パッケージ
DEATH STRANDING公式サイトへ
  • 505 Games
  • コジマプロダクション
  • 発売日:2020/07/14
  • 価格:DL版:7590円(税込み)
    パッケージ:8690円(税込み)

    DIRECTOR’S CUT:4980円(税込)
    ※2022年3月30日にSteam/Epic Gameストアで配信
    通常版から有償アップグレード 1280円(税込)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/09/15 17:32

イベント

[TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

 「東京ゲームショウ2022」物販ブースは今回,幕張メッセのホール7〜8の南側に位置しており,ブース番号「8-S09」にコジマプロダクションが出展している。開幕初日からグッズを買ったり,サンプルを眺めたりするファンで賑わっていた。

ホール8のコジマプロダクションのブース。物販のみでゲーム展示はないが,掲示された謎のビジュアルが話題になっている(関連記事
画像集 No.002のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

「コジマプロダクション」公式サイト


 ブースでは「DEATH STRANDING」や,同社のシンボルキャラクター「ルーデンス」関連のグッズを販売している。SNSなどで事前に告知された新製品も含め,80種類以上のグッズが用意されていた。

初日からファンで賑わう販売商品の展示コーナー
画像集 No.003のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

少し前に小島秀夫氏自らTwitterで披露した,「DEATH STRANDING」に登場する食用生物「クリプトビオシス」のぬいぐるみ
画像集 No.004のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

「よつばと!」の「ダンボー」とルーデンスがコラボした「リボルテックダンボー・ミニ ルーデンスver.」
画像集 No.005のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

ウクライナ支援のチャリティーグッズ「ルーデンス ピースマークユニット」も販売中だ
画像集 No.006のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

「DEATH STRANDING」の主人公サムをはじめ,キャラクターのフィギュアもある
画像集 No.007のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

アパレルも多数用意されている。これは,ヴィレッジヴァンガードとのコラボアイテム「コジマプロダクション[DEATH STRANDING]×ブリッジシップハウス」のTシャツ
画像集 No.008のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

コジマプロダクションのキャラクター,「ルーデンス」のグッズ群
画像集 No.009のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

 同ブースは今回,レジでの混雑緩和のため,スマホやタブレットなどのモバイル端末を使った商品の販売システムを導入している。筆者も実際の手順に従って商品を購入してみたので,簡単に紹介していきたい。

 来場者はブースに掲示されたQRコードをモバイル端末で読み込んで専用のURLにアクセスすると,グッズページから販売中の商品を選ぶことができる。購入したい商品をカートに入れて決済に進むと,本人確認のための電話番号の入力を求められ,その番号にSMSで届くコードを入力する。

画像集 No.010のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた
QRコードでアクセスした実際の商品画面。在庫状況はリアルタイムで更新されている
画像集 No.011のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた
商品をタップすると詳細画面になり,カートに追加ができる

画像集 No.012のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた
商品を入れたカート
画像集 No.013のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた
決済に進むと,ブースでの商品引き取り時間帯を選択できる

画像集 No.014のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた
精算方法は「物販ブースでの精算」のみで変更はできない。最後に「注文する」を選ぶと購入が完了
画像集 No.015のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた
購入後に注文履歴のページが表示され,受け取りOKになると更新されてSMSが届く

 商品受け取りと支払いはブースで行うことになるのだが,受け取り時間は,いっぱいになっていない限り自由に選べ,それを決定すれば注文完了だ。商品が用意されるとSMSが届き,以降は指定の時間を目安にブースに向かい,支払いと受け取りを行う仕組みだ。

ブースの商品受け取りのコーナー。注文履歴のページからQRコードを見せれば用意された商品を受け取れる。支払いは現金とクレジットカードに対応
画像集 No.016のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

受け取った商品は原則として自分で袋詰めする。これで,買い物は終了だ
画像集 No.017のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

 コジマプロダクションの物販ブースによれば,とくに一般入場日に長蛇の列ができていたことを懸念して,今年はこのような独自の販売システムを試験的に導入したという。
 レジに並び,商品を告げて在庫を探してもらうといった煩わしさがなくなり,好きな受け取り時間を選べるのも嬉しいところ。コジマプロダクションや「DEATH STRANDING」のファンはぜひブースに足を運んで,買い物を楽しんでほしい。

2022年9月30日まで受注を受付ているプライム1スタジオのデフォルメフィギュア「Cutie1 HIDEO KOJIMA」のサンプル。こちらは,展示のみ
画像集 No.018のサムネイル画像 / [TGS2022]コジマプロダクションの物販ブースは,混雑緩和のためにモバイル端末を利用した購入システムを導入。実際に買い物をして,感触を試してみた

「東京ゲームショウ2022」公式サイト

4Gamer「東京ゲームショウ2022」掲載記事一覧

  • 関連タイトル:

    DEATH STRANDING

  • 関連タイトル:

    DEATH STRANDING DIRECTOR'S CUT

  • 関連タイトル:

    DEATH STRANDING

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月21日〜06月22日