オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/02/12 00:00

プレイレポート

「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 任天堂は本日(2021年2月12日),Nintendo Switch用ソフト「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」を発売した。

 本作は,2013年にWii Uで発売された「スーパーマリオ 3Dワールド」に,新たな世界での大冒険を楽しめる「フューリーワールド」を追加したSwitch用タイトルで,Wii U版を遊んだことがない人はもちろん,経験者も新鮮な気持ちで楽しめる作品だ。3Dワールドとフューリーワールドのそれぞれの特徴を,先行してプレイした感想とともにお伝えしよう。

タイトル画面で3Dワールドを選択したところ
画像集#001のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」公式サイト



個性豊かな変身アイテムとマルチプレイが楽しい「3Dワールド」


 まずは,Wii U版に新たな要素が加わった「スーパーマリオ 3Dワールド」(以下,3Dワールド)の基本的なゲーム内容を,Switch版を実際にプレイした感想とともにお届けしよう。ゲームの舞台となるのは,透明な土管の先にあるようせいの国。クッパによって瓶に閉じ込められてしまったようせい姫たちを助けるため,マリオたちが大冒険を繰り広げる。

画像集#002のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ 画像集#003のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#004のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 ゲームの進め方は,「高さ」と「奥行き」のある3Dのコースでジャンプや変身アイテムを駆使してゴールを目指す「コースクリア型」だ。見下ろし方の視点だけではなく,一部のアクションや旗とポールがある各コースのゴールなどはサイドビューとなり,3Dマリオと2Dマリオ両方のアクションが楽しめるのが特徴となっている。

画像集#005のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#006のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 ゲーム開始時にプレイヤーが選べるキャラクターは,マリオルイージピーチキノピオの4人。クセのない動きでバランスがいいマリオ,滑りやすいが高いジャンプ力を誇るルイージ,足は遅いがジャンプの際に少しだけふわふわ飛べるピーチ,ジャンプの滞空時間が短い一方足が速いキノピオと,どれも個性的で操作感も異なる。同じコースでも選んだキャラクター次第で違った感覚で楽しめるだろう。
 慣れていないうちは安定した動きでじっくりコースを進められるマリオやピーチで,慣れてきたらクセはあるがテンポの良いプレイが楽しめるルイージやキノピオを選ぶといい。

画像集#010のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 スーパーマリオと言えば忘れてはいけないのが変身アイテム。3Dワールドには,ファイアマリオに変身するファイアフラワーや無敵化するスーパースターといったおなじみのもののほか,タヌキマリオになるスーパーこのはブーメランマリオに変身するブーメランフラワー,巨大化する巨大キノコ,入手して使うと分身するダブルチェリーといったさまざまなアイテムが登場する。これらの変身アイテムは,キャラクターによって変身した姿や仕草が異なるので,いろいろなキャラクターを使ってその違いを楽しもう。

画像集#009のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
同じコースで何度も失敗すると登場する無敵このはを使えば,その名のとおり無敵のしろタヌキマリオになれる。どうしてもクリアできない場面で使おう
画像集#013のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
個人的に,とくにピーチとキノピオの変身姿に注目してほしい。なかなか見られない姿なのはもちろん,その仕草がとにかく可愛い
画像集#022のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 そして,3Dワールドを代表する変身アイテムと言えば,初登場となるスーパーベルだろう。入手すると,猫のような軽やかな動きで垂直の壁をよじ登り,敵をひっかいて倒しながら,立体的なコースをすみずみまで駆け回れる「ネコマリオ」に変身する。パワーアップはもちろん,操作しているときの爽快さも魅力の変身アイテムだ。

画像集#007のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#011のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ 画像集#012のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 変身アイテムは1つストックしておけるので,例えば「ネコマリオとファイアマリオを,状況に合わせて切り替える」といった使い方もできる。ネコマリオの能力は,コース攻略はもちろん後述するコース探索を行ううえでも重要なアイテムとなっているので,スーパーベルは常にストックしておくのがオススメだ。

