オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
World of Warcraft公式サイトへ
読者の評価
91
投稿数:28
レビューを投稿する
海外での評価
93
Powered by metacritic
World of Warcraft
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
サイレントヒルシリーズのデザイナー・伊藤暢達氏が映画「ウォークラフト」のデュロタンを描く。制作の様子を収録した「描いてみた」動画も公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/06/27 15:00

ニュース

サイレントヒルシリーズのデザイナー・伊藤暢達氏が映画「ウォークラフト」のデュロタンを描く。制作の様子を収録した「描いてみた」動画も公開

 2016年7月1日の全国ロードショー開始まで1週間をきった映画「ウォークラフト」。Blizzard Entertainmentのウォークラフトシリーズの世界設定を踏襲したファンタジー超大作だが,本日(2016年6月27日),そんな本作と,サイレントヒルシリーズのデザイナー・伊藤暢達(いとうまさひろ)氏とのコラボレーションイラストが公開された。

サイレントヒルシリーズのデザイナー・伊藤暢達氏が映画「ウォークラフト」のデュロタンを描く。制作の様子を収録した「描いてみた」動画も公開

映画のデュロタン
サイレントヒルシリーズのデザイナー・伊藤暢達氏が映画「ウォークラフト」のデュロタンを描く。制作の様子を収録した「描いてみた」動画も公開
 サイレントヒルシリーズでクリーチャーデザインやアートディレクション,背景などを手がけた伊藤氏は今回,映画ウォークラフトの主人公であるデュロタン(オーク族)を描いている。
 しかも今回は,その制作過程を撮影した「描いてみた」動画がYouTubeで公開されているのもポイントだろう。構図のコンセプトをどのように決めたか,具材は何を使っているか,デュロタンを描くポイントはどこかなど,実際に伊藤氏のコメントを聞きながらイラストが仕上がっていく要素を堪能できる映像だ。


サイレントヒルシリーズのデザイナー・伊藤暢達氏が映画「ウォークラフト」のデュロタンを描く。制作の様子を収録した「描いてみた」動画も公開

映画「ウォークラフト」公式サイト


ゲーム『サイレントヒル』シリーズを
手掛けるデザイナー 伊藤暢達氏が
主人公のオーク、デュロタンを描いてみた。
描き下ろしイラスト&メイキング映像を解禁

原案は、ブリザード・エンターテイメントが提供する世界的人気ゲーム「ウォークラフト」。3部作の世界的大ヒットを受け新たに製作された大規模多人数同時参加型オンラインRPG(MMORPG)「ワールド・オブ・ウォークラフト」は、2008年に登録者最多のMMORPGとしてギネス世界記録に認定。メガホンを取るのはデヴィッド・ボウイの息子であり、『月に囚われた男』、『ミッション:8ミニッツ』で独自の世界観を描き高い評価を得たダンカン・ジョーンズです。
剣と魔法の世界“アゼロス”を舞台に、人間、オーク、ドワーフ、エルフなど、数多の種族が、国や一族、そして愛する者を守るために生死をかけた決断を迫られる壮大な物語が圧倒的なクオリティで描かれています。

日本公開を前にアジアをはじめとした国・地域で公開を迎えている本作は、すでに全世界興収が約395億円を突破し、ゲーム原作映画の全世界興収ランキング第1位を奪取。『バイオハザード』シリーズで最も興行成績を上げている『バイオハザードIV アフターライフ』の約309億円、アンジェリーナ・ジョリー主演作『トゥームレイダー』の約286億円という記録を、インターナショナルの公開日からわずか3週間ほどで抜き去るという快挙を成し遂げております!(6月21日時点、BOX OFFICE MOJO調べ)

ゲーム原作作品として歴史的な記録を生み出している本作ですが、その特徴として挙げられるのが主人公デュロタンの存在。オーク族に属するデュロタンは、人間やドワーフ、エルフたちを侵略する側であるにも関わらず、平和を願い、仲間たちから“反逆者”として扱われながらも人間と共存する道を選択するという、これまでにない独自のキャラクターとして描かれています。
「さまざまな作品で悪役として描かれる事の多いオークのイメージを一新させたデュロタンというキャラクターを、独自の世界観を持つ方に表現していただきたい」と考えていた配給会社が、世界中にファンを持つ大人気ゲームシリーズ「サイレントヒル」をはじめ、他に類を見ないキャラクターを描き続けているデザイナー・伊藤暢達さんに熱烈オファーをしたところ、伊藤さんは快く快諾。さらに、普段見る事の出来ない、キャラクターの制作過程を特別に撮影させていただきました。

伊藤さんは、「群衆の中でデュロタンだけ人間側に付いているという絵が、このキャラクターを伝えるのに一番わかりやすいかと思うので、本来はオーク側にいるはずなのに、デュロタンだけ真逆を向いているという構図で描き進めようかと思います。」と説明し、手書きでイラストを制作。描く際のポイントについては「極端なくらいマッチョなキャラクターなので、それを出すのに最初は手間取いました。肩のボリュームがキャラクターの一番の特徴なので、誇張気味にしたつもりです。」とコメントし、制作方法についても丁寧に説明しながら伊藤さんの手によって描かれたデュロタンは、キャラクターの持つ重厚感、デュロタンならではの精悍さを感じさせます。

― 伊藤暢達(Masahiro Ito) ―
1972年生まれ。1999年発売のビデオゲーム「サイレントヒル」の背景、クリーチャーデザインを担当。続くシリーズ作「サイレントヒル2」、「サイレントヒル3」の制作にも参加し、クリーチャーデザイン、アートディレクション、背景等を手がけた。
2006年、イラストレーター、デザイナーとして独立。以降数多くの作品に参加している。

<ストーリー>
“アゼロス”は長い間、平和な時代が続いていたが、悪しき勢力が迫っていた。
その者たちとは、滅びゆく故郷“ドラエナー”を捨て、新たな定住地を求めるオークの戦士である。
オークたちは、世界と世界をつなぐ異次元の入口“ダークポータル”を開き、侵略を始めていた。
人間たちはアゼロスを守るため、強力な魔力を持つガーディアン、メディヴの力を借り、オークとの全面戦争を決意する。しかし、アゼロスの騎士ローサーは人間とオークのハーフ、ガローナと協力し全面戦争を避けようと試みる。
一方、人間との戦いに疑問を持っている一人のオーク、デュロタンも争いを避け、一族を守るために、人間と手を結ぶことを決断するのだが……果たして、この壮絶な戦いの先に待つ結末とは――

■監督・脚本:ダンカン・ジョーンズ『月に囚われた男』『ミッション:8ミニッツ』
■脚本:チャールズ・リーヴィット『白鯨のいた海』
■キャスト:トラヴィス・フィメル、ポーラ・パットン、トビー・ケベル、ダニエル・ウー、ベン・フォスター、ドミニク・クーパー、ルース・ネッガ、ロブ・カジンスキー ほか
■原題:Warcraft: The Beginning
■(c) 2016 legendary and universal studios
■配給;東宝東和 warcraft-movie.jp

7月1日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー


映画「ウォークラフト」公式サイト

  • 関連タイトル:

    World of Warcraft

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • 関連タイトル:

    ウォークラフト III 日本語版

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/05/16)
World of Warcraft (輸入版)
Software
発売日:2004-11-23
価格:3878円(Amazon)
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月23日〜05月24日