日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

プレイレポート

ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)

 ゲームポットが運営するオンラインRPG「トキメキファンタジー ラテール」(以下,ラテール)の大型アップデートが8月12日に行われた。
 「HELL’s DOOR」と題された今回のアップデートでは,二次職向けの必殺スキルの導入や,新エリア「天空都市アスガルド」とそれに伴うクエストの追加などが実施された。また郵便システムの改善,生産品の拡充など,一見目立たない部分にも手が入り,ラテールがさらに楽しく,さらにプレイしやすく生まれ変わっている。
 残念ながら同日に導入が予定されていたギルドプラントは,直前に問題が確認されて先送りになってしまったので,早い段階での調整を期待したい。しかしそれを差し引いても新要素は盛りだくさんということで,必殺スキルを中心に,実際にプレイした印象も交え,2回に分けてレポートしよう。

画像(001)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)
ブレイダーの必殺スキル「PARANOIA」。前方に転がりながら敵にダメージを与えていく。転がりすぎて足場から落ちることもあるので,移動距離はきちんと把握しておこう


最強にして最凶! 二次職に待望の必殺スキルが追加!


画像(002)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)
ガンスリンガーの必殺スキル「ファントムバースト」。ほかの必殺スキルよりも扱いにくいため,感覚をつかむまでが大変かも。だがクールタイムが短いのはうれしい
 今回のアップデートの目玉となるのは,やはり二次職用に導入された必殺スキルだろう。必殺スキルとは,Lv125から習得できる攻撃技の一つで,武器ごとに1種類ずつ用意されている。しかも従来のような攻撃スキルとは格が違う。その威力たるや適正レベル帯の敵3〜4体を同時に瞬殺できてしまう程だ。クールタイムはスキルレベルが1の時点で1分(ガンのみ30秒)だが,これだけの大技が1分間隔で使えるメリットは大きい。

 基本的に必殺スキルは前方攻撃型と範囲攻撃型に分かれており,テンプルナイト,モンク,ブレイダー,ガンスリンガー,ソーサラー(水),トレジャーハンターは前者,ウォーロード,ソーサラー(火,地,風),マイスター,アーティストは後者となる。どちらのタイプも特性を把握してしまえば使い勝手にほとんど差はなく,派手なエフェクトと共に1発1万前後,クリティカルなら2万〜3万超えのダメージを複数の敵に与えられて,非常に爽快だ。

ソーサラーの必殺スキル「フレイムバンガード(写真左)」と「テトラテイカー(写真右)」。火や地はスキル回しが厳しいときもあるが,必殺スキルのおかげでかなり楽になったはず
画像(003)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編) 画像(004)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)

画像(005)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)
これはマイスターの必殺スキル「テスラサテライト」だ。発射までに若干の間が発生するため,敵の攻撃でキャンセルされないように気をつけたい
 ただし,ブレイダーとガンスリンガーに関しては若干注意が必要。ブレイダーは回転しながらかなり前方へ移動してしまい,ガンスリンガーは後方に大きくバックステップする,といったように両方ともクセが強い。パーティプレイの際は敵をアチコチ連れ回さないように,一撃必殺を心がけたいところだ。とくにガンスリンガーはバックステップ中に1点を狙い撃つため,射程距離がつかめていないと当てることさえ難しい。こればかりは練習を重ねて自分のものにするしかないだろう。

画像(006)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)
アーティストの必殺スキル「セブンサイン」。回復が可能な分,火力に劣るアーティストだが,必殺スキルのおかげでダメージソースとしても活躍できそう
 そして,もっとも懸念されるのがスキルの割り振りだ。必殺スキル習得にはレベル以外にも条件があり,各種武器マスタリまたは精霊マスタリ(アーティストのみ悪魔の演奏)のスキルレベルを最大まで上げておかなくてはならない。最大にしてあれば問題ないが,例えばブレイダーであれば命中率の低下を嫌って,「二刀マスタリIII」を1止めにしておき,その分を暴走系や「武器の雄」に回そうという人も多いはず。しかし必殺スキル習得を優先するならそれを崩さねばならず,限られたポイントの範囲で全体のスキル構成を見直すことが必須となってくる。スキルツリーを睨みながら,自分のキャラクターをどう育てていくべきか,再度じっくりと考えよう。

トレジャーハンターの必殺スキル「インフィニティダンス」(写真左)と「マッドネスエクスプロージョン」(写真右)。攻撃スキルを1系統にすれば,必殺スキルを2種類習得することも可能だ
画像(007)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編) 画像(008)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)

10段階のクエストをクリアして,必殺スキルを習得せよ!


