オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
SMACH公式サイトへ
SMACH
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/13 16:42

ニュース

[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?

 東京ゲームショウ2018(以下,TGS 2018)でモックアップを披露して,話題となった「SMACH Z」だが,東京ゲームショウ2019(以下,TGS 2019)でもブースを出展して,SMACH Zの実機でゲームをプレイできる。本稿ではSMACH Zの試遊レポートをお送りする。

SMACH Z
画像(001)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?

8ホール奥にSMACHのブースがある
画像(002)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?

 SMACH Zは,スペインのベンチャー企業「SMACH」が開発するポータブルゲームPCだ。SoC(System-on-a-Chip)に「Ryzen Embedded V1605B」に採用する。DDR4 SO-DIMMモジュールとM.2 Type 2242仕様のSSDモジュールのみならず,タッチパッドやマザーボードまでもユーザー側で交換可能という構想を打ち出している。

関連記事

[TGS 2018]SteamのAAAタイトルが動くポータブルゲームPC「SMACH Z」は想像の斜め上をいくマシンだった

[TGS 2018]SteamのAAAタイトルが動くポータブルゲームPC「SMACH Z」は想像の斜め上をいくマシンだった

 「Ryzen」APU搭載のポータブルゲームPC「SMACH Z」が東京ゲームショウにやってきた! というわけで,4Gamerでは開発元にハードウェアのコンセプトや今後についていろいろ聞いてみたのだが,想像を超える回答が得られた。今回は実機写真ともども,入手した情報をお伝えしたい。

[2018/09/21 00:00]
関連記事

「MONSTER HUNTER: WORLD」がポータブルゲーム機で動いてる? Zen×Vega搭載の携帯ゲーム機風ゲームPC「SMACH Z」が実動展示

「MONSTER HUNTER: WORLD」がポータブルゲーム機で動いてる? Zen×Vega搭載の携帯ゲーム機風ゲームPC「SMACH Z」が実動展示

 E3 2019会場のカプコンブース近くに,携帯ゲーム機で「MONSTER HUNTER: WORLD」をプレイしている人を見つけた西川善司は,謎のゲーム機についてあれこれと話を聞いてきた。TGS 2018でも紹介されていた「SMACH Z」が,ついに実動機として公開されたのだ。プレイムービーを交えて,その実態をお伝えしたい。

[2019/06/22 00:00]


1年前よりも明らかに完成度が上がり,細かな改良も施されている


 約1年振りのSMACH Zからは,順調に仕上げてきたという印象を受けた。1年前は筐体ができている程度で,慎重に扱わないと,さまざまなパーツが落ちてしまいそうだったが,今回はそうした不安はなさそうだ。

6インチサイズのディスプレイを搭載した筐体に,ハイスペックなパーツが収められていると思うと,やはりワクワクする。リング状の発光にもキュンキュンしてしまう
画像(003)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?

 デザインに大きな変更はないが,背面が微妙に変化したようで,持ちやすくなっている。操作系は,左右にあるタッチパッドにLEDモジュールが組み込まれたこと以外,とくに変わらず。実物の展示はなかったのだが,タッチパッドも交換が可能になっており,矢印キーデザインや,4ボタンデザインのものが用意されるという。

画像(004)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?
本体の左部。タッチパットとアナログステックがあるほか,タッチパッド上で点灯するのが,バッテリー残量を示すインジケーター兼切換ボタンだ。PlatStation4でいうところのPSボタン的な扱いだが,機能はユーザーが自由に割り振れる
画像(005)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?
ゲームパッドの右部。タッチパッドとA/B/X/Yボタンに加えて,タッチパッドの左横にサブボタン×2がある。ここにも好きな機能を割り振れる

画像(006)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?
本体を持ったときの上部。ショルダーボタンとトリガーのほか,電源ボタンや,DisplayPort出力端子,USB Type-A端子,USB Micro-B端子を配置している
画像(007)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?
底部を見ると,3.5mmミニピン端子とUSB Type-C端子を確認できた

背面中央の盛り上がった場所に,ヒートシンクおよび冷却ファンを内蔵。またグリップにある中腹部にボタンを備える
画像(008)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?