画像集#017のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#018のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 ほかにも,頭にかぶるとその能力が使えるボックスや,中に入って回転移動ができるノコノコのコウラ,持ち歩きが可能な植木鉢に入っているパックンフラワーといったアイテムが登場し,使い道は多種多様だ。それぞれの特徴を活かしてコースクリアに役立てよう。

ボックスには,砲台やプロペラなどさまざまな種類がある
画像集#015のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 基本的にはコースクリア型だが,ちょっとした探索要素があるのも3Dワールドの楽しいところ。まっすぐゴールを目指すだけでなく,いろいろな変身アイテムを使ってコースをすみずみまで探索し,隠されているグリーンスターや1UPキノコを探してみよう。さまざまなアクションにチャレンジしてクリアする喜びを味わいながら探索と発見を楽しめるところも,3Dワールドの大きな魅力だ。

画像集#019のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ 画像集#020のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 1人だけではなく,最大4人でプレイできるのも3Dワールドの特徴の一つ。Switch版では,おすそわけプレイやローカル通信のほかに,フレンドとのオンラインプレイにも対応している。家族で遊べるのはもちろん,遠くの友人や仲間と一緒に冒険できるのも嬉しいポイントだろう。

画像集#016のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 4人でスーパーマリオをプレイすると聞くと,「ごちゃごちゃして遊びにくそう」と思う人もいるかもしれないが,高さと奥行きによって広さがあるため,お互いの邪魔をせずプレイできる。基本的に各々のペースで遊べるが,ところどころに,複数人でギミックに対応したり,タイミングを合わせてアクションしたりという場面が用意されており,にぎやかに楽しみながらも皆でチャレンジする感覚が味わえるはず。

プレイヤーがばらばらに行動していても,カメラが引いてしっかり全員表示してくれる
画像集#021のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 コースはどれも個性的で,仕掛けやアソビのネタも豊富だ。新鮮な発見や体験が待っているので,マップから新しいコースに挑む時点で「次のコースはどんなお楽しみが待っているのだろう」とワクワクできるだろう。

画像集#014のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ


アドベンチャーゲームとしても新鮮な「フューリーワールド」


 ここからは「フューリーワールド」を紹介しよう。1月に公開された第2弾トレイラー(関連記事)を見て,凶悪な姿となって暴れまわるクッパに驚いたという人は少なくないはず。実際にプレイしてみると,ゲームシステムは3Dワールドがベースがベースだが,ゲーム性はコースクリア型の3Dワールドとは異なるアクションアドベンチャー要素の高いものとなっていた。

こちらはタイトル画面でフューリーワールドを選んだところ。最初から好きなときに遊びたいほうを選択できるので,「3DワールドはWii U版でクリア済みだから,購入してすぐフューリーワールドが遊びたい」という人にも嬉しい仕様となっている
画像集#023のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 舞台となるのは,大きな湖「ネコ湖」に複数の小さな島が浮かぶ「ネコの国」。いたるところにネコが姿を見せる,ネコたちの楽園で,よく見るとクッパ軍団にまで“ネコ耳”が生えている。一枚マップとなっているため,すべての場所をシームレスに行き来して冒険を楽しめるのが特徴だ。

3Dワールドにも登場するプレッシーが,水上の主な移動手段となる。ジェットスキーのように水上を自在に滑ることができ,なかなかに爽快
画像集#024のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#025のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 この,ネコの国で暴れまわっているのが,恐ろしい姿となって巨大化したフューリークッパとなったクッパだ。いったい何があったのか? その豹変ぶりに困り果てていたクッパの息子のクッパJr.は,タイミングよく現れたマリオに助けを求める。こうして,狂暴化したクッパを元に戻すため,マリオとクッパJr.という珍しいコンビの冒険が始まるのだった。

画像集#026のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#027のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 プレイヤーは,クッパJr.を引き連れたマリオを操作し,クッパを元に戻すのに必要となる不思議な宝「ネコシャイン」を集めるため,ネコの国の各地を周り,さまざまなアクションや謎解きに挑んでいく。クッパJr.は自動であちこち動き回りながら「敵を倒す」「アイテムやコインを集める」といった行動を行うアシスト役で,おたすけ(アシスト)の度合いはオプションで変更が可能だ。
 アシストはオフにもできるので,自力で挑みたいという人も安心してほしい。また,1人はマリオ,もう1人はクッパJr.という2人プレイも可能だ。

画像集#028のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 一風変わっているのが,マリオの「残り人数」や「1UP」といったおなじみの要素がないところ。生命線となるのが変身アイテムの数だ。
 フューリーワールドでは,スーパーベル,スーパーキノコ,ブーメランフラワー,ファイアフラワー,スーパーこのはという5つの変身アイテムをそれぞれ5つまで所持でき,任意のタイミングで切り替えられる。アイテムを絶やさないようストックし,必要な場面やピンチのときはその状況に合ったアイテムを使って切り抜けながらクリアを目指すのだ。

画像集#029のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ 画像集#030のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#031のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 ネコ湖の中心にはフューリークッパが鎮座しており,時おり目覚めてはマリオたちに襲いかかる。背中のトゲや火球を上から降らせてきたり,マリオたちを焼き尽くさんばかりに口から熱線を吐き出したりとやりたい放題で,暴れている間は,普段はじゃれついてくるネコたちまで凶暴化するので気が抜けない。しばらく暴れると大人しくなるので,凶暴化している間は隠れまわりながら時間経過を待とう。

画像集#032のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#033のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#034のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ 画像集#035のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 フューリークッパが暴れているときにネコシャインを取れば,近くの灯台に光が灯り,その光がフューリークッパを撃退してくれる。とはいえ,その猛攻をかいくぐりながらネコシャインを取るのは難しいので,これは無理なく行けそうなときぐらいに考えておこう。
 なお,フューリークッパが起きる前触れとして,天気の悪化がある。荒れ始めたときに,もし近くにネコシャインがあってもすぐに取らず,フューリークッパの覚醒を待つというのもありだろう。

画像集#036のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 ネコシャインを一定数集めるごとに,ネコ湖の各地にある巨大なベル「ギガベル」の封印が解かれる。これを取って巨大なネコマリオ――ギガネコマリオに変身すると,いよいよ反撃開始だ。地形を盾にして熱戦から身を守り,ときにはフューリークッパが放ったトゲを使って戦おう。
 一度や二度倒したくらいでは元のクッパには戻ってくれない。倒すたびに行動パターンも変化し,より凶悪になっていくので,ぜひ心してかかってほしい。

画像集#037のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ 画像集#038のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#039のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#040のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 ネコシャインは一定のエリアに5つ隠されており,すべて集めてから違うエリアに行くのも,気になるエリアを周って取りやすいものから集めていくのもプレイヤー次第だ。
 ゲームが進むと,冒険の世界が変化していくところもフューリーワールドの面白いところ。基本的な地形はそのままだが,ネコシャインを集めることで途中にある仕掛けや敵の配置が変化して新たなネコシャインも出現するようになり,また,巨大ネコマリオでフューリークッパを撃退するごとに,行動できる範囲も広がっていく。このあたりは,箱庭探索型のマリオっぽさや,オープンワールドのアドベンチャーのような楽しみ方ができる,フューリーワールドのならではの特徴といえるだろう。

画像集#041のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
画像集#042のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ

 発売から7年が経っても色あせない,ステージクリア型マリオの魅力あふれた3Dワールドと,3Dワールドおなじみの操作感でまったく異なる探索型マリオが楽しめるフューリーワールドの両方が遊べる本作は,広い層にオススメできる作品だ。1人でも楽しめるのはもちろん,複数人でのプレイも盛り上がるゲームなので,家族やオンラインのフレンドなどを誘って一緒に遊んでみてほしい。

画像集#043のサムネイル/「スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド」をプレイ。雰囲気も違えばゲーム性も違う,“まったくの新作”なフューリーワールドに注目だ
  • 関連タイトル:

    スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月01日〜08月02日
タイトル評価ランキング
68
2021年02月〜2021年08月