オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
World of Tanks公式サイトへ
  • Wargaming.net
  • 発売日:2016/01/20
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金制
読者の評価
95
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
World of Tanks
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/04/27 20:15

ニュース

コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に

 ウォーゲーミングジャパンは本日(2021年4月27日),オンライン戦車アクション「World of Tanks」のコンシューマ版“Console”(PS4 / Xbox One)のアップデートを実施し,「World of Tanks Modern Armor」へと進化させた。

画像集#001のサムネイル/コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に

 本アップデートでは,いくつかの近代戦車が追加,さらに新マップや消耗品,時代ごとに独立したマッチメイキングなどの新機能により,近・現代戦が体験できるようになった。
 また,PS4とPS5,Xbox One,Xbox Series X間でのクロスプレイも可能になっているので,詳細を下記リリース文で確認しておこう。

画像集#002のサムネイル/コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に 画像集#005のサムネイル/コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に
画像集#004のサムネイル/コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に

「World of Tanks」公式サイト


いよいよ実装、近代車両に冷戦モード!
『World of Tanks Console』が
『World of Tanks Modern Armor』に劇的進化!

画像集#006のサムネイル/コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に

ウォーゲーミングはこの度、PlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series X/S向け『World of Tanks Console』を、最新の進化系である『World of Tanks Modern Armor』へと本日アップデートさせた旨、お知らせいたします。
本アップデートではゲーム内に新たなコンテンツが追加されたほか、上記PlayStation 4と5、Xbox One、Xbox Series S、X間でのクロスプレイも可能となりました。

画像集#007のサムネイル/コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に

■新次元の戦闘体験、多数の追加要素
今回のアップデートでは、『World of Tanks』史上初めての試みとして、近・現代戦が追加されました。これは単純に近代戦車が追加されたというだけに留まらず、新しいマップや消耗品、時代ごとに独立したマッチメイキング、3D車長などの追加機能により、非常にテンポの良い、まったく新しいプレイ体験が追加されたことを意味します。

画像集#008のサムネイル/コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に

1950年代以降の近代戦を描いた「冷戦モード」では、50年にわたる冷戦時代を「戦後時代」、「エスカレーション時代」、「デタント時代」の3つに分け、それぞれ独立したマッチメイキングシステムにより、バランスの取れた戦いが繰り広げられます。

画像集#009のサムネイル/コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に

アップデートと同時にスタートするプレミア・エピソード「First Strike」シーズンには、「西部同盟」と「東部同盟」という2つの強力な同盟が登場します。それら2つの同盟には計18台の戦車が用意されており、プレイヤーはそれらをすぐに研究することが可能です。

西部同盟にはM46A1 Patton、M47 Patton、M48A5PI Patton、M60'61 Patton、M60A1 Patton、M60A3 Patton、M1 Abrams、M1A1 Abrams、M1A2 Abrams などのアメリカ車両が。そして東部同盟にはT-72BM、T-44A、T-54 obr. 1949、Object 165、T-62、T-72A、T-72AV、T-72B、T-72BU といったソ連車両が登場します。
また、2種類のプレミアム車両も用意されており、プレイヤーの近代戦車コレクションをさらに充実させることができます。

そして特典付きの3D車長や、戦術の幅をさらに広げる「スモーク・スクリーン」、持続的なHP回復を車両に与える「ハル・パッチ」など、新たに追加された消耗品の数々は、ある意味近代車両以上に革新的です。これまで以上に過酷な戦場で生き延びるには、やはり新たに追加されたモジュールとそれら消耗品を組み合わせることが必須となるかもしれません。

東南アジア、ドイツ、ノルウェー、中東を舞台にした4つの新マップも登場しました。第二次大戦時代のマップに比べて約2倍の広さがあるため、プレイヤーは新たな戦略や戦術を構築する必要があるでしょう。

画像集#010のサムネイル/コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に

『World of Tanks Modern Armor』は、「First Strike」以降もXbox とPlayStation の両方のプレイヤーに安定したアクションを提供するために、毎月新しいコンテンツ、エピソード、シーズンを提供していきます。
『World of Tanks Modern Armor』の詳細については、http://console.worldoftanks.com/ja/ をご覧ください。

画像集#011のサムネイル/コンシューマ版「World of Tanks」が“Modern Armor”に進化。近・現代戦が追加されクロスプレイも可能に

■『World of Tanks Modern Armor』開発チームからのコメント
「今回皆さんにT42 やM1A2 Abrams といった近代車両の数々、そして新しくデザインされたマップをお届けできることを非常に喜ばしく思っています。本アップデート以降、プレイヤーの皆さんは戦車だけでなく時代をも切り替えながら、『World of Tanks』のゲーム体験を深めることができます。『World of Tanks Modern Armor』は実際、これまでで最大の進化をゲームに与えています。まずは「First Strike」でお会いしましょう!」
エグゼクティブ・プロデューサー TJ Wagner
  • 関連タイトル:

    World of Tanks

  • 関連タイトル:

    World of Tanks

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月23日〜06月24日