オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
リトルビッグプラネット2公式サイトへ
読者の評価
98
投稿数:5
レビューを投稿する
海外での評価
92
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/08/19 15:36

イベント

[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化

画像集#007のサムネイル/[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化
 PlayStation Moveにも対応するなど,欧米では11月のリリースを目指して開発が進められているMedia MoleculeのPlayStation 3専用ソフト「リトルビッグプラネット2」は,Gamescom会場でプレイアブルなバージョンが出展されて注目を集めている。また,新たにストーリーモードを含むムービーが公開されており,見ているだけで楽しくなってしまうこと請け合いだ。

 リトルビッグプラネット2のストーリーは,サックボーイ達が住むマジカルな世界Craftworldを,突然巨大な電子掃除機が襲い,そこで生活する人々や生き物を次々と異次元世界に吸い込んでしまうことから始まる。間一髪のところをラリー・ダビンチというキャラクターに助けられたサックボーイだが,実はこのダビンチこそ,(巨大掃除機を仕掛けた黒幕であると思われる宇宙一の凶悪軍団“ネガティブトロン”に対抗する)アライアンスという組織のリーダーなのである。そしてサックボーイは,仲間達を救うための旅に出かけることになるわけだ。


画像集#003のサムネイル/[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化 画像集#004のサムネイル/[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化
画像集#005のサムネイル/[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化 画像集#006のサムネイル/[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化

画像集#008のサムネイル/[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化
 会場ではストーリーモードもプレイできるようになっていたので筆者も試してみたが,宇宙船の中のマップなのか無重力な中でのブロック操作やジャンプなどが表現されており,難度は少々高いものの,パズルゲームとして相変わらず良いゲームに仕上がっているように思えた。

 リトルビッグプラネットと言えば,プレイヤーがレベル(ステージ)を製作してコンテンツをオンライン上でシェアするような「UCC」(ユーザー・クリエイテッド・コンテンツ)を持つゲームの象徴として取り上げられることが多いが,今回はプラットフォーム型のパズルアクションゲームだけでなく,インベーダーのようなシューティングゲームやピンボール風ゲーム,さらにはレースゲームやRPGなど様々なジャンルのゲームまでを作成することができるようになっている。

 それを可能にしているのが「Direct Control Seat」という新機能で,これを簡単に説明すると,ボタンやシックスアキシスの動作をプレイヤーが自由に割り振れるというものである。そのため,左から右へと進む横スクロールだけでなく,縦方向へ進んでいくようなゲームも作成できるなど,昔のちょっとしたアーケードゲームならリメイクできてしまいそうなほど。
 さまざまな思考ルーチンを設定できる “サックボット”(Sackbots)も用意されており,サックボーイについて動き回るというような役者的な動作から,弱点の設定をするなどして敵役としても利用できるとあって,その使い道は広そうだ。カメラの動きを設定したり,レベル同士をリンクして大きなゲームに作り上げたりと,ストーリー性のあるゲームやムービーも作れてしまう。さらには,ムービーでも紹介されているように,自分のBGMさえも作れてしまうというのだから驚きだ。

画像集#002のサムネイル/[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化 画像集#010のサムネイル/[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化
画像集#011のサムネイル/[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化 画像集#012のサムネイル/[Gamescom]ストーリーモードのムービーが公開された「リトルビッグプラネット 2」は,BGMも自分で作れるハイクオリティなゲーム製作ツールに進化

 そんなリトルビッグプラネット2に関しては,まだ日本での正式リリースの発表はないものの,今後のソニー・コンピュータ・エンタテイメントの発表には注目しておきたいところ。Media Moleculeは,リトルビッグプラネット2そのものを,ゲームを通したコミュニケーションの場や一つのプラットフォームとして解釈しているらしく,リリース後もさまざまなダウンロードコンテンツ(DLC)が公開されていくことになるようだ。
  • 関連タイトル:

    リトルビッグプラネット2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月17日〜06月18日