゲームや,セガの「龍が如く7 光と闇の行方 インターナショナル」のような新しいタイトルまで,100を優に超えるゲームを遊び放題でプレイできるというPCゲーマーなら見逃せないサービスだ。
 Microsoftは,Xbox Game Passの拡充に力を入れており,E3 2021で行われたオンラインイベント「Xbox Games Showcase」でも,2021〜2022年にリリース予定となっているゲームの多くが,Xbox Game Passのラインナップに加わる予定となっていることが明らかとなったほどだ。

Xbox Game Passのタイトルラインナップ。過去の名作から新しいタイトルまで網羅している
画像集#003のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 Xbox Game Passには,本稿執筆時点で3種類のプランが用意されており,スグゲーに契約すると,最上位のプランである「Xbox Game Pass Ultimate」を利用可能になる。このプランは,Xbox Game Passの標準的なゲームラインナップに加えて,Electronics Artsのゲームサブスクリプションサービス「EA Play」で提供されているゲームのプレイができるようになり,さらにXbox向けのオンラインサービス「Xbox Live Gold」も,追加料金なしで利用可能になるというものだ。要は,Xbox Game Passのサービス全部入りがXbox Game Pass Ultimateと理解していい。

 Xbox Game Pass Ultimateを単体で契約すると,1か月分で1100円の料金がかかる。それがスグゲーの月額料金にまるごと含まれているわけで,PCゲームの初心者から,毎月何タイトルものPCゲームをプレイしているゲームマニアまで,満足できるお得な内容と言っていいだろう。

Legion Ultimate Supportの公式Webページ
画像集#012のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
 有料サポートのLegion Ultimate Supportは,ゲーマー向けPCのユーザーに特化した非常に珍しいサポートサービスである。24時間365日対応する電話サポートや,故障したPCの引き取り修理サービスといったプレミアムなサポートプランではよくあるサポートはもちろんのこと,ゲームに特化したサポートを受けられるのが見どころだ。

 Legion Ultimate Supportの電話サポートは,ゲームを熟知したサポート要員が配属されており,単なるPCや周辺機器のトラブルだけでなく,ゲームに関わる問題も解決に取り組んでくれるという。たとえば,プレイしたいと考えているゲームの推奨環境をスグゲーのPCが満たしているのかや,ゲームそのものの入手方法やインストール方法といった内容も答えてくれるそうだ。
 また,Lenovo製品だけでなく,他社製品も含めたゲーマー向け周辺機器の設定や,「Discord」のようなゲームと併用することの多いチャットツールの設定方法をサポートしてくれたり,ゲーム映像のキャプチャや実況配信に関する問題のサポートなども行ってくれるという。PCに問題が生じていた場合,プリインストールのLenovo製ソフトウェアを使い,PCの状態チェックや故障診断を行って,問題解決に役立てることも可能だ。
 手厚い有料サポートプランを用意しているPCメーカーはLenovo以外にもあるが,ここまでゲームに重点を置き,ゲームを理解したスタッフによるサポートサービスを展開するというのは,少なくとも日本では例がないだろう。

 Legion Ultimate Supportの利用料金は,1年契約の場合税込3190円,2年契約は税込1万890円かかるのだが,スグゲーの利用者であれば追加料金なしでサポートを受けられるので,ゲーマー向けPCやPCゲームそのものに慣れていない人でも,安心して利用できるのではなかろうか。


スグゲーの申し込み手順を確認してみよう


 それでは,実際にスグゲーを申し込むときの手順を紹介していこう。
 まずはスグゲーのWebサイトにアクセスして,最上段のタブにある「プランをみる」をクリックする。すると,「ゲーミング・ノートブック」と書かれたタブと,3種類のプランが表示されるはずだ。Webページをプランのところまで下にスクロールしてもいい。

スグゲーの画面上部にある「プランをみる」(赤枠内)をクリックする
画像集#013のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 ゲーミング・ノートブックのタブの左にある「ゲーミング・デスクトップ」をクリックすると,デスクトップPCのプラン3種類に切り替わる。これら6種類の選択肢から,自分が使いたいプランの下にある「詳しくみる」ボタンをクリックしよう。

3つのプランから希望するものを選び,下段の「詳しくみる」をクリックする
画像集#014のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 遷移先の画面では,選択したプランの詳細が表示される。スペックに関する情報は「製品情報」と書かれた部分を,各プラン共通の付属品や付属サービスの情報は「全プラン共通」と書かれた部分をクリックすれば表示されるので,確認しよう。「ご契約と注意点」も重要なので,一読してほしい。

 プラン内容と製品情報をよく確認したうえで,問題なければ「サブスクする」ボタンをクリックしよう。なお,本稿掲載時点では,2年契約プランしか申し込みできないが,通常は1年契約プランの月額料金を確認することもできる。
 また,タイミングによっては,確認したプランが品切れとなっていて,「入荷時期未定」と書かれている場合もある。その場合はほかのプランを選ぶか,入荷されるのを待とう。