画像(009)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)
必殺スキルスクロールを左クリックするとクエスト開始。1段階クリアするごとにボーナス経験値も獲得できる
 非常に魅力的な必殺スキルだが,そう簡単に使えるようになるわけではなく,習得までにはそれなりの試練が待ち受けている。以下にその手順を記しておくので,これから習得を目指す人は参考にしてほしい。

 最初に必要なのはLv120以上の敵が低確率でドロップするイベントアイテム「必殺スキルスクロール」だ。Lv125になりたてであれば,アクアリウムのカメハやとげふぐ,ビフレストのカイなどを狙ってみるとよいだろう。もちろんインスタントダンジョン内の敵もドロップするので,ヴァルハラ周回パーティで経験値を稼ぎつつ,ドロップを期待するというのもあり。ちなみに筆者の場合はパートナーと一緒にカメハを狩って,約25分で一つめを獲得,その5分後に二つめを手に入れた。なかには2時間狩っても手に入らないという人もいるようだが,そんなときは「春巻き」を食べながら根気よくがんばってみよう。


画像(010)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)
DSコインを入手したら,アネスのところで習得書と交換してもらえる。スキルリセットを行うと必殺スキルも初期化されてしまうので,再振り分けを行うのであれば先に済ませておこう
 「必殺スキルスクロール」を使用すると,ギルドミッションのように10段階で構成された連続クエストが発生する。1段階ごとに複数のクエストが用意されていて,その中のどれが当たるのかはスクロールを開けてみるまで分からない,という点もギルドミッションと同様だ。そして10段階のクエストをすべてクリアすると「DSコイン」というアイテムが入手できる。それをベロスのアネスのところへ持って行けば,必殺スキルが覚えられるのだ。


画像(011)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)
 クエストの1段階めでは,「元気なウィンピークを10匹倒す」「元気なコウモリを10匹倒す」「元気なビートルを10匹倒す」など,序盤エリアに出没する敵の討伐が課せられる。「元気な〜」という形容詞のついた敵はこのアップデートから追加されたものだが,とくにレアポップということもなく,通常の敵と同様に次から次へとリポップするので,すぐにクリアできるはず。

 また2段階めも同じく敵の討伐となっており,こちらは「元気なドクターレッドを12匹倒す」「元気なビーナクイーンを12匹倒す」「元気なバンパネイラを12匹倒す」といった内容だ。ビーナクイーンを12匹倒せといわれると,テンションが落ちてしまう人がいるかもしれない。だが,「元気なビーナクイーン」は天空の花園ではなく,天空豆の樹塔の上層に多数徘徊中で,レベルも低め。安心して討伐に向かってほしい。

画像(012)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)

 第3段階は,指定の敵からアイテムを集めてくるというクエストだ。「真・祭天大成からキン斗雲を2個集める」「アサシンから祝福のペンダントを2個集める」「騎士ガーウェンから黄金の馬蹄を30個集める」といった内容になっているが,こちらは当たりハズレがやや大きい。キン斗雲や祝福のペンダントはインスタントダンジョン1〜2周ですぐに集まったものの,黄金の馬蹄はなかなかドロップされず,30個集めるのに40分近くかかってしまった。騎士ガーウェンの体力も高いのでなかなか苦労するので,これを引いてしまった人は腹をくくって挑んだほうがよいだろう。

 4段階めもドロップアイテム集めとなり,「マッコイの伝説のブラスターを1個探してくる」「ミュジカのライトソードを1個探してくる」など,聞いたことのないアイテムばかり指定される。だがこれらは,クエストを受けたときに指示されたエリアであればどの敵からも入手できるので,ある意味3段階めよりも簡単。例えばマッコイの伝説のブラスターを探すのであれば,深淵の遺跡にいるグレル,ヒポケムポス,ケンパー,コラーラのどれを狩ってもいいのだ。

画像(013)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編) 画像(014)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)

 10段階中,精神的に最もつらい試練となる可能性を秘めているのが,第5段階と第6段階のクエストだ。第5段階はスクロールを開いたと同時に装備インベントリにアイテムが入り,それを黄金のハンマーで強化してから指定の人物の元へ届けるという内容だ。

 黄金のハンマーは一つ150万エリーもするうえ,強化成功確率は50%。1発で成功すればよいのだが,運が悪いと1000万エリー以上の出費になってしまうことも……。さらに第6段階では「情熱のコイン」「夢のコイン」など,指定されたコインが入手できるまで,モンスタータワー前にいるアニーから50万エリーもする「古代のコインボックス」を購入し続けなければならない。コインは6種類存在するので,その中の一つを引き当てる確率は約17%。300万エリー程度の出費で済めばよいが,ここでもヘタをすると1000万エリー以上が飛んでいく恐れがある。所持金を使い果たしてしまうことのないよう,Lv125までにしっかりとエリーを貯め込んでおこう。

画像(015)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編) 画像(016)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)