ショルダーボタンとタッチパッドに難あり


 試遊可能なSMACH Zは,Windows 10がインストール済みだが,発売時は,Windows 10はオプション扱いとなり,標準ではLinuxベースのSMACH OSをインストールした状態で出荷するとのこと。

 SMACH Zで,MONSTER HUNTER WORLD(以下,MHW)をプレイして分かったのは,一部のボタンでは,形状がまだ確定していないのではないかということだ。
 とくに不安定だったのが,両サイドのショルダーボタンで,プレイ中にボタンを押し込むと,戻ってこないケースに数回遭遇し,その都度,簡易修理が行われた。このとき,ついでに内部構造を撮影しようと思ったのだが,E3 2019に展示されていたものとは別モノらしく,撮影NGに。
 A/B/X/Yボタンや,L2/R2トリガーは,問題なく動作しており,現状はショルダーボタンで,苦戦しているものと思われる。

ハンズオンで懸念を抱いたショルダーボタン
画像(009)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?

 また,タッチパッドは,押し込み操作をしたときに,中途半端に押下が維持される状態になってしまった。「あれ,カメラが固定されっぱなしなんだけど?」とやや困惑している様子は,下記の動画でも分かるハズだ。


 なぜ,ショルダーボタンで問題が生じるのか,あくまで筆者の想像だが,SMACH Zの筐体サイズは,標準的な日本人の標準的な手で遊ぶには,やや大きく,ショルダーボタンを押下する場合,ボタンと指に距離があって,垂直ではなく,斜めもしくは横合いから押すことが多いからではないだろうか。
 ほかのユーザーがプレイする様子を見ていても,首を傾げたタイミングがショルダーボタンを押しているときで,押下方向もショルダーボタンに対して垂直ではなく,斜めからの入力だった。

グラフィックス設定は低めだが,確かにMHWが遊べる


 性能面に目を向けると,試遊時のグラフィックス設定は以下の写真を見ると分かるように,かなり低めで,フレームレートは,最大30fpsとなっていた。ボタンの不調で,まともに遊べてはいないのだが,移動から攻撃をしてみた限り,おおよそ30fpsに貼り付いている体感を得られた。

グラフィックス設定は低めだ
画像(010)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?
画像(011)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?
画像(012)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?

 気になる筐体の熱は,背面に搭載する冷却機能がちゃんと働いており,背面中央の盛り上がった部分と,背面ボタンのある窪みとの中間あたりまで高温になるくらいで,ゲーム中に熱が気になることはなかった。背面に配置されたボタンを操作するために,中央部から指が離れるのも功を奏していると思われる。

背面のグリップ形状や配慮,ボタンの押しやすさは好感触だ
画像(013)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?

パッケージはすでに完成していた
画像(014)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?
 さて,SMACH Zの発売は,2020年第1四半期が予定されている。ちゃんとPCゲームが動いているのはすごいのだが,入力面の問題が発売までに解消できるのか,正直なところとても不安である。
 とはいえ,SMACH Zを手にすると,その不安が吹き飛ぶようなワクワク感もある。何はともあれ,SMACH Zが気になっている人は,TGS 2019で,SMACH Zとの対話に臨んでほしい。
 なお,筆者としては,2020年第1四半期の発売には間に合わず,E3 2020において改めて発売時期が発表されるような気が,とてもしている。

4Gamerブース前にあるAKRacingで記念撮影をエンジョイするところにも出くわした。画面には写っていないが,写真を撮っていたのがSMACH ZプロジェクトマネージャーOscar De La Torre氏。笑顔の人物は開発者のようだが,頑なに名前を名乗ってくれない
画像(015)[TGS 2019]1年ぶりに見たポータブルゲームPC「SMACH Z」でMHWを遊ぶ。開発は進んでいるが,果たして2020年Q1に発売となるか?

SMACH公式Webサイト(英語)

  • 関連タイトル:

    SMACH

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月