プラン内容を確認する。スペック情報は「製品情報」をクリックすると確認可能だ。問題なければ「サブスクする」,または下にある「サブスクしてみる」をクリックしよう
画像集#015のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 プランの確認後には,カートの表示に移る。ここでプラン内容を再確認したうえで,間違いがなければ「ご注文手続きへ進む」をクリックしよう。

契約するプラン内容と年数,料金をもう一度チェックしてから,問題なければ「ご注文手続きへ進む」をクリックする
画像集#016のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 注文手続の前には,スグゲーのサービスにログインをする。あらかじめ会員登録を済ませている人は,スグゲーのログインIDとパスワードでログインしよう(※LenovoショッピングのログインIDとは別なので注意)。
 会員登録をしていない人は,「会員登録をしてお支払い」をクリックして,次へ進む。会員登録の画面では,氏名や住所など登録情報を記入してアカウントを作成するだけだ。

会員登録済みの人は,ログインIDとパスワードを入力して「ログインする」ボタンを押す。始めての人は「会員登録してお支払い」をクリックする
画像集#017のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 ログインした次の画面では,依頼主情報や支払総額,支払い方法の確認を行う。住所氏名や電話番号などに間違いがないことを確認したら,「入力内容を確認する」ボタンをクリックしよう。次画面で最終確認が行われるので,もう一度,支払総額や依頼主情報,「ご契約の前に必ずお読みください」の各リンク先を確認したうえで,「本ページの記載事項に同意して注文受付画面へ」をクリックして申し込みを行う。

依頼主情報と支払い総額などの最終チェックをする。次の画面ももう一度確認できるし,間違いや変更すべき点があれば戻れるので安心していい
画像集#018のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 なお,スグゲーの月額料金は,「JACCS残価設定クレジット」での支払いとなり,それ以外の支払い手段はない。申し込み後は信販会社との契約を行って,それが終了すると,無事スグゲーの申し込みは完了だ。
 なお,スグゲーは申し込み後に信販会社による審査と機材の出荷が行われるので,審査は最短1日,審査終了後2営業日前後で出荷されるとのこと。落ち着いて待とう。


スグゲーのLegion 560ProでApex LegendsとDEATH STRANDINGをプレイ


 今回試用したのは,スグゲーのスタンダードパッケージプランで提供されているゲーマー向けノートPC「Legion 560Pro(16.0型)」(以下,Legion 560Pro)だ。Lenovo製マウスとヘッドセットも合わせた3点セットである。
 なお,インターネットの加入やネットワーク機器の設置などはプランに含まれていないので,ユーザーが揃える必要がある。インターネット接続の用意がない場合,スグゲーの契約と並行して,インターネットの契約も済ませておくのがいいだろう。

ノートPCのスタンダードパッケージプランで届いたLegion 560Proとマウス,およびヘッドセット一式。あとはゲームをインストールするだけでプレイできる
画像集#019のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 Legion 560Proについて,ごく簡単に説明しておくと,本製品は2021年3月に国内発売となったゲーマー向けノートPCである。

関連記事

Lenovo,RTX 3070&Ryzen 7 5800H搭載の16インチゲームノートPC「Legion 560 Pro」を国内発売

Lenovo,RTX 3070&Ryzen 7 5800H搭載の16インチゲームノートPC「Legion 560 Pro」を国内発売

 2021年3月23日,Lenovoは,16インチサイズで解像度2560×1600ドット,アスペクト比16:10の液晶ディスプレイを搭載したゲーマー向けノートPC「Lenovo Legion 560 Pro」を3月26日に発売すると発表した。CPUにRyzen 7 5800Hを,GPUにGeForce RTX 3070を搭載するのが特徴だ。税込の想定売価は23万1000円となる。

[2021/03/22 11:13]

 ノートPCで一般的な15.6インチサイズよりも,わずかだが大きい16インチサイズの液晶パネルを採用しているのが特徴の1つで,縦方向に若干広い解像度2560×1600ドット,アスペクト比は16:10となっている。縦方向に長いWebページの表示などに効果を発揮するだろう。

Legion 560Pro
画像集#020のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 搭載CPUとして,高スペックで価格対性能比に優れるAMD製の8コア16スレッド対応「Ryzen 7 5800H」を採用。GPUにはNVIDIAのミドルクラス市場向け「GeForce RTX 3060 Laptop GPU」を搭載するなど,ゲーマー向けノートPCでは最強というほどではないものの,かなり充実したスペックを誇るPCと言えよう。
 それに加えて,メインメモリ容量は16GB,内蔵のSSD容量も1TBあるので,大作ゲームのインストールにも余裕で対応できる点も評価すべきところだろう。

 とはいえ,スペックだけでゲームの快適さは計れないもの。実際にゲームをプレイして,Legion 560Proがどの程度快適なのかを確かめてみたい。今回テストに選んだのは,バトルロイヤルFPS「Apex Legends」と,アクション「DEATH STRANDING」という人気の2タイトルだ。

画像集#021のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
 まずはApex Legendsからだが,筆者は3D酔いしやすいうえにFPSが得意なほうではないので,勝率は正直低い。しかし,Legion 560Proは,ゲーム側の標準グラフィックス設定が相応に高いのにもかかわらず,高いフレームレートでゲーム映像を描画できている。おかげでプレイは実に快適で酔いにくい。最大リフレッシュレート165Hzに対応する液晶ディスプレイを搭載する効果もあるだろう。

