オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
デッドライジング2公式サイトへ
読者の評価
67
投稿数:18
レビューを投稿する
海外での評価
80
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
話題のゾンビアクション「デッドライジング2」と,“龍が如く”初のPSP作品「クロヒョウ 龍が如く新章」に注目する今週の「読者レビューPickUp!!」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/10/26 17:16

連載

話題のゾンビアクション「デッドライジング2」と,“龍が如く”初のPSP作品「クロヒョウ 龍が如く新章」に注目する今週の「読者レビューPickUp!!」

読者レビューランキング 2010.10.25集計版
 週刊連載「読者レビューPickUp!!」は,読者レビューの最前線から,今いちばんHOTなタイトルを紹介していく読者参加型企画です。最新の読者レビューランキングと共に,これは! という読者レビューを毎週取り上げていきます。さて,今週は「デッドライジング2」(PS3版)と「クロヒョウ 龍が如く新章」をピックアップしています。読んでいるあなたも,これを機会に読者レビューに挑戦してみよう!
※このランキングは,読者レビューの投稿を元に,本連載が独自の集計を行ったものです。(集計対象:投稿数5件以上,発売から1年以内のタイトル,もしくは正式サービス中のオンラインゲーム)

変動 機種 ゲーム名 ポイント
1 1 - ゼノブレイド 95.246
2 2 - マビノギ 94.484
3 4 英雄伝説 零の軌跡 94.422
4 3 ゴッド・オブ・ウォーIII 94.000
5 5 - StarCraft II: Wings of Liberty 92.011
6 6 - LEFT 4 DEAD 2 日本語版 91.456
7 7 - Halo: Reach 91.433
8 8 - ゴースト トリック 90.600
9 10 EVE Online 89.978
10 11 OPERATION7 89.200
11 12 Dragon Age: Origins 88.933
12 13 Alan Wake 88.500
13 14 ペルソナ3ポータブル 88.100
14 15 トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜 87.675
15 24 Red Dead Redemption 87.133
16 16 - New スーパーマリオブラザーズ Wii 87.129
17 17 - METAL GEAR SOLID PEACE WALKER 87.109
18 18 - ギルド ウォーズ 87.050
18 18 - ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 〜光と影の英雄〜 87.050
19 19 - Alliance of Valiant Arms 86.369
20 22 Master of Epic: The ResonanceAge Universe 86.057
21 20 End of Eternity(エンド オブ エタニティ) 85.900
22 21 スプリンターセル コンヴィクション 85.600
23 23 - ときめきメモリアル4 85.500
24 25 World of Warcraft 85.235
25 26 STEINS;GATE 84.986


 2010年10月25日集計分の「読者レビューPickUp!!」をお届けします。今週は,魔物を退治し,装備を強化していくPSP用のアクションゲーム「LORD of ARCANA」が,集計の対象となる条件である“5本のレビュー”が揃い,チャートインしてきています。

 今週のピックアップでは,「デッドライジング2」(PS3版)と「クロヒョウ 龍が如く新章」を取り上げます。どちらも10月12日掲載分の当連載でチャートインしてきた作品です。2週間遅れになりましたが,発売前から注目度の高かったこの2作品を,今週取り上げたいと思います。

 一方で今週は,GameScore 90ポイント以上で上位に位置し続けていた「Forza Motorsport 3」が,2009年10月22日の発売から1年が経過して,チャートイン条件を満たさなくなり,ランキングから姿を消しています。


今週のピックアップ


デッドライジング2 66 80
発売元:カプコン 発売日:2010/09/30
開発元:Blue Castle Games 価格:7990円(税込)
 「デッドライジング2」は,カプコンが9月30日にリリースしたタイトルです。2006年に発売された「デッドライジング」の続編に当たる作品で,前作同様,無数のゾンビをバンバン倒しまくれる気持ちよさがウリのアクションゲームとなっています。