 7〜10段階めは,どれもボスを倒して指定のドロップアイテムを入手してくるというクエストで,7段階目はインヴォーグ,玄武,オベロンとタイタニア,黒月姫のいずれかの獲得を目指す。また8段階目はスフィンクス,クラーケン,パンドラ,海龍王のいずれか。そして9段階めは,コア,ジョアン・ファーム,ビントー,阿修羅王のどれかだ。
 7〜8段階めはLv125ならソロでもなんとかなりそうなものばかりで,海龍王だけがややシビアな印象。9段階めは阿修羅王のみ簡単で,ほかはどれも厳しい相手となる。コアは扉の魔法陣さえ光っていれば問題ないのだが,どのチャンネルも戦闘済みだった場合は最長で1時間待ちを余儀なくされてしまうのがツライところ。

画像(017)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編) 画像(018)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)

 そして最後の10段階めに待ち受けているのが,強敵のフェニックスだ。Lv125でのソロ討伐は難しく,パーティプレイ必須といえる相手だが,最低でもシナリオクエストの「青いフェニックス」を受けるところまで進めておかないと,ヴァルハラ8へのポータルに入れず一人でお留守番となってしまうので要注意。というよりも,初見で勝てるような相手ではないので,初めて戦うのであればその旨をきちんとメンバーに伝えて,アドバイスをもらってから挑んだほうがいいだろう。さらに迂闊にやられてしまうとビフレストを再登頂しなければならず,時間がかかるだけならまだしも一人で登れないとなったら目も当てられないことに……。
 そうならないように,あらかじめビフレストを登る練習を繰り返しておくのが望ましい姿勢だが,自信が持てないなら潔く「復活の魂」を複数持っていくというのもありだろう。

 しかしそれでもダメな場合は,最終手段としてエリーで解決するという道も残っている。オークションのイベント項目を検索すると,今なら出品されている「DSコイン」が1000万エリー程度で見つかるはずだ。クエストに時間をかける分,狩りに精を出してエリーを稼いでくるというのも一つの選択といえるだろう。

画像(019)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編) 画像(020)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)

郵便システムが大幅拡張! アイテム一括送信やギルドメンバーへのお知らせが可能に


画像(021)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)
 必殺スキルや新マップといった派手な要素に埋もれがちだが,郵便システムの拡張をありがたく思っているユーザーはかなり多いのではないだろうか
 アイテムのやり取りや,オークションに利用できる郵便システムが,このアップデートで大幅に拡張されて一段と使いやすくなった。必要最低限の機能は備わっていたものの,宛先をその都度入力しなければならなかったり,オークションでの入札合戦ですぐにポストが一杯になって郵便物を削除するのに一苦労したりと,微妙に使いにくい点があることは否めなかったわけだが,そういった痒いところに手が届いた形だ。
 送信時に友だちリストやギルドメンバーのリストから宛先を選択でき,さらに一つの宛先に対して最大7個のアイテムが添付可能となった。これによって知人との連絡がよりスムースに行えるようになり,複数のアイテムを受け渡す際に何度も郵便を送らねばならないという手間も省かれる。また,ギルドメンバー全員にメッセージを一斉送信できるというギルド郵便も追加された。定例会やギルド主催イベントを行ったり,注意喚起などを行ったりするときに便利な機能となっているので,メンバー数の多い大型ギルドではかなり役立つのではないだろうか。

画像(022)ついに実装された必殺スキルが熱い。「ラテール」,ボリューム満点の大型アップデート「HELL’s DOOR」プレイレポート(前編)
アイテムは一度に七つまで送信できるようになったが,料金は従来通りアイテムの数の分だけ必要になる。世の中そんなには甘くないようだ
 ただし新機能だからといって,試しに意味のない文章を送ってみるという行為は厳禁。筆者が在籍しているギルドでは意味不明の郵便が何通も届き,軽いスパムメール状態になっていたのだが,皆さんはそのようなことはしないでほしい。

 さらに受信した郵便に対して,待望の一括削除機能が搭載された。郵便一覧の左側にチェックボックスが設けられ,これをチェックしてから「メール削除」ボタンを押せば,1ページ単位で最大4通をまとめて消去できる。これまでのように1通ずつ削除していく手間に比べたら,なんと便利になったことだろうか。これならば,オークションの入札合戦中にポスト整理を余儀なくされて期限切れ,という切ない事態もかなり回避できそうで,うれしい限りである。


 というところで,HELL’s DOORレポートの前編はここまで。必殺スキルの強さと,その習得までの道のりが分ってもらえたのではないだろうか。後編では,新エリアの「天空都市アスガルド」と,そこで展開される新シナリオクエストを中心にお届けしよう。

「トキメキファンタジー ラテール」公式サイト


「HELL’s DOOR」プレイレポート後編

注目の記事

1
★★★★★★★★★★
2
★★★★★★★
3
★★★★★★
4
★★★★★
5
★★★★★
6
★★★★★
7
★★★★
8
★★★★
9
★★★★
パッケージ
トキメキファンタジー ラテール公式サイトへ
  • HappyTuk
  • Actoz Soft
  • 発売日:2007/04/26
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
74
投稿数:93
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する