オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2013]“村ゲー”要素を取り入れた,ロシア生まれのMOBA「Prime World」。イチオシのCo-opモードをE3会場で体験してみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/06/15 20:37

イベント

[E3 2013]“村ゲー”要素を取り入れた,ロシア生まれのMOBA「Prime World」。イチオシのCo-opモードをE3会場で体験してみた

ゲームの解説をしてくれた,Nival北米オフィスのプロデューサー,Marc Singer(マーク・シンガー)氏。相当な日本通らしく,この春にも2週間ほど滞在していたのだとか
 ロシアの古都サンクトペテルブルクに拠点を置き,これまで「HEROES of Might & Magic V」「Etherlords」といったタイトルを手がけてきたメーカー,Nival。E3 2013会場の同社ブースにて,ロシアでは現在オープンβテスト中だという新作MOBA「Prime World」がプレイアブル展示されていた。北米でも初の公開となった同作をさっそく体験してみたので,レポートをお届けしよう。

 MOBA(Multi-player Online Battle Arena)といえば,代表的なタイトルとして「League of Legends」「Dota 2」などが思い浮かぶが,本作Prime Worldは,単なるそれらのクローンにはとどまらず,随所にNival独自のアイデアが詰め込まれている。
 まず,ほかのMOBAと異なるのは,チーム戦をベースにしたPvPモードだけでなく,PvE(オンラインで楽しむシングルプレイヤーモード)Co-opなどが搭載されている点で,その内容は非常に充実したものになっている。ローンチ後,どのモードに拡張の重点を置いていくかについては,「プレイヤーの動向を見て決めていく」とのことで,間口の広さを生かしたサービスを心掛ける様子。

Prime World

 また,本作には王国建設シミュレーションのような,ほかのMOBAにはない要素も含まれている。プレイヤーのレベルアップに合わせ,さまざまな建物を領内に設置できるようになり,酒場でNPC達をもてなしたり,バラックでヒーローユニットを雇い入れたりできるほか,鉱物採掘所や材木所などでは,対戦モードで利用する各種のリソースを貯蔵できる。「対戦が不均衡になってしまうのでは?」と心配するプレイヤーも少なくないだろうが,こうしたデータはサーバーで管理され,マッチメイキング時に同レベルのプレイヤー同士で楽しめるとのことだ。

Prime World

 筆者がプレイしたのは,ほかの3人のプレイヤーとともに,次々と押し寄せて来るCPUと戦うCo-opタイプのゲームモードだ。マップ中には,リスポーンやヘルスの回復ができる神殿のような場所が1つあり,そこから森に向かってレーン(道)が四方に延びている。レーン上には定番のタレットなどのほか,「旗」が道沿いに点在していて,この旗を取ることで周囲を占拠できる仕組みだ。各方面から侵入してくる敵と戦いつつ,旗を取って自軍の領域を広げ,各レーンの奥にある敵の入口を一つ一つ封印していくのがこのモードの目的となっている。

 また旗の周囲には,ときおりTalentsと呼ばれるさまざまなアイコンが浮かび上がり,これを入手することで「ヘルスの回復が2倍速くなる」とか「攻撃時に相手の動きを数秒ストップさせる」といったスキルが加わっていく。自分の好きな組み合わせを選べるというものではなさそうだが,それゆえに同じヒーローでも,毎回違ったゲームを楽しめそうだ。

 Prime Worldは,北米市場でのクローズドβテストが近々開始されるとのこと。このところ新タイトルが続々登場してきているMOBAだが,ロシア生まれの本作が北米市場でどれだけ受け入れられるか,注目したいところだ。

Prime World Prime World
Prime World Prime World

「Prime World」公式サイト

4Gamer E3 2013特設ページ

  • 関連タイトル:

    Prime World

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月18日〜11月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月