 ベンチマークテストというほどではないが,NVIDIA製のフレームレート計測ツール「FrameView」を使用し,ゲーム内の「射撃練習場」を一定のパターンで回るプレイでフレームレートを調べてみた。すると,平均フレームレートは100fps前後,事実上の最小フレームレートにある99パーセンタイルのフレームレートが85fps前後となり,期待どおりに高い性能が出ている。
 高いフレームレートで表示できたからといってプレイも上手くなるわけではないが,高解像度の映像で快適なプレイが楽しめるのは間違いない。

画像集#022のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

画像集#023のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう
 DEATH STRANDINGもプレイしてみよう。本作はNVIDIA独自のAIベース超解像&アンチエイリアシング技術である「DLSS」に対応しているので,GeForce RTX 3060を搭載するLegion 560Proなら,描画設定を高くしても,高いフレームレートを保ちながら快適なプレイが期待できるはずだ。

 NVIDIA製のGeForceユーザー向け無料ソフト「GeForce Experience」による最適の画質設定でDEATH STRANDINGをプレイしてみたが,雪の降り続く雪山を高速で移動したり,銃撃戦のイベントを再プレイしたりしても,60fpsを優に超えて80fps前後の平均フレームレートで表示できていた。ディスプレイ解像度が2560×1600ドットと高いので,フルHD解像度ではつぶれがちな細かいディテールも表現できている。
 また,フレームレートが高いだけでなく,内蔵ストレージが高速なSSDであるおかげで,データの読み込みで待たされるようなこともない。少なくとも,同じゲームをPlayStation 4で遊ぶのよりは,かなり快適かつ高画質なのは間違いない。

画像集#024のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 Legion 560Proは,持ち運びに適した軽さ重視のノートPCではないので,公称本体重量は約2.45kgと相応に重い。とはいえ,バックパックに収納してACアダプターごと持ち運ぶくらいなら苦にならない程度なので,学校や友人宅に持っていってプレイするのにも役立つはず。ゲーマー向けノートPCならではの使いかたも楽しめるだろう。


ゲームPCを手頃な価格でトライできるスグゲーを見逃すな


 ゲーマー向けPCは相応に高価な買い物であり,手を出しにくいと考える人は少なくないだろう。とくに学生や社会人生活を始めて間もない人に,20〜30万円のPCと1つ1万円近い周辺機器を揃えろというのは,なかなか難しい話だ。そんなときに役立つのが,ゲームPCを定額制で利用できるスグゲーであるということは,理解してもらえたのではないだろうか。
 とくに,PC本体だけでなくゲームサブスクリプションサービスのXbox Game Pass Ultimateと,ゲームPCユーザーに特化したサポートプランのLegion Ultimate Supportを追加料金なしで利用できるというのは,かなり魅力的なポイントだ。

 今回使ったPCと周辺機器をまとめて買うと,ハードウェアだけで26万円ほどかかる。それに加えて,1年契約で3190円,2年契約なら1万890円かかるLegion Ultimate Supportと,1か月間で1100円のXbox Game Pass Ultimateが,スグゲーなら追加料金なしで利用できる。つまり,機材一式+サービスで1年間なら毎月2万3000円程度,2年間でも毎月1万2000円程度の出費がかかるところを,スグゲーなら1年間で毎月1万1200円,2年間なら毎月7300円で使えるわけだ。これはかなりお得だ。

 ゲーマー向けPCのメリットは,実際にゲームをプレイしてこそ体験できるもの。「ゲーマー向けPCを試してみたいけれど,一式を揃えるのはちょっと予算が……」という人は,スグゲーで1〜2年かけてゲームPCの良さを体験してみることをお勧めしたい。また,最新のゲームPCをとっかえひっかえ使いたいというよくばりなコアゲーマーにも,スグゲーは価値のあるサービスと言えるのではないだろうか。

画像集#025のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

Xbox Game Passとスグゲーのコラボ企画でQUOカードPayが当たる


画像集#026のサムネイル/【PR】LenovoのゲームPCサブスクサービス「スグゲー」。最新PCとXbox Game Pass対応でパワーアップした内容を紹介しよう

 2021年7月7日までの間,Xbox Game Passとスグゲーのコラボキャンペーンが実施中だ。同日までにスグゲー会員に登録した人の中から,抽選で100名に1000円分の「QUOカードPay」が当たるのでお見逃しなきよう。

Xbox Game Passとスグゲーのコラボキャンペーン特設ページ


Lenovoのスグゲー公式Webサイト


(C)2019 Electronic Arts Inc.
(C)2019 Sony Interactive Entertainment Inc. DEATH STRANDING is a trademark of Sony Interactive Entertainment LLC. Created and developed by KOJIMA PRODUCTIONS. PC version published by 505 Games.

  • 関連タイトル:

    Legion,ideacentre Y,ideapad Y

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月30日〜07月31日
タイトル評価ランキング
68
2021年01月〜2021年07月