オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
大戦乱!!三国志バトル公式サイトへ
  • MYLOOPS
  • 発売日:2012/05/25
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/09/23 10:57

イベント

[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート

画像集#002のサムネイル/[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート
 東京ゲームショウ2012の一般公開日初日となる2012年9月22日,gloopsブース内にて,ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」が開催された。このイベントは,漫画家の島本和彦さんが,ソーシャルゲーム「大戦乱!!三国志バトル」に採用されるカードイラストを,ステージ上で描くというもの。このイベントは当日2回にわたって開催され,島本さんは計2枚のイラストをライブで描き上げたわけだが,本稿では第1回の模様をレポートしよう。

漫画家 島本和彦さん
画像集#003のサムネイル/[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート
 ライブアートに初めて挑戦するという島本さんが壇上で描くのは,三国志でもトップクラスの知名度と高い人気を誇る武将「関羽」。島本さんは,「重要なキャラなので緊張します。過去にいろんな人が関羽を描いていますから,同じように描いても意味がないし,その反面,キャラが固まっているので,どう表現したものか」と述べる一方で,「ヒゲの美しさと,意志の感じられる絵が描ければ」と,意気込みを見せた。
 ちなみにgloopsからの島本さんへの依頼は,「桃園の誓い」直後で,まだ派手な衣装を身にまとう前の,気持ちだけで万事を補っていた頃の関羽を描いてほしいという内容だったそうだ。

 島本さんは鉛筆を手に取り,キャンバスに向かうと,さらさらと下絵を描いていく。最初に武器を描き,次はいよいよ関羽本体に。ここで島本さんは「ちょっと気持ちに怒りが足りないね」と,気合いを入れるためのポーズを取ったり,関羽の表情を描く段に至っては大きな声を上げたりしながら,筆を進めていく。
 そして約5分後,かなりラフではあるものの,確かに島本さんのタッチによる関羽の下絵が完成。工程は筆と墨によるペン入れへと移行する。

うっすらとではあるが,ヒゲをたくわえ,刀を構えた武将らしき姿が見えてきた
画像集#004のサムネイル/[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート 画像集#005のサムネイル/[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート

 力強い筆のタッチによって武器の輪郭がハッキリしてくると,観客の視線も自然と壇上の島本さんとキャンバスに釘付けになっていく。島本さん自身は,すでに司会者の質問を聞いていないほど集中しており,関羽の顔を描くときなどは下絵同様,気合いを入れるために「ハアアアアァァァァッ」「ウオオオォォォッ」と大きな声を上げる。

筆によって線画が描かれていくと,青龍刀を構え,怒りの表情を見せる関羽の姿が浮き上がってきた
画像集#006のサムネイル/[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート

 筆による線画が完成したところで,「半分くらいできたかな」と島本さん。続いて,光の当たる部分と影になる部分を墨の濃淡で表現し,ますます関羽らしさが強調されていく。そして下絵を描き始めてから約30分,ついに関羽のイラストが完成した。

 島本さんは,観客を前にあれだけの集中力を発揮していたにも関わらず,初めてのライブアートに当初は自信がなかったようで,見事な仕上がりを見せる自身のイラストを前に「うん,いいじゃない。よかった,うまくできて」と,満足げに何度も安堵の言葉を口にしており,司会者の「ド迫力の出来ですね」という感想にも「ありがとう」と感謝の意を示していた。

線画から完成するまで。初めてのライブアートとは思えない,見事な仕上がりである
画像集#007のサムネイル/[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート 画像集#008のサムネイル/[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート 画像集#009のサムネイル/[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート

画像集#010のサムネイル/[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート
 イラスト完成後のトークでは,墨の濃い部分に注目が集まるようコントラストに配慮したヒゲや,まだ善悪の判断はできるものの怒りに燃えている眼など,島本さん自身がイラストの見どころを解説。島本さんは,今回,“怖いけれども信頼できる仲間”として関羽を描いたそうだ。
 ちなみにイベントの2回目では「張飛」を描いたとのことだが,あらゆる点で関羽と対になるよう構想を練っていたそうだ。その構想を固めるにあたっては,吉川英治や北方謙三による小説版や,さまざまな映像で,三国志に触れ直したという。

 なお,今回島本さんが描いた関羽と張飛のイラストが入ったオリジナル武将カードは,2012年10月以降,「大戦乱!!三国志バトル」に実装される予定だ。どのような性能になるかは未定だが,イラストが凄まじい気迫を醸し出しているだけに,自然と期待の高まるところである。

無事にイラストが完成したことに対して,島本さんは本当に喜んでいたというのも印象的であった
画像集#011のサムネイル/[TGS 2012]漫画家・島本和彦さんがライブアートで熱い関羽を描いた! ステージイベント「島本和彦 × 大戦乱!!三国志バトル 炎のライブアート」をレポート

大戦乱!!三国志バトル公式サイト

  • 関連タイトル:

    大戦乱!!三国志バトル

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月16日〜09月17日
タイトル評価ランキング
74
BLESS UNLEASHED (PC)
67
DEKARON (PC)
67
55
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年03月〜2021年09月