オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Counter-Strike: Global Offensive公式サイトへ
読者の評価
64
投稿数:8
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
国際eスポーツ大会「World Electronic Sports Games」,初となる公式日本予選大会の開催が決定。賞金総額は10万ドル
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/11/05 20:11

ニュース

国際eスポーツ大会「World Electronic Sports Games」,初となる公式日本予選大会の開催が決定。賞金総額は10万ドル

 WESG日本予選実行委員会は本日(2018年11月5日),国際eスポーツ大会「World Electronic Sports Games(WESG)」の初となる公式日本予選大会「WESG 2018-2019 Japan Division」を開催すると発表した。賞金総額は10万ドルを予定。
 詳細な日程は未発表だが,2018年11月から2019年1月中にオンライン予選が開催され,代表を決定するオフライン決勝大会が2019年2月上旬に開催される予定だ。

画像(002)国際eスポーツ大会「World Electronic Sports Games」,初となる公式日本予選大会の開催が決定。賞金総額は10万ドル

 World Electronic Sports Gamesは,2016年に初開催された国際eスポーツ大会で,今年で3回目の開催となる。昨年の賞金総額は550万ドル。
 今大会の種目は,「Counter-Strike: Global Offensive」「Dota 2」「Hearthstone」「StarCraft II」「Vainglory」「ウイニングイレブン 2019」の6タイトルで,世界各地で予選大会が行われ,2019年3月に中国でグランドファイナルが実施される。

WESG2017-2018の様子
画像(003)国際eスポーツ大会「World Electronic Sports Games」,初となる公式日本予選大会の開催が決定。賞金総額は10万ドル

 また,発表に合わせて,公式サイトが公開されており,「Dota 2」部門の選手エントリーが始まっている。他タイトルのレギュレーションやエントリー開始の情報は今後公式サイトやTwitterで公開されていくと思われるので,出場したいという人は定期的にチェックしておこう。

「WESG JAPAN」公式Twitter

「WESG 2018-2019」日本予選公式サイト


<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


国別対抗のeスポーツ世界選手権大会「WESG」
初の公式日本予選大会が開催決定!

画像(002)国際eスポーツ大会「World Electronic Sports Games」,初となる公式日本予選大会の開催が決定。賞金総額は10万ドル

中国を代表するITカンパニー・アリババの子会社であるアリスポーツ(中国・上海)では、2016年に国際eスポーツ大会「WESG(World Electronic Sports Games)」をスタートし、毎年開催しています。第3回となる今回、初の公式日本予選大会「WESG 2018-2019 Japan Division」を、国内eスポーツリーグの運営・企画・プロデュースを行うeスポーツコミュニケーションズ合同会社(所在地:東京都渋谷区、代表執行役社長:筧 誠一郎)が幹事を務める「WESG日本予選実行委員会」が開催することが決定しました。

世界の競技人口は最低でも1億人以上いると言われており、内外でますます盛り上がりを見せる「eスポーツ」。本大会は、125カ国から6.8万人以上が参加する国際eスポーツ大会であり、昨年は賞金総額550万ドル(約5.8億円)、視聴者数4億人以上を記録しました。世界中の著名チームが参加する、各国のプライドをかけた、高レベルの国際大会です。日本からも『Hearthstone』部門でPosesi選手が3位(賞金30,000ドル)に、参考種目の『ウイニングイレブン 2018』部門でKaraage選手が1位(賞金5,000ドル)に輝き、大きな話題を呼びました。

第3回となる本大会は、『Counter-Strike: Global Offensive (CS:GO) 』『Dota 2』『Hearthstone』『StarCraft II』『Vainglory』『ウイニングイレブン 2019』の6タイトル、賞金総額は550万ドル(約5.8億円)で競われ、2019年3月に中国で実施されるグランドファイナルに向け、北米・カナダ・オーストラリアや日本を新たに加えた世界各地域で予選が始まっています。

今回、この国際大会の公式日本予選を全タイトルで実現することにより、日本におけるeスポーツのプレイヤーを結集し、レベルアップを図ると共に、“世界への道”をひらくことで、日本人プレイヤーが国際的に活躍できる場を提供いたします。日本予選での賞金総額は100,000ドル。各タイトルの予選大会優勝者を、中国で実施されるグランドファイナルへ招待します。

世界に照準(エイム)をあて、最高峰の舞台へ挑戦する日本のeスポーツプレイヤーの勇姿を、ぜひご覧ください。

【WESG2017-2018の様子】
画像(003)国際eスポーツ大会「World Electronic Sports Games」,初となる公式日本予選大会の開催が決定。賞金総額は10万ドル

【イベント概要】
名称 WESG (World Electronic Sports Games) 2018-2019 Japan Division
開催日時 オンライン予選…2018年11月〜2019年1月中
オフライン決勝…2019年2月上旬予定
主催 WESG日本予選実行委員会(幹事会社:eスポーツコミュニケーションズ合同会社)
会場 今後発表
入場料 無料
競技種目 『Counter-Strike:GlobalOffensive(CS:GO)』(PC)、『Dota2』(PC)、『Hearthstone』(PC)、『StarCraftII』(PC)、『Vainglory』(iOS/Androd)、『ウイニングイレブン 2019』(PS4)
賞金 総額100,000ドル
配信媒体 OPENREC.tv(独占配信)
公式サイト http://www.esportscom.jp/wesg/
公式Twitter @JapanWesg
※日本予選大会の詳細は追って発表いたします。

「WESG 2018-2019」日本予選公式サイト


  • 関連タイトル:

    Counter-Strike: Global Offensive

  • 関連タイトル:

    Dota 2

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • 関連タイトル:

    StarCraft II: Legacy of the Void

  • 関連タイトル:

    Vainglory

  • 関連タイトル:

    Vainglory

  • 関連タイトル:

    ウイニングイレブン 2019

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月14日〜11月15日