オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ウルトラストリートファイターIV公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2014/08/07
  • 価格:パッケージ版:3990円(税別)
    アップグレード版:未定
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
海外での評価
84
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[EVO2014]日本勢の活躍に秋葉原が沸いた「Public Viewing for EVO2014 in Tokyo」レポート。Mad Catzの新作アケコン・TE2も初お披露目
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/07/18 16:24

イベント

[EVO2014]日本勢の活躍に秋葉原が沸いた「Public Viewing for EVO2014 in Tokyo」レポート。Mad Catzの新作アケコン・TE2も初お披露目

 北米時間の2014年7月11日から13日,アメリカ・ラスベガスにて開催された世界最大規模の格闘ゲームトーナメント「Evolution 2014」(以下,EVO2014)。幾つもの名勝負が生まれ,大いに盛り上がったこのイベントについて,4Gamerではこれまでにも幾つか記事を掲載してお伝えしているが,その戦いに魅せられ,大いに沸き上がったのは何も現地だけではない。決勝トーナメントが行われた大会最終日に合わせて,東京・秋葉原のクラークスタジオでは,GODSGARDEN主催によるライブビューイングイベント「Public Viewing for EVO2014 in Tokyo」が開催され,多くの格闘ゲームファン達がその戦いの行方を見守っていた。本稿では,その会場の模様をお伝えしていこう。

■関連記事

GODSGARDEN主催のイベントでお馴染み,秋葉原のクラークスタジオ

4Gamer内「EVO2014」記事一覧



50名を超える格ゲーファンが秋葉原に集結


 筆者がクラークスタジオに到着したのは,14日の11:00頃。ちょうど「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」のGrand FINAL,Justin Wong選手 vs. ChrisG選手の対決が行われているところで,会場は誰もが中継スクリーンに釘付けとなっているところだった。
 UMvC3界を代表するスタープレイヤー同士による,世界最高峰の試合内容に,会場からは大きな拍手が送られていた。

会場には,若干の対戦台も用意され,自由に遊べるようになっていた。前夜に行われた,「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」部門の決勝トーナメント時には,かなりのBLAZBLUE勢が集まったそうだ
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV

ウルトラストリートファイターIV
会場には,Mad Catzの新作アケコン「ウルトラストリートファイターIV アーケード ファイトスティック トーナメント エディション 2」を使った試遊台も。同社の製品としては初となる,天面の開閉機構を備えている
ウルトラストリートファイターIV
PS3およびPS4と接続するためのUSBケーブルは脱着も可能。外したケーブルは中に収納もできる。写真では見えないが,背面両端にはストラップを通すための穴も空いており,肩にかけて持ち運ぶこともできるという

天面を開けてみると,ボタンとレバーがお目見え。故障した際には自分でパーツを用意すれば交換ができる。ファストン端子も細工が凝らしてあり,青い部分の先を押すことで脱着しやすくなっているそうだ
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV

 そして次にスタートしたのが,EVO2014の最後を飾ることとなった「ウルトラストリートファイターIV」(以下,ウルIV)部門の決勝トーナメントだ。この部門は,ふ〜ど選手ボンちゃん選手sako選手ももち選手と,ベスト8のうち4人を日本人選手が占めており,「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」部門に続く,日本人チャンプの誕生を期待させるものとなっていた。
 しかし,残る4人の海外勢も一筋縄で行く選手達ではない。Loser'sから決勝に駒を進めていたももち選手,sako選手が次々と敗退していき,そしてWinner's FINALでは,ふ〜ど選手とボンちゃん選手による,日本人同士の直接対決となった。
 一方海外勢では,ローズ使いのLouffy選手と,ザンギエフ使いのSnake Eyes選手の活躍が目覚ましく,とくにLouffy選手はLosre'sからの挑戦ではあるものの,これまでに数多くの日本人選手をなぎ倒してあがってきた,要注意選手でもある。

会場での実況・解説を務めたのはお馴染みのこの3人。左から猫舌氏,ふり〜だ氏,神園氏だ

ウルIV部門で,もっとも息を呑む戦いとなったSnake Eyez選手(ザンギエフ) vs. Louffy選手(ローズ)戦。フルセットフルラウンドまでもつれ込む名勝負となった

 そして迎えた決勝戦。相まみえたのはふ〜ど選手を下し,初の優勝に王手をかけたボンちゃん選手と,Snake Eyez選手を僅差で破って勝ち上がったLouffy選手だ。その試合内容については,公式配信されているムービーを確認してもらうとして,結果として勝利したのはLouffy選手。ストリートファイターIVシリーズ初の欧州人チャンプが誕生した。


 日本勢が優勝を逃してしまい,会場はため息に包まれはしたものの,ラウンドリセットを達成しての優勝というLouffy選手の戦いぶりは,EVO2014優勝者にふさわしいものだった。会場には,激闘を繰り広げた両選手への拍手が溢れかえり,その健闘が称えられた。


 GOSGARDEN主催のものとしては,今年で3回目となったパブリックビューイベント。自宅でノンビリと観戦するの楽しいものだが,大勢で観戦して喜びを分かち合うのも,また一興だろう。今年のEVOで興味を持った都内近郊の人は,ぜひ来年のEVO2015のときには,パブリックビューイング会場に足を運んでみるといいかもしれない。

イベント終了後は,会場に来た人へのプレゼントとなっていた,RazerやMad Catzのステッカー,GODSGARDENTシャツの争奪戦が勃発。総師範代理として神園氏が立ち,ジャンケン大会が行われた。こうした和気あいあいとした雰囲気が,GODSGARDENらしさかもしれない
ウルトラストリートファイターIV ウルトラストリートファイターIV


4Gamer内「EVO2014」記事一覧

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

  • 関連タイトル:

    ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月11日〜11月12日