 本作の面白いところとしては,やはり“大量のゾンビを次々となぎ倒していく感覚が気持ちいい”ことを,多くの人が挙げています。こういった洋ゲーテイストのゲームが日本で発売されるときには,しばしばゴア表現が抑えられたりしますが,本作ではそういったことが行われておらず,ゾンビの部位欠損表現などもしっかり入っており,その点を評価する声も見られます。
 またアイテムを組み合わせることで“コンボ武器”が作れることも,多くの人が良い点として挙げています。本作はコンボ武器のほか,衣装にもいわゆる“ネタ”系のものが豊富であり,「ヘンテコな格好&ヘンテコな武器でゾンビをブチ倒していく」という本作独自のノリについては,肯定的に捉えているレビュアーが多いようです。ただし武器に関しては,他方で“あまりバランスが良くない”という意見も見られます。
 細かいところでは,ステージで見かける救助対象のNPC(サバイバー)のA.I.が,前作に比べて賢くなっているところが好印象であるという意見もあります。

 悪い点としては,まず“ロード時間がとても長い”ことが,多くのレビューで指摘されています。このために没入感を削がれてしまうことも少なくないとのこと。
 他方,本作では守らなければならない制限時間が設定されているので,前作でできたようなフリーローミングが存分には楽しめないことに不満を覚えた人も多いようです。
 また,今作には,前作にあった“ゾンビの写真撮影”の要素がなく,その点で物足りなさを感じた人もいるようです。

 前作「デッドライジング」は“オープンワールド+ゾンビ”という組み合わせが非常に印象的な作品でした。そのため続編である本作にも,同様の面白さを期待した人は多かったようです。制限時間を設けることで新たに加わる楽しみもありますが,他方で,フリーモードのようなものが用意されていたら,レビュアーからの評価は違ったものになっていたかもしれません。
パッケージ

→Amazonで購入


デッドライジング2 デッドライジング2 デッドライジング2


  • 前作同様のゾンビパラダイスで暴れ放題できる。各所にある小さなミニゲームが遊べる。コンボ武器で多彩な攻撃方法を楽しめる。前作よりも色々な服が着せ替えが可能。(フレデリカ/女性/20代)
  • そこらに落っこちている武器で戦える。ネタっぽいものが多い!それがまたいい! モノとモノをあわせて作るコンボ武器で倒すのが楽しい。2週目以降ぐらいになるけど、レベルが結構高くなれば無双ゲームになる。本当の楽しみはここからだと思う。(マッシ/男性/20代)
  • 前作よりも救助者の動きがよくなった。前作は救助者が壁にはまったり無駄が多かったがそういう無駄なストレスがなくなった。(cozy/男性/30代)
  • ゾンビの部位欠損。刃物を使うと腕が取れたり体が縦に切れたりします。断面図とかがリアルじゃないし生々しくないのであまりグロく感じないのも良かった。これがなかったらコンボ武器が引き立たなかったでしょう。機関銃で弾をばら撒くと爽快。(hanny/男性/20代)
  • ゾンビを蹴散らす爽快感に規制のないゴア表現はまさに鬼に金棒です。オープンワールドらしい自由度の高さがある(服装、武器、乗り物etc)。前作以上にゾンビく、蹴散らしたときにかなり爽快感がある。(お魚侍/男性/20代)

  • きちんとストーリーなどをこなそうとするとかなり行動を制限される。何を当たり前の事を言ってるんだ、と思われるかもしれないが、これだけ自由度が高いのにそれを活かせるモードが無い(時間制限無しモードなど)。(自称中級ゲーマー/男性/30代)
  • ロードがインストールしているにも関わらず異様に長い。コンボ武器の種類の多さや実用性に欠けたり、異様に強すぎるというバランスの悪さ。自由をうたっているゲームであるのにタイトな時間制限がある。(どる/男性/30代)
  • やり込み性や豊富な武器や衣装やカスタムでどんどん出来る事が増えていくという感じではあるものの、ミッションの時間制限のせいでじっくりと箱庭を堪能できないという淡白感を感じました。(ジェロニモ/男性/30代)
  • 前作はフランク=ウェストという出歯亀が自業自得で災難に遭いつつ暴れまわるバカゲー部分が面白かったのだが、近作の主人公には悲壮感あふれているせいか、そのバカゲー臭に非常に水を差しているように思う。(オプーナ様/男性/20代)
  • そしてデッドライジングらしさっという点で外すことのできない。カメラによる撮影がカットされてしまったのは非常に残念。(サリュウ雨音/男性/20代)


クロヒョウ 龍が如く新章 67
発売元:セガゲームス 発売日:2010/09/22
開発元: 価格:UMD版:6279円(税込),ダウンロード版:5600円(税込)
 「クロヒョウ 龍が如く新章」は,セガが9月22日に発売したPSP用のアクションゲームです。同社の「龍が如く」は,これまで据え置き型のハード向けに発売されてきたシリーズですが,このクロヒョウは,シリーズ初のPSP用タイトルとなっています。

 投稿された本作のレビューを見渡してみると,さまざまなゲーム要素に対して,“良い”とする意見と“悪い”とする意見の両方が見られ,とても興味深いです。

 ストーリーについては,“若者の成長がしっかりと描かれた良い物語である”という意見が多いですが,一方では“展開がベタベタで,感情移入できない”という感想を持ったレビュアーもいます。
 戦闘部分に関しては,“さまざまな流派が用意されており,色々な戦い方ができるところが良い”“爽快感がある”という意見がある反面,“必殺技がどれも似通っており,地味である”という意見も見られます。
 グラフィックス方面では,肯定派からは“PSPにしてはがんばっている”“キャラクターの描き分けのバリエーションが豊富”という意見が出ていますが,否定派の中には“据え置き機版と比較すると,どうしても見劣りする”“「神室町」のディテールが荒くて残念”という感想を持った人がいるようです。

 そのほかの良い点としては,“アルバイトのミニゲームなどがたくさん用意されている”ことを評価する意見が見られました。
 悪い点としては“ロード時間が長い”ことを数人以上のレビュアーが挙げています。また“警官に発見されると,目的地から離れたところまで移動させられてしまう”システムに関しては,その必要性に疑問を感じたレビュアーもいるようです。

 投稿されたレビューからは,本作を「あの“龍が如く”シリーズだから」という理由で購入したプレイヤーが多いように読み取れます。しかし,そうであるが故に,これまでの作品と比較することで,グラフィックス等に厳しい評価を下している人も多いように見受けられます。良くも悪くも“ブランド”の存在感が評価に大きく関わっている印象です。
パッケージ

→Amazonで購入


デッドライジング2 デッドライジング2 デッドライジング2


  • 主人公の人間的成長と、取り巻く人々の人間模様や人生背景がしっかり描きこまれたメインシナリオは○。バトルシーンで「ヒートアクション」や「絶技」が発動されたときは爽快。アルバイトでお金を稼ぐのは今までにない趣向で少し面白かった。(SHO/男性/40代)
  • ストーリーに引き込まれました。右京竜也という荒々しい「暴力」という存在が、ドラゴンヒートという舞台で一歩ずつ成長していく姿が描かれた本作はまさに、〈新章〉でした。今作の悪かった点を改善した続編に期待します。(SPヌケサク/男性/80代)
  • メインストーリーがきちんと1本通っており、おまけ要素をこれでもか!という程入れている。といった今までのシリーズのコンセプトをきちんと引き継いでいると思います。(Huwaku/男性/30代)
  • バトルの要素として様々な格闘スタイルを学び、選ぶことで自分に合ったスタイルやコンボを試せるシステムは面白い。必殺技も一部を除いて発動条件は単純にボタン長押しで決められるので、うまく自分の中のイメージと重なったときの爽快感もある。(さにーちゃん/男性/20代)
  • グラフィックはPSPの中ではかなり綺麗な部類。敵も今までの作品よりも個性が出ている。どうしてもヤクザはスーツ姿で、せいぜい紫か、黒か、とかその程度の差。しかし本作ではかなり違い、スーツ姿の敵もいれば、タンクトップの敵もいる。長髪のやつもいれば坊主のやつもいる、サングラスをつけているやつもいたりなど、かなりのバリエーションのようだ。いかにも「チャラチャラ」している感じもGOOD。(linoid/男性/10代)
  • 様々なスタイルをすぐに替えれるので、投げ・パンチ・つかみなど戦い方を色々楽しめた。バッティングセンター・UFOキャッチャー・ボーリング・キャバ・バイトなど寄り道が用意されている。(ぼぶ/男性/30代)

  • ストーリー展開がベタベタすぎる。導入は面白いのに王道ベタ展開。素人が絵に書く様なコテコテヤクザ&チンピラストーリー。ボス戦前後の「戦いの哲学」うんぬんも、うっとおしくて飛ばしてました。(ぼぶ/男性/30代)
  • ストーリーはおまけの多さの割には薄く感じ、グラフィック、音声(日々の生活音のようなリアリティ)等もかなりの劣化、今までのシリーズをプレイしたことがあれば、どうしてもその劣化部分に目が行ってしまいます。又、流派が出来ることによって戦闘ももっと楽しめるものになるかと期待していたのですが、どれも結局似たような技を覚え、流派毎の独特の戦い方を楽しめるというよりはモーションがかわって見た目がちょっと楽しいだけといった感じで残念でした。(Huwaku/男性/30代)
  • 龍が如くというシリーズとして「繁華街」の「雑踏」が外せない背景画であるように思うが、携帯ゲーム機ではやはり難しいのか、単純に汚いという印象を持ってしまった。バトル関連では格闘スタイルを選べるのは良いものの、必殺技がどれも似たようなものばかりでモーションと射程・威力は違うのかもしれないが、地味な印象が拭えない。もうちょっと派手な演出があってもいいように思う。(さにーちゃん/男性/20代)
  • PS3の「龍が如く」シリーズと比較し、グラフィックレベルもやれることも大きく劣る。過去の「龍が如く」と比べるとどうしてもガッカリするはず。決して比べてはいけない。(SHO/男性/40代)
  • メインシナリオをクリアしてなお、読み込みの遅さには慣れませんでした。また、経験値が入りづらく、ノーマルモードでレベル差10も上の敵を倒してやっと上がるというものでした。もう少しレベルが上がりやすくしても良かったと思います。(SPヌケサク/男性/80代)
  • またマップ上に警官がおり、見つかると追跡される。捕まると特定の場所まで強制的に移動(逃走したという設定のようだ)なのだが、これが必要なのか?という感じ。別に警官に追われるスリルは感じられないし、目的地から離れたところへ移動させられるとタクシーのない本作ではさらにイライラするだけである。(linoid/男性/10代)


 「読者レビューPickUp!!」では,毎週取り上げたタイトルごとに抽選で一名,1000円分のWebMoneyもしくはAmazonショッピングカードをプレゼント。今回の当選者は……,


こちらの2名です。おめでとうございます!
 当選者の方はお手数ですが「こちら」を参照し,「アカウント管理画面」から発送先住所と氏名の入力をお願いします。


今週の募集タイトル


 本連載では,最近レビュー募集が開始された中から,「これは気になる!」というタイトルにてプレゼント企画を行います。今週のピックアップは以下の6作。それぞれ締め切りまでにレビューを投稿していただいた人の中から抽選で,これまた1000円分のWebMoneyもしくはAmazonショッピングカードをプレゼント! 皆さん奮ってご応募ください。

■プレゼント付読者レビュー募集タイトル

(10月26日追加分,締め切り:11月8日 0:00まで)

「VANQUISH(ヴァンキッシュ)」(PS3 / X360
「メダル オブ オナー」(PS3 / X360

(10月19日追加分,締め切り:11月1日 0:00まで)


■今週のプレゼント付読者レビュー当選者


※お手数ですが「こちら」を参照し,「アカウント管理画面」から発送先住所と氏名の入力をお願いします。
※これまでのプレゼントは,9月14日当選分まで発送済みです。お問い合わせは「こちら」



 それでは,また来週,お会いしましょう。

 
  • 関連タイトル:

    デッドライジング2

  • 関連タイトル:

    クロヒョウ 龍が如く新章

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月25日〜05